■李娜とは?

李娜(リナ)という女性の名前を聞いたことがありますか?
最近では中国のプロテニス選手・李娜(リナ)が特に有名ですが。

李娜(リナ)という名は中国ではありふれた名前です。2007年の統計では24万人もいるそうです。

私がここにメモしておきたい李娜(リナ)は、1963年生まれの本名・牛志紅、のちに出家し法名を釈昌聖という著名な女性歌手。

彼女の代表作「青藏高原(青海チベット高原)」は、1994年のTVドラマ“天路”の主題歌として中国全土で大ヒットしました。

李娜・青藏高原;



1997年、上海の新聞が突如彼女の出家を報じ、歌謡界から熱狂的なファンや一般市民まで、驚き、涙し、そのあと疑問をもちました。
「どうして出家など?」
彼女の実力、ゆるぎない実績、大衆の支持を突如捨てて仏門に入ってしまったのですから、大きな理由があったはずです。
その後いろんな憶測が流れましたが、今に至っても真相はわかりません。

出家した彼女は、その後も歌い続けています。ただし、これまでの歌とはまったく違った仏教に関する歌を。
いや、歌というよりも念仏といったほうがいいのかもしれません。
ただ一般的な念仏ではなく、音楽的なのです。つまり念経ではなく唱経・・・
e0094583_12411593.jpg

上海の友人であるミス・ヤンからCDを贈られました。
2002年リリースの 《李娜 念佛仪规》という作品です。中に3曲入っていますが、そのタイトルはすべて“南無阿彌陀佛”。一番長いので46分52秒、その長い時間を、ただただ“南無阿彌陀佛”と唱えているだけのなんともいえない曲なのです。

私は就寝時に聴いています。頭の中を様々なことがよぎっては消えていき、そしてなにも考えなくなり眠りにつくことができます。

どんなものなのかを残しておきます。BGMに流れている曲です。
これが延々46分余り続くのです。


昌圣法师出家前,俗名李娜,是驰名我国流行乐坛的着名歌唱家。她演唱的[青藏高原] [嫂子颂] [好人一生平安]等歌曲激情充沛,质朴感人,深受广大群众喜爱,至今传唱不衰。
李娜出家后,中国乐坛少了一个真正的歌者,佛国添了一个虔诚的信徒。

整个唱片就听到昌圣法师(李娜出家后的法名)在一遍又一遍地吟唱着“南无阿弥陀佛”,依然是那样清纯,发自心灵。只是少了原有的那种响遏行云的气势,留下的是一片宁静,不染丝毫的人间烟火味。在这样的吟唱中,法师的心灵也许得到最彻底的解脱了吧。

聆听着这样的吟唱,心情真的是非常的复杂,昨日的李娜已逝,今日只有昌圣法师在一遍遍的诵着“南无阿弥陀佛”,在追求着更令我等俗人无法接近的彼岸世界。是否真正的歌者追求的结果就是远离众生,在遥远的彼岸世界供人瞻仰和回想・・・

[PR]