■中国語を聴く

e0094583_5435559.jpg

章子怡(チャン・ツィイー)は1979年に北京で生まれた。
北京中央戯劇学院を卒業するまでは、ずっと北京で過ごしたのだから生粋の北京っ子だ。
彼女の一番の魅力は、彼女の話す中国語の音の響きの良さ。
艶っぽく聞こえてくるのは私だけだろうか?

私が見た作品は、初恋のきた道(我的父親母親)、グリーンデスティニー(臥虎藏龍)、HERO(英雄)、パープルバタフライ(紫蝴蝶)、LOVERS(十面埋伏)、ジャスミンの花開く(茉莉花開)、 SAYURI(Memoirs of a Geisha)、女帝(夜宴)、梅蘭芳。
特に、デビュー作「初恋のきた道」の彼女は素晴らしかった。

さて、ここ数年インタビュー番組を極力見るようにしている。
中国人の大多数が訛った標準語を話すのだから、その雑多な音に慣れる必要がある。
そんななかでたまに章子怡の艶っぽい中国語を聴くと耳に心地良さを感じる・・・

章子怡 奇迹人生 01/10
章子怡 奇迹人生 02/10
章子怡 奇迹人生 03/10
章子怡 奇迹人生 04/10
章子怡 奇迹人生 05/10
章子怡 奇迹人生 06/10
章子怡 奇迹人生 07/10
章子怡 奇迹人生 08/10
章子怡 奇迹人生 09/10
章子怡 奇迹人生 10/10
[PR]
by officemei | 2009-09-27 04:39 | ■中国語