■免費日語刊物(日本語フリーペーパー)

e0094583_20481183.jpg

目前約有5萬日本人長期在中國上海生活,使其超過紐約成為全球擁有最多日本人的外國城市,隨之而來的是一股發行免費日語刊物的熱潮。目前在上海已有10份以上相關刊物,逐漸成為駐滬人員、留學生等獲取信息不可或缺的媒介。
長期滞在の日本人が約5万人とニューヨークを抜き世界最多の上海で、日本語のフリーペーパーが創刊ラッシュとなっている。現在10紙以上が発行され、駐在員や留学生らの情報入手手段として欠かせない存在になりつつある。
e0094583_20485195.jpg

從數10頁的小報到100多頁的雜志刊物,餐館、活動信息、日企經營者訪談、日本熱點新聞等各方面信息均有介紹。一名日本女性表示,“(通過這些刊物)能够輕鬆獲得上館子、購物的信息,已成為在上海生活必不可少的東西。”
数十ページのタブロイド紙から100ページ以上の雑誌タイプまであり、飲食店やイベントの情報、日系企業の経営者インタビュー、日本で話題のニュースなどを掲載。日本人女性は「外食や買い物の情報を得るのに便利で、上海で暮らす上で不可欠」と語る。
e0094583_20491049.jpg

這些刊物被放置在日本人集中地區的餐館、超市等供隨意拿取。《Super City》等較受歡迎的免費刊物發行數在4至5萬份,幾乎可供駐滬人員人手一份。
日本人が多く住む地区の料理店やスーパーなどに置かれ、自由に持ち帰れる。「スーパーシティ」など人気が高いフリーペーパーは発行部数が4万~5万部と、長期滞在者のほとんどが手にできる計算だ。
e0094583_20492728.jpg

與此同時,刊物的競爭也日趨激烈,其中好幾份被迫停刊。同時,金融危機導致廣告收入減少也令各發行商心煩不已。由於日企駐滬員工回國不在少數,主要廣告商之一的日本料理店暫停刊登廣告的情況激增。
某刊物總編說道:“如果不同時涉足開展活動、互聯網業務等,經營恐怕難以維持。”

ただ年に数紙は廃刊に追い込まれるなど競争も激しい。発行各社とも最近は金融危機による広告収入の減少に頭を痛めている。企業の駐在員が多数帰国したため、主な広告主の日本料理店が広告掲載を見合わせるケースが急増した。
あるフリーペーパーの編集長は「イベント開催やインターネット事業なども並行して手掛けないと、経営が成り立たない」と話している。
[PR]
by officemei | 2009-08-24 20:50 | ■上海