■台北新都心

台北市の都市計画によって整備された信義区には、市政府・市議会、台北101や世界貿易センター・国際会議場、高級ホテルに大型デパート、映画館に大手書店の本店、多くの上場企業本社ビルなどが林立し、「台北のマンハッタン」とも呼ばれる。

1874年の一時期を台北で暮らした私としては、この新市街区域に台北っぽさを感じない。
どう表現すればいいか、まちには長い年月を経て醸しだされるもの、私はそれを「まちの匂い」と言っているが、それを感じないところにはあまり長居したくないのだ。
上海の浦東新区も台北の信義区も、どちらも現代都市の中枢ではあっても、そのまちが持っている「匂い」を嗅げない、生暖かい「まちの風」を感じないのだ。
したがって出没・徘徊することは極めて稀で、私には台北旧市街のまちの匂いが心地良い。
e0094583_1374110.jpg
e0094583_1381941.jpg

e0094583_23455290.jpg
e0094583_23462958.jpg
e0094583_23464030.jpg
e0094583_23471123.jpg
e0094583_23474726.jpg
e0094583_2348119.jpg
e0094583_23482014.jpg
e0094583_2348336.jpg
e0094583_23484685.jpg
e0094583_2349093.jpg
e0094583_23491358.jpg
e0094583_23492917.jpg
e0094583_23494429.jpg


北部台湾、木柵ICから萬芳を通過して、信義ハイウエイに入ると台北市内に向かう。
車は文山・象山の両トンネルをぬけ、そのトンネルの向こうに“101”が現れる・・・

台北101カウントダウン;

台湾最大の書店チェーン、誠品書店信義店;
2F~4Fがメインの書店となっていて、100万冊をそろえており、広くてのびのびできる空間。
4Fには日本語専門館もある。B2Fにはフードコート、B1・1Fは雑貨などのショッピングゾーン、さらに5Fに児童書店と児童探索博物館、6Fはレストランや小ホールがあるなど、周囲のデパートとは一味違ったサービスが特徴。
書店の営業時間は通常10時~深夜2時まで


[PR]
by officemei | 2010-01-10 02:10 | ■台灣