■Shanghai,Shanghai

空港や地下鉄、バスの待合は特に中国人の喧しい声が気になる。
なんでこんなにでかい声でわめくのか。
ひとつには中国語の発声音の問題。
それと、公共の場所ではかくあるべしといったマナーの欠如。
関西のおばはんもびびってしまうほどのうるささ。
こちらも誰かと一緒にいれば負けずに喧しくもできるが、一人の場合はホントにうんざり。

こういった場合を想定し、数年前からヘッドフォンで音楽を聴くことにしている。
周囲の喧騒をシャットアウトし気分が落ち着く。
その音楽の中に、上海でしか聴かないものがひとつある。

"New York, New York"(Liza Minnelli)だ。
ニューヨークのテーマ・ソング。
昔、ロバート・デ・ニーロとライザ・ミネリのミュージカル映画を見たときの感動は今も記憶に残っている。
いつだったか、自由の女神100年祭かなにかで、ライザ・ミネリの歌う"New York, New York"が実況中継されたのを見て、この歌がニューヨークっ子のスタンダードとして愛されている雰囲気を感じた。

「くじけないで頑張れば、何でも可能よ!だってここはニューヨークだもん」

アメリカン・ドリームと上海ドリーム。
このセリフがなぜか上海に合う気がする。
「くじけないで頑張れば、何でも可能よ!だってここは上海だもん」
私は聴きながら"New York, New York"のフレーズを"Shanghai, Shanghai"に置き換えて口ずさんでいる・・・

シナトラの"New York, New York"も素晴らしいが、やっぱライザ・ミネリだ。
Liza Minnelli & Pavarotti - "New York, New York"

[PR]
by officemei | 2009-09-20 03:41 | ■上海