■ 指導力なし

2011.4.3 菅首相、東電「指導力なし」海外も酷評
海外媒体严批日本政府及东电“缺乏领导力”
 
震災を伝える海外メディアの報道では、福島第1原発事故が長期化、深刻化するにつれ、東京電力や日本政府の対応を批判する記事が増えている。特に「指導力の欠如」が問題視されている。東南アジア各国が申し出たさまざまな人的、物的支援が、日本側の事情で遅れたり足止めされるケースも相次ぎ、戸惑いの声が出ている。
随着福岛第一核电站事故变得长期化,严重化,海外媒体对震灾的报道中,批评东京电力及日本政府的应对的新闻增多起来。尤其是政府“欠缺领导力”这个问题遭到媒体质问。东南亚各国欲向日本提供种种人力,物力支援;很多此类请求却因日方的情形被迫延迟或停滞,外界对此表示不解。

「驚くべき社長不在」
「消えたミスター・テプコ」(イタリア紙)。共同通信によると、欧米メディアは、東電の清水正孝社長(66)が震災発生から2日後の13日夜に記者会見して以来、公の場に姿を見せていないことを「驚くべき不在」などと一様に酷評した。
米紙ウォールストリート・ジャーナルは、第1原発の事故対応マニュアルに、緊急時に自衛隊など外部に支援を要請するための指針がほとんどないと指摘。ドイツのフランクフルター・アルゲマイネ紙も原子炉を冷却する海水の注入が遅れたことなどを厳しく非難。東電経営陣の危機管理能力に疑問を呈している。
“社长消失令人震惊”
“消失的Mr.TEPCO”(意大利报纸语)。共同通信报道,东电清水正孝(66岁)自震灾发生2天后的13号晚上会见记者以后,就再也没在公开场合露过面。对此,欧美媒体一致严批称“社长消失令人震惊”。美报华尔街日报指责在第一核电站事故应对指南中,基本上没有在紧急状况下,可向自卫队等外部力量求援之类的指示。德报法兰克福汇报也严厉谴责日本在注入海水冷却核反应堆一事上的拖拖拉拉。对东电管理层的危机管理能力,外媒是一片疑问之声。


原発とのなれ合い
日本政府にも厳しい目が向けられている。フランスのルモンド紙は「首相の存在感が希薄だ。首相の演説はメディアの関心を引かず、新聞の4ページ目を探さなければ出てこない」と批判。ドイツ紙ウェルトも「情報公開に消極的」と日本政府の対応の不備を指摘した。
英誌エコノミストは日本政府と原子力関連産業の関係を「なれ合い」と指弾。原発の安全に関する議論を押さえ込み、原発がはらむリスクを極端に低く見積もってきたと非難した。
政府“私通”核电站
日本政府也遭外媒拷问。法国世界报批评称“日本首相的存在感薄弱。日本首相的演说引不起媒体的关注,不翻到报纸第4页根本找不到关于他的消息。” 德报世界报指责日本政府疏于应对,称日本“在讯息公开上遮遮掩掩”。英国经济学人杂志抨击称日本政府与核能关联产业之间的关系是“私通”,并谴责日本政府压制外界对核电站安全问题的评论,一直在极力淡化核电站不断膨胀的风险。


宙に浮いた外国支援
3月13日に福島県相馬市に派遣されたシンガポールの救助隊は16日には帰国の途へ。原発事故で日本政府から退避を勧告されたためだが、シンガポール政府関係者は「被災地で実質的な活動はできなかった」と明かす。
タイは日本人の口に合うようにとタイ米1万トンのほか、もち米5000トンを送る計画だったが「輸送先などの明確な返答がなく」(タイ外務省当局者)支援を断念した。
インドネシアは毛布約1万枚を送ったが「(毛布の厚みなど)仕様が合わない」と日本側から説明され、準備し直した。インドネシア国家災害対策庁は「日本は自然災害で外国からの支援を受けた経験が乏しい。受け入れルールもなく対応が難しいようだ」と話した。
外務省によると、これまでに134の国・地域と39の国際機関が支援の意思を表明したが、日本が受け入れた国・地域と機関は約30にとどまる。支援を断られた国からは「一括した受け入れ窓口がなく、情報が錯綜(さくそう)している」と日本の混乱ぶりに不満も出ている。
悬而不决的外国援助
3月13日派到福岛县相马市的葡萄牙救援队于16日踏上归途。由于在核电站事故后被日本政府劝告退避,葡萄牙政府相关人士对外界表示“没能在灾区进行实质性活动”。
泰国原本打算向日本赠送合日本人口味的泰国大米1万吨,还有糯米5000吨;结果也因“日方没有明确说明接收地”(泰国外交部相关负责官员语)而放弃了该援助计划。
印度尼西亚送来约1万条毯子,也被日方以“毯子厚度不符要求”的理由,不得不重新准备。印度尼西亚国家灾害对策厅就此表示“日本缺乏遭自然灾害时接受国外援助的经验,没有合适的接受途径,从而似乎难以应对外国的援助请求。”
据外务省统计,震灾发生以来,共有134个国家地区以及39个国际机构表明了援
助之意,而日本接受的国家地区及机构仅有30个。遭拒绝的各国对日本的乱况颇有微词,称“日本没有统一接受国际援助的对口单位,各类援助讯息混杂不明。”

[PR]