■台北のひそかな愉しみ

e0094583_14435133.gif台北でマニアックな経験をしたい方へ 激賞! 

手に汗握る緊張の30分!
で、お楽しみ代は400台湾元です!

中山北路と民権東路の交差点、東南角に上海銀行ビル、東北角にスターバックスがあるが、そこを北へ向かって歩くと先ず山水閣ホテル、次にドラッグストアのWatsons屈臣氏があって、そこを右(つまり東)に曲がる。

ちょうど初めに説明した交差点から北へ一本目の筋だ。

するとすぐ前に煉瓦造りで相当年季が入った教会「真心堂」がある。

この辺りからは、すぐそこが表通りだというのに何か怪しげな雰囲気が漂っている、
というほどのこともないか。

教会を左に見てそのまま真っすぐ歩くと、道の右並びに足つぼ図を看板にした外見はごく普通のどこにでもあるまちの散髪屋といった風情の店がある。

そこが私の一押しの穴場で、同好の士はぜひこの際、意を決して探検してみてください。

看板には「東方理髪」と書いてあって、店内にはわずかに2人分の理髪スペースだけ。

如何にも怪しい。奥にいったい何があるのだろうか。

e0094583_23382373.gif




e0094583_23453352.jpg
実は、この店が耳かき極めて30年、耳掃除の専門店なのだ。
理髪・足つぼ・全身マッサージと一応メニューは揃ってはいるが、メインは「耳かき」なのだ。
私は一年に一回ペースで利用しているが、素晴らしい技によってびっくりするほどの耳くそが出てくること、圧巻、茫然自失。

30分というのは耳かきをしているといかにも長く感じる。
うとうと気分でというものじゃあない。早く終わらないか、我慢、緊張の連続だ。
痛みは感じないが、耳の穴を金属質の工具?で擦られるひりひり感を感じる。
耳くそというよりも、穴の内側にこびりついた薄い膜、実はこれが素人では取れない耳くそなのだが、そいつを細心の注意を払ってゆっくりとこそげ落とす、或いは引っ張り剥がす。
こそげ落とす場合は、ひりひり。
引っ張り剥がす場合は、耳の奥の奥まで引っ張られ、未経験の恐怖を覚える。
その結果、でかい耳くそを「ほら、こんな大きなのが出たよ」と示されると、理由のつかない充足感を味わえて、ああきっと出産ってこんな幸福感なのだろうか、と馬鹿みたいなことを思ったりもする。
確かに聴力が一段と良くなったようにも感じられて、気分一新、すっきりとするのだ。

ぜひ一度お試しあれ!

e0094583_23475230.jpg

[PR]
by officemei | 2005-11-05 23:51 | ■台灣