■ 方言1

漢語(中国語)の標準語を大陸では「普通話」台湾では「國語」と言いいますが、中国各地には様々な方言があって、まったく聞き取れない言葉も沢山あります。
上海語や広東語、特に福建の方言は複雑です。同じ福建内でも山一つ越えるとまったく通じないというくらいに「方言の宝庫」と言われています。
私は多少の上海語と閩南語(所謂台湾語)を解しますが、これなどは方言というより外国語のようなもので、別種の言語と思って学ぶと意外と学びやすいと思います。
問題は官話(マンダリン)つまり北京を主とした言葉で、分布範囲はざっくり言えばほぼ中国の北半分で使われている方言です。東北三省や山東語、或いは四川などの地域官話は訛りがきつくて、何度も聞き直さないと理解できないことが多々あります。
しかし、各地の方言は地域の風俗を表していますので貴重な文化遺産と言ってもいいでしょう。

在中国,十里不同音,各地有各地的方言,这些方言实际上也是一种文化,从方言中可以看­出风土人情,也可以看出当时社会的演变过程。保护方言是很有意­义的,特别是在当今,方言的概念已经开始淡化,能说地道方言的人也变得越来越少。

(Hunan TV 湖南快乐阳光 )
湖南人・河北人・南京人・上海人・台湾人が方言について語っているTV番組をご覧ください。



山東(威海)方言;


四川方言+広東語訛りの普通話;

[PR]
by officemei | 2013-03-01 19:33 | ■中国語