■“睡衣族・パジャマ族”

e0094583_10311871.gif在上海大街小巷里经常可以看到男女老少的睡衣打扮。上海人喜欢穿着睡衣在胡同溜达或在公园阴凉处睡午觉或在市场讨价还价。据说,这是从上世纪30年代开始流行的“上海时装”,有着80年的历史。
e0094583_13272638.jpg
上海市の街頭では老若男女を問わず、パジャマ姿で出歩く人が多い。パジャマ姿で路地を歩いたり、公園の木陰で昼寝をしたり、市場で買い物をしたりする人をよく見かける。これは、1930年代から80年の歴史を持つ「上海ファッション」なのだという。

在上海市政府进行的一项问卷调查中,16%的市民表示“经常”穿着睡衣去公共场合,另有25%的市民表示“偶尔”穿着睡衣去公共场合。但就因这个问题,上海被分成两派。
上海市の調査によると、市民の16%は「頻繁に」、25%は「たまに」パジャマ姿で公共の場所に出かけるという。この問題をめぐり、上海市の世論が二つに割れた。

“2010年上海世博会”将从5月1日至10月底举行。因此上海市从去年7月开始在部分地区对“睡衣族”进行了劝导。
上海市は今年5月から10月まで開かれる上海万博を控え、昨年7月から一部地域でパジャマ姿の外出を取り締まり始めた。

由上海市政府组织的各地区“文明劝导队”义工们劝导睡衣族说:“作为举办世博会的东道主,邀请了外国客人,穿睡衣上街溜达是上海的耻辱,也是丢上海脸面。”香港的《南华早报》5日称,上海此举令人联想起北京在2008年夏天举办奥运会之际禁止市民脱上衣上街的场景。但睡衣族们抗议称:“穿睡衣是上海特有的景色,也是值得骄傲的。”
e0094583_13281482.jpg市当局が支援する地区別の「公共マナー取り締まりチーム」が、「万博の主催者として外国人客を迎える上で、パジャマ姿で歩き回ることは上海の恥であり、体面を汚す行為だ」と説得して回っている。5日付香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、2008年の北京五輪を控え、北京で上半身裸で街を歩く人が一斉に取り締まられたことを思い出すと書いた。しかし、パジャマ族は「パジャマファッションは上海だけのおしゃれで自慢すべきものだ」と反発している。

最近在门户网站“上海热线”进行的调查中,42%的人谴责说“穿睡衣上街是没有常识,没有礼貌的行为”,但有34%的人表示“是因为方便,并不是没有教养的行为”,另有24%的人力挺睡衣族说“觉得难看,不看就行了,干嘛要管闲事”
ポータルサイト「上海ホットライン」が最近実施した調査で、回答者の42%は「非常識でマナーを欠く行動だ」と答えたが、34%は「便利だからであって、教養がない行動ではない」と答えた。また、24%は「見たくなければ見なければよいのであって、何が問題か」とパジャマ族を擁護した。

睡衣族について;
[PR]
by officemei | 2010-02-10 00:30 | ■上海