■上海交通事情

産経新聞コラム記事から;
万博開催を来年に控えた上海市内の渋滞は日に日に激しさを増している。万博開幕に間に合わせようと道路工事やトンネル工事、地下鉄工事にビルの工事と街中が工事だらけ。車線が狭まる上に大型工事車両の出入りなど悪循環が続く。

そうした“季節要因”だけではない。せっかちな中国人ドライバーの気質が根底にある。工事中で道幅が狭まったような道路状況でも譲り合うことなどは考えず、われ先にと車の鼻先を突っ込む。すると結果的に両方向とも進むに進めなくなり、さらに後ろからも詰める車の数珠つなぎで大渋滞が発生する。

車の流れを妨害する危険な割り込み、突然の車線変更などは日常茶飯事。赤信号でも右折可の交差点では、直進車の有無にかかわらず安全確認もなしに右折する車が多い。右折車は横断歩道を渡る歩行者もけ散らす勢いで恐ろしいことこの上ないが、これらひとつひとつが渋滞の遠因になる。

歩行者も歩行者だ。信号も車の流れも関係なく、好き勝手な行動が目につく。
いわば秩序なき万人身勝手な巨大都市なのだが、問題は来年の万博だ。群馬県ほどの面積に流動人口を含め3千万人近い人が暮らす上海市に、5月1日から半年間の会期中に延べ7千万人の来場者が押し寄せるという。来場者は1億人に達するとの予測も飛び出し、大渋滞どころか交通マヒへの恐怖も募る。
e0094583_1002991.jpg
e0094583_1003629.jpg
e0094583_1004521.jpg
e0094583_1005446.jpg

禁止违法鸣喇叭
上海市公安局、上海市环境保护局关于禁止机动车和非机动车违法鸣喇叭的通告

为降低城市噪声,改善城市环境,提高市民生活质量,根据《中华人民共和国道路交通安全法》、《中华人民共和国环境噪声污染防治法》等有关法律规定,现就本市禁止机动车、非机动车(指电动自行车、助动自行车)违法鸣喇叭的有关事项通告如下:

一、本市禁止机动车、非机动车鸣喇叭的区域和时段为:

  (一)外环线(A20,下同)以内(含)的道路,全天禁止鸣喇叭;

  (二)外环线以外设有禁止鸣喇叭交通标志的道路,全天禁止鸣喇叭;

  (三)外环线以外的其他道路,每日22时至次日6时禁止鸣喇叭。

二、车辆的喇叭和消声器应当符合国家规定的标准要求。禁止安装和使用高音喇叭、汽喇叭(笛)等不符合国家规定的装置。禁止非法安装和使用警报器等装置。

三、警车、消防车、工程救险车、救护车以及经部队车辆管理部门核准安装警报器的悬挂部队号牌的车辆,每日22时至次日6时不得使用警报器;其他时段在执行非紧急任务时不得使用警报器。

四、违法鸣喇叭的,由公安交通管理部门依照《中华人民共和国道路交通安全法》的有关规定,对机动车驾驶人处以20元以上200元以下罚款,对非机动车驾驶人处以5元以上50元以下罚款。

五、本通告自2007年6月1日起施行。

特此通告。

上海市公安局
上海市环境保护局
2007年5月10日
[PR]
by officemei | 2009-12-15 01:58 | ■上海