■日本経済

e0094583_185944.gif日本出口由负转正得益于对华出口增长
日本経済、中国のおかげでマイナス成長脱出

日本大阪港和神户港都是位于关西产业地区的日本出口的桥头堡。今年3月份大阪港的出口触底反弹,呈现增长势头,与此相比,神户港仍然处于低迷状态。
上述两个港口的最大不同是,神户港为对美出口基地,大阪港则是对华出口基地。

大阪港も神戸港も同じく関西産業地帯の玄関口だが、大阪港の輸出が3月に底を打ち増加傾向を見せているのに対して、神戸港は依然として低迷している。神戸港が対米輸出、大阪港が対中輸出の拠点ということが明暗を分けた形だ。

可以说,中国经济正在引领日本经济走势。据本月17日日本内阁公布的4至6月国内生产总值(GDP)显示,与上一季度相比,增长0.9%(年均3.7%),时隔5个季度(1年3个月)由负转正。从具体指标中可以看出“中国因素”的影响巨大。
中国が日本経済をけん引し始めている。17日に内閣府から発表された第2四半期(4-6月)の日本の国内総生産(GDP)は、前年同期比で0.9%増と5四半期ぶりにプラスに転じた。その内容を見ると「中国色」が鮮明となっている。

代表出口的外需增长率贡献度为1.6%。个人消费、公共投资、设备投资等内需贡献度为负0.7%。简单地说,就是因出口增长的1.6%,被内需抵消了0.7%,使增长率仅剩下0.9%。
外需の寄与度は1.6%増、個人消費や公共投資、設備投資などの内需の寄与度は0.7%減だった。つまり、輸出1.6%増から内需0.7%が差し引かれて0.9%の成長率となったわけだ。

日本经济财政大臣林芳正当天在记者会上表示:“出口的复苏带动了经济增长。”考虑到上一季度外需贡献度为负0.9%,第二季度环比则增长2.5个百分点,增长率创下历史新高。
林芳正経済財政担当相は同日の記者会見で、「輸出の回復が成長を主導した」と述べた。第1四半期(1-3月)の外需寄与度が0.9%減だったことからすると、第2四半期は前期比2.5ポイント増と、増加幅は過去最大となった。

对于外需的扩大,《日本经济新闻》分析说:“出口以对华出口为中心,增长了6.3%。今年3月,规模达4万亿元人民币的中国救市政策开始发挥效果,这起到了决定性作用。”这意味着自去年爆发经济危机以来,日本经济发展的动力来源从美国经济转移到中国经济。
日本経済新聞はこうした外需拡大について、「中国向けの輸出が前期比で6.3%増加した。3月から4兆元に達する中国経済の景気対策が効果を発揮し始めたのが決定的な契機となった」と分析した。昨年から始まった経済危機を経て、米国経済に代わって中国経済が日本経済をけん引していることを意味する。

日本大和总研投资战略部资深经济分析师肖敏捷表示:“就日本经济而言,中国经济的作用迅速从生产基地转变为消费市场。今后速度有可能进一步加快。”日本政府也提出同样的见解。日本央行——日本银行行长白川方明8月11日在记者会上表示:“(就日本经济而言)以亚洲为中心的增长愈来愈重要。”日本媒体分析认为:“此番言论暗示,今后以中国为中心的亚洲经济掌握着日本经济的钥匙。”
大和総研の肖敏捷投資戦略部シニアエコノミストは、「日本経済の中で中国経済の役割が生産基地から消費市場に急変している。今後そのスピードはさらに早まることもあり得る」との見方を示した。日本政府も同じような見解を示している。日本銀行の白川方明総裁は11日の会見で、「アジア中心の成長が(日本経済で)重要度を高めている」と語った。日本のメディアは「今後中国を中心とするアジア経済が日本経済のカギを握っていると示唆した発言」と分析している。

据分析,日本经济的最大弱点——内需环节仍然很薄弱。第二季度日本的个人消费环比增长0.8%,但企业设备投资却减少4.3%。
此外,香港和新加坡经济也呈现出明显的复苏趋势,带动了亚洲经济的同步增长。据英国广播公司(BBC)报道,连续四个季度下滑的香港经济,在今年第二季度实现了3.3%的增长。新加坡的第二季度经济增长率按年率计算高达20.7%。

日本経済の最大の弱点と目されている内需は依然として伸び悩んでいると分析されている。第2四半期の日本の個人消費は前期比で0.8%増だったが、企業の設備投資は4.3%減だった。
一方、香港とシンガポールも経済の緩やかな回復基調を示しており、アジア経済の成長をけん引した。英BBC放送は「4四半期マイナス成長を続けていた香港が第2四半期に3.3%増を記録した」と報じた。シンガポールも第2四半期に年率基準で20.7%という驚くべき成長率を記録したという。
[PR]
by officemei | 2009-08-19 19:00 | ■日本