■広州蕉叶(Banana Leaf)

昨今、日本以上に中国ではタイ料理が流行っている。
その中でもちょっと異色なレストランがある。
1990年に初のタイ料理を中国に導入した「広州蕉叶」(Banana Leaf)。
名前の通り、広州にオープンしたこの店はこの20年間で中国の主だった都市に店を出すほどになった。
タイ料理から東南アジア風味のエスニック、更に北京・上海・四川料理、はたまた日本料理までメニューも豊富だ。
こう言うと、なんでもありで味はイマイチのように聞こえるがそうでもない。
けっこう旨いし、リーズナブルで且つ新鮮な味を売りにしている。
しかし何と言ってもこの店の最大の売りは、味もさることながらショータイムにある。
東南アジアから呼んできたウエイターやウエイトレスがお客と一緒に歌い踊る。
とにかく明るくて楽しい雰囲気がこの店の特徴。
私は、上海の「广州蕉叶餐厅淮海店」(淮海中路283号香港广场南楼4楼)に何度か行ったが、事前に予約が必要なくらい混んでいる。 予算は数人で行って一人当たり100~150元。
广州蕉叶餐厅;

上海;

北京;

[PR]
by officemei | 2010-04-02 01:28 | ■上海