■ 梅花

311の国難に思いを致すときに、知らずこの「梅花」の歌を口ずさんでいる私。
中国語のこの歌が真っ先に脳裏に浮かぶこと自体おかしなことではある(日本人である私にとって)が、この歌の意味がわかる人にはご理解いただけると思う。 時はマサに今・・・


(実はもう10年以上も前のこと。私のOFFICEの名称やMail、それにこのブログのタイトルもすべてMeiとつけているのはこの歌のタイトルに由来する)

梅花について;
[PR]