■ 運気

運のいい人の行いには、どんな秘密が隠されているのでしょうか。
好运之人的日常行为里,隐含了怎样的秘密呢?

さっそくチェックしてみて!あなたの幸運体質度は?当てはまる項目に☑を。
□基本的に人が好き。
□人の中に出ていくのが好き。
□どちらかと言うと、ツイていると思う。
□ちょっとしたプレゼントやおすそ分けをするのが好き。気前はいい方だと思う。
□人の役に立ちたい。
□どんなときも挨拶はちゃんとする。
先来测试一下吧!! 你的幸运程度有几分?请在符合的项目上打√
□ 基本上,喜欢与人交往
□ 喜欢处在集体之中
□ 觉得自己运气不错
□ 喜欢分发小礼物、分享荣誉,觉得自己是慷慨大方的人。
□ 希望能帮助到别人
□ 不论何时,都会和对方多寒暄几句


さて、いくつ当てはまりましたか? 実は、これらの項目は運との関係が深く、該当数が多ければ多いほど、幸運体質といえます。逆に少なかった人は、「あ~ツイてない」とぼやいていることが多いのでは? 自ら運を逃している可能性が大です。
你有几项符合项呢?实际上,上述几项和好运的关系很大,符合项越多,越说明你是幸运儿。相反,符合项很少的人,是不是经常发牢骚“哎~运气真差”呢? 非常有可能是你自己让好运溜走了哦。

幸運、強運、不運、悲運……。見えないけれど確かにあって、人生をいい方向に導いたり、あらぬ方向に連れていったりするのが、「運」というもの。そもそも、この運とは何者なのでしょうか。
幸运、好运、不走运、厄运……虽然看不见摸不着,但是却存在着,引导人生走向高潮,亦或是将人生带向低谷的,都是这个叫“运气”的东西。到底运气是为何物呢?

「人間の力ではどうにもできないこともあるが、一方で人間の力が関与する部分もとても大きい。それが運というものです。また見えないと思いがちですが、案外、運の流れは目で見えるもの。例えば、その人の姿形、振る舞いなどから運の善し悪しがかいま見えたり、おカネの流れから運がどう動いているかを読みとったりすることもできます」と宗教人類学者の植島啓司先生。
宗教人类学者植岛启司先生说过“有的事,人无能为力,但是很多事情都与人的力量相关,那就是运气。大家都觉得它看不见,谁曾想,运势是可以看到的哦。比如说,从某人的姿态、神形、动作等方面就能判断他运气的好坏,还可以通过他的花钱习惯读取他的运势。”

確かに、「あの人は強運だ!」とか、「なんだかんだいっても最終的にはいい方向に行っている」という人、あなたの周りにもいるのでは(もちろん、その逆も……)。そういう運のいい人には、「やはりそれなりの理由がある」と植島先生。では、その理由とは? どうやらキーワードになるのは、「人」「おカネ」「利他」といえそう。これらと運との関係を知って積極的に自分の中に取り込んでいけば、私たちもきっと「運のいい女」になれるはずです!
的确,周围总有一些人“真是走运”,或者“虽然一路跌跌撞撞,但最终事情还是朝好的方向发展了”(当然,有的人总是很背……)。植岛先生认为,这些好运之人“果然是有一定理由才会有好运的”。那么,有哪些理由呢?总的说来,可以将关键词锁定为“人脉”“金钱”和“利他”。掌握了这三者与好运的关联,并积极从自身做起,那么我们也肯定能成为“好运女”了哦!

運がいい人は、いい出会いをしている――。 運がいい理由、その第1はやはり「人」です。「運を運んでくるのは、人。基本的に、運は人との出会いによって決まります」と植島先生。
類は友を呼ぶというか、不思議なもので、運のいい人の周りにはいい人が集まってくる傾向があります(もちろん、その逆も……)。そして、その出会いがさらに運を良くしていくという良循環に。まさに運は人なり!
好运之人,结交好的朋友——好运的理由,首先当属“人脉”。“带来好运的是人。基本上运气好坏取决于结交的人。”植岛先生如是说。物以类聚,人以群分,不可思议的是,好运之人的周围通常都聚集了许多优秀的人(当然,反之亦然……)而后这样的交际圈就会让运气更好,进入良性循环。果然,好运非偶然啊!

出会いがもたらす幸福感。人の中から運を拾う!
「人の幸福感というのは、対人行動が大部分を占めています。つまり、いい人と巡り合えることは、その人の幸福感に直結するわけですね。この幸福感こそが、『運がいい』の本体」と話すのは、心理学が専門の京都大学大学院工学研究科教授の藤井聡先生。
结交朋友会带来幸福感,从人群中获得好运!
专攻心理学的京都大学大学院工学研究科教授藤井聪先生说:“人的幸福感占据了人们人际交往活动的大部分。也就是说,与优秀的人相遇,与此人的幸福感直接相关呢。这种幸福感正是‘好运’的本质。”


人に出会ってこそ運が動き、幸福感がもたらされます。ひとりでじーっと待っていたら、いつか幸運が転がり込んで来る、なんてことはまずないのです。「だから、とにかく外に出て、動いて、人に会う。いろいろな運が交差している中に出ていかないと、いい運は拾えませんからね。幸運を呼び込むためには、自分自身の心を常に外側に向かって開いておくことが大事なのです」と植島先生は強調します。
只有结交朋友才能让运气动起来,才能带来幸福感。一个人静静地等待某一天幸运悄然降临,这是根本不可能发生的事情。“因此,”植岛先生强调道,“总之要走出家门,动起来,结识新朋友。因为不到各种运气交织的环境中,就不会获得好运哦。为了呼唤幸运之神降临,重要的是打开自己的心扉。”

運のいい人は、気前がいい――。運がいい理由、その2は「気前の良さ」。実は、おカネの動きに注目すると、運の流れがよく見えてくるそう。
「おカネをどう取り扱っているかに、その人の運が表れていることが多いですね。人のためにおカネを遣える気前のいい人は、まず運がいい。逆に、ケチな人はあまり運が良くないことが多いようです」と植島先生。
植岛先生有言:“某人如何花钱,通常展现了他的运气如何呢。能够为了别人花钱的慷慨大方之人,运气肯定好。相反,小气的人好像运气都不怎么好。”

例えば、周囲の人にちょっとしたプレゼントをあげる、自分が何かもらったら周りにもおすそ分けをする、寄付をする……など。ここでいう気前の良さとは、浪費とは違って、誰かのために自分のおカネを遣うということ。もちろん、金額の大小は関係ありません。
例如,给周围的人分发点小礼物,自己得到了什么都会和周围的人分享,赠送礼品等等,这里所说的慷慨大方,与铺张浪费不同,是指为别人而花自己钱的行为。当然,与金额大小无关。

“ポトラッチ”精神で運をぐるぐる回す!
この気前の良さを如実に表しているのが、「ポトラッチ」。北米先住民族の固有文化で、裕福な者が客人をもてなしたりして、自分の富をパーッと遣って、みんなに分け与える習慣のことです。
“Potolatch”精神,让运气不停流动!
“Potolatch”如实地表述了慷慨大方的意思。这是北美原住民族的传统文化,是富裕者通过招待客人,与大家共同分享自己财富的习惯。


「富やお金は、運そのもの。それを自分だけで抱え込むのではなく、惜しまず贈与することで、いわば運を動かそうとするわけです。運が自分の所だけに偏るのは、運が全くやってこないのと同様、好ましいことではありません。運はぐるぐる回してこそ、価値がある。大盤振る舞いのポトラッチからは、そんな運の大原則を読みとることができます」(植島先生)
“财富和金钱,就是运气本身。我们不要自己一个人死守,而是不吝惜地赠与给他人,就可以让运气动起来了。运气只窝在自己这里,就和运气完全不来一样,不是什么好事。运气只有不停地流动,才有价值。我们可以从热烈宴请他人的Potolatch中学到好运的大原则。”(植岛先生)

日常生活でのささやかなプレゼントやおすそ分けも、基本は同じ。自分の運を独り占めせず、人にも分け与えることで、もっと運が回り出すのです。カネは天下の回りもの。運もまた同じ。ぐるぐる回すポトラッチ精神が、さらに運を磨いていきます。
日常生活中分发点小礼物、分享荣誉,基本上也是一样的。将自己的运气分享给大家,而不是独自霸占,就会拥有更多的好运。有钱能使鬼推磨,运气也是如此。让运气不停流动的Potolatch精神,也能让更多好运临门。

運のいい人は、人の役に立ちたいと思っている――。
運がいい理由、その3が「利他」。藤井先生の研究では、利己的な人より利他的な人の方が幸福感が高い、という結果が。
好运之人总希望能帮助到别人——
好运的理由其三,就是“利他”。藤井先生通过研究,得出“利他之人的幸福感比利己之人的高”的结论。


「自分さえ良ければいいという利己的な人は、目先の利益は手に入れられたとしても、長期的に見ると人に嫌われ、いい出会いができなくなります。その点、他人のことを考える利他的な人は周りから好かれ、たくさんの人が寄ってきますから、数多くの選択肢の中から、いい出会いを選ぶことができます。この結果、幸福感が高まり、自他ともに認める“運のいい人”になれるわけです」と藤井先生。前述した「運のいい人の周りには、いい人が集まってくる」の理由は、まさにこれ。利他、つまり思いやりの心が、いい出会いと運を呼び寄せているのですね。
“觉得只要自己好就行了的利己之人,即使能够获得一点蝇头小利,但是长期看来,必会招人讨厌,不会结交到好的朋友。从这点看来,时常考虑他人的利他之人,能获得周围人的好感,有许多人聚集在身边,因此能够从众多朋友候选人中做出更好的选择。其结果是,幸福感提高了,成为众人认可的‘好运之人’了。”藤井先生如是说。前文所说的“好运之人的周围通常都聚集了许多优秀的人”,其理由正是如此。利他,也就是拥有一颗同情心,就能结交好的朋友,召唤好运了呢。

下の図は、利他と運との関係をわかりやすく示したもの。人が無意識的に注意を向けている「配慮範囲」が大きい程利他的で、運も良くなることがわかります。「自分」と「今」にだけ注意が向いているのが利己的な人、その対極が利他的な人。さて、あなたは今、どの辺りにいますか?
下图清晰地展示了利他和运气之间的关系,从中可以看出,人无意识去关注的“关心范围”越大,越属于利他之人,运气也越好。只关注“自己”和“现在”的是利己之人,与之相反的是利他之人。那么,你现在处在什么阶段呢?
e0094583_23465759.jpg

e0094583_23474450.jpg

横軸は注意を向ける人間関係、縦軸は時間。利他的な人は、自分や家族だけでなく他人のことにまで、また今だけでなく先々のことにまで配慮範囲を広げられる。運も、この範囲に比例して良くなる。
横轴是与关注的人之间的关系,纵轴是时间。利他之人不仅关心自己和家族,连陌生人也关心,另外关心的时间持续到了将来,关心范围很广。好运也与关心范围成正比。
(雑誌「美的」より)
[PR]
by officemei | 2013-09-07 23:51 | ■中国語