■ 日本男子救下中国研修生后遇难

e0094583_7175397.jpg北京・新京報
【感动】
海啸袭来前,宫城县女川町佐藤水产株式会社的20名中国研修生刚逃到地势较高的地方,公司专务佐藤充先生就赶来了,并把他们带到了更安全的地方避难。安顿好研修生后,佐藤充又冲回宿舍楼,试图找寻妻女。但宿舍楼很快被海水淹没,他再也没有跑出来。

“要不是当地人的帮助,我们早就没了!”来自中国大连的研修生衣亚男和同伴们含着泪水说。

日本男子救下中国研修生后遇难

女川町约一万人口,一半左右至今下落不明。

现在,城镇一片废墟,海岸边堆放着几具被海浪冲上来的遗体。一列日本国营列车被海啸拆成两截,拍打在离海岸轨道几十米以外的山边。但就在这样一座受灾惨烈的小镇,近百名中国研修生无一遇难,而很多人能够逃生,靠的是当地人的帮助。

灾难发生时,佐藤水产株式会社的20名中国研修生,就是被一名叫佐藤充的日本男子救下的。

当时,这些研修生刚逃到宿舍附近一处地势较高的地方,佐藤充跑了过来,边喊着“海啸来了”,边带着他们跑到更高处的神社避难。

安顿好研修生后,佐藤充又冲回宿舍楼,试图找寻妻女。但宿舍楼很快被海啸淹没,佐藤充再也没有跑出来。

“我们看到他被逼得无路,在房顶上左跑右跑,最后还是被卷到水里。一开始还扑腾了两下,很快人就不见了,”衣亚男哽咽着说。

研修生张军燕用相机拍摄下了整个过程,视频里,女孩们尖叫着、哭喊着“快跑啊”,却只能看着救命恩人佐藤充被海啸无情吞噬。张军燕说,佐藤充的妻女到现在还下落不明。

“救命恩人”哥哥安顿好研修生

灾难发生当晚,大雪严寒,研修生们无处可去。佐藤充的哥哥、佐藤水产社长佐藤仁不顾自己家被冲走的悲伤,一晚上都在找山上的朋友借房子,暂时将研修生们安置进去。

平时负责佐藤水产研修生管理的杜华说:“灾害发生第二天,佐藤仁见到我的第一句话就是:‘杜华,20个人一个都没少!’”

冈青株式会社的社长和部长也没有忘记中国研修生,他们第一时间开车将5名研修生送到附近山上。“当晚,社长给我们找了一间山顶的温泉旅馆避难。那时,他们连自己的孩子都还没找到,”来自大连的曹晶说,等情况稳定后,他们又被转移到当地最大的避难所,和几十名中国同胞团聚。

在避难所,研修生们一日可以保证有两到三餐。随着受灾信息被外界更多人知道,赈灾车辆越来越多,补给也逐渐充足。“我实在不敢想象如果没有这些人的帮助我们会怎样,”曹晶说,在这场与时间赛跑的逃生中,这些当地人对每一个生命的同等尊重,将让得到救助的研修生感动一生。(新华社电)

中国人研修生20人の安全優先 宮城の男性に感動の声 家族は安否を心配
2011.3.17 20:13
【産経ニュース 北京=矢板明夫】東日本大震災で、自社の中国人研修生らを助けるため逃げ遅れ、行方不明となっている宮城県女川町の日本人男性の行動が中国国内で大きな感動を呼んでいる。

女川町入りした中国国営新華社通信記者の記事によると、地震が発生した11日午後、同町の水産会社「佐藤水産」で研修する大連出身の中国人女性研修生20人が会社の寮の近くでうろたえていたところ、同社専務の佐藤充さんが「津波が来るぞ」と叫びながら走ってきて、全員を高台にある神社に避難させ、立ち去った。佐藤さんの安否は17日現在も不明という。

佐藤さんの妻は石巻市で、長女と長男は東京で無事が確認され、佐藤さんの安否を心配している。

17日付の北京紙「新京報」は「感動」とのカットを付けてこの新華社電を大きく掲載した。インターネットには、「災害時に会社に来ている外国の若者のことを優先する日本人の優しさと責任感に涙した」など多くのコメントが寄せられた。

[PR]