■上海九星綜合市場

上海市郊外“闵行区九星路”というところに巨大市場がある。
上海中心地からだと車で約50分ほどのところ。
名称は「九星綜合市場」。面積106万㎡の敷地に中国全土から6500軒の店が集まり、2万人の人がこの市場で働いている。
あらゆる建築資材、住宅設備、家具やインテリア関連商品、照明器具から電気部品、更には茶葉、文具、看板ディスプレイ、ホテル什器等など品目は無数にあって、業者や個人客が多数訪れて相当な賑わいをみせている。
一村挙げて市場を運営、全国からテナントを誘致し成功したそうだ。
その結果、村民の多くは別荘を持つほど裕福になったということで、ここの繁栄振りがうかがえる。

この市場を三日連続で訪れ、朝から夕まで歩きに歩いたが、あまりの広さに何度も道が分からなくなってしまったほどだ。

今回はざっと全体像をつかむことが主目的だったが、あまりの安さに洗面化粧台とカラン、建築用レーザー墨出し器(水平垂直自動墨出し)などを買出しした。
5月には看板ディスプレイと鋳物フェンスなどの商品を買付ける予定。
大連と義烏の建材関連市場と比較しても、その規模と一ヶ所集中の便利さ、品数の豊富さ、どれをとってもこの市場は最高だった。



地図をクリックすれば拡大します;
e0094583_14432836.jpg

[PR]
by officemei | 2010-04-26 00:43 | ■上海