■ 2020東京



東京に56年ぶりに聖火がともる。
东京时隔56年将重燃奥运圣火。

国際オリンピック委員会(IOC)の総会で東京が2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催地に選ばれた。
国际奥委会(IOC)投票出炉,东京赢得2020年夏季奥运会和残奥会的主办权。

前回1964年の東京大会は高度経済成長の中で開催され、第二次世界大戦で敗れた日本が復興した姿を世界に示した。新幹線や高速道路、ホテルなどの社会資本が整備され、「今日より明日がよくなる」という時代と結びついた記憶は当時を知る人たちにとって今も無形のレガシー(遺産)となっている。
上次1964年的东京奥运会是在日本经济高速发展时期举办的,向世界展示了经历第二次世界大战战败的日本经济复苏和复兴的积极姿态。完善了新干线、高速公路、宾馆等的社会资本。与“明天会更好”的时代密切联系的记忆,对于经历过那个年代的人们,至今仍然是一笔宝贵的无形资产(遗产)。

20年の東京大会は東日本大震災からの復興を目指す21世紀の日本にとってどんな意味を持つのか。次代を担う子どもたちにどんなレガシーを残せるのか。少子超高齢化が避けられない社会においてどんな役割を果たせるのか。アジアの隣人である中国、韓国との関係改善に貢献できないか。東京招致決定を契機に国民一人一人が未来の社会、世界との関係について考えてほしい。
2020年的东京奥运会对于从东日本大地震走出来并立志于灾后重建与复兴的21世纪的日本,具有怎样的意义?对于肩负下一代重任的孩子们,又能够留下怎样的遗产?在这个无法避开少子超老龄化问题的社会,又能够起到怎样的作用?能否对改善与中韩等的亚洲邻国的关系作出应有的贡献?以确定东京申奥为契机,希望每一位日本国民能思考与未来社会、世界的关系。

景気の回復が実感できない中、経済波及効果に期待する人は多い。招致委員会によると、全国で約2兆9600億円が見込まれている。だが、過度の期待は禁物だ。試算はパラリンピックが閉幕する20年9月まで7年間の総額で、年間平均では約4230億円。名目GDP(国内総生産、12年度は約474兆6045億円)の0・1%にも満たない。
在无法切实感受到经济复苏的背景下,许多人期待申奥成功能起到振兴经济的效果。据奥申委预计,申奥成功为日本全国带来的经济收入将达到2兆9600亿日元。但不应寄予过高的期望。至残奥会闭幕的2020年9月为止,这7年的估算总额,年平均将达到约4230亿日元。低于名义GDP(国内生产总值,2012年度约474兆6045亿日元)的0.1%。

オリンピックは景気刺激の手段ではない。近代オリンピックの創始者クーベルタンの思想(オリンピズム)に基づき、スポーツを通じた教育と平和の運動が推進される場だ。
奥运会并非刺激经济的手段。基于近代奥运会的创始人顾拜旦的思想(奥林匹克精神),它是通过运动来推进教育与世界和平运动的盛会。

開催までの7年間は、オリンピズムを普及させるためのさまざまな活動(オリンピック運動)について子どもたちが学ぶ機会になる。学習指導要領の改定に伴い、中学と高校の保健体育の体育理論でオリンピックなどの国際競技大会について学習するよう規定されたが、時間が少なく、教材開発も遅れている。日本オリンピック委員会はオリンピック運動の推進に向け、動画などの教材をホームページからダウンロードできるようにしてほしい。
筹备奥运会的这7年间,普及奥林匹克精神的各种活动(奥林匹克运动),是孩子们学习的契机。伴随学习指导要领的修订,中学的保健体育理论中,规定了学习奥运会等的国际竞技大赛方面的知识,但因时间有限,教材编写有所延迟。为了推进奥林匹克运动,希望日本奥委会能建立相关的官方网站,从而方便网友从网站下载相关的教材视频。

オリンピック教育はフェアプレーの精神などポジティブな面を学ぶだけでなく、過度の商業主義や勝利至上主義、ドーピングなど負の部分を学ぶことを通してバランスのとれた判断力を子どもたちに身につけさせることが重要だ。「国民の教養」という無形のレガシーにしたい。
奥林匹克教育的很重要一点是,不仅应学习公平比赛的精神等的正能量一面,也应通过了解过度商业主义、胜利至上主义、使用兴奋剂等的负面因素,让孩子们掌握平衡的判断力。希望日本国民能形成“国民素质”这一无形资产。

パラリンピックの開催に向け、障害者や高齢者に配慮したバリアフリーの都市づくりも進めたい。段差などのハード面だけでなく、偏見など心のバリアーも取り除くことができれば東京は世界のモデルになる。(毎日新聞社説2013年09月10日)
为了迎接残奥会的举办,我们社会应推进为残疾人士和老年人提供便利的无障碍城市建设。不仅应留意段差等的硬件设施方面,也应消除对弱者的偏见等的心理障碍,这样东京才能堪称全世界的模范城市。
[PR]