■ 中秋節

旧暦8月15日は今年9月19日になりますね。
皆さん、明日は中秋節ですよ!

鄧麗君(テレサ・テン)の「但願人長久」という曲を先ず聴いてください。
日本ではあまりヒットしませんでしたが、華人圏では大ヒットしました。
王菲(フェイ・オン)などの多くの歌手もカバーしています。
仲秋と言えば、この曲を口ずさむほどにスタンダード曲になりました。
日本にも仲秋の名月を愛でるという行事はあります。私の幼少時にはまだ広く行われていましたが、今では暦のうえでしか残っていないようですね。でも地方にはまだ風習として受け継がれていると思います。


北宋の蘇東坡(蘇軾)。
中国料理の「東坡肉」(杭州の名物料理、トンポーロー、ブタの角煮)は彼の名にちなんでいます。
e0094583_22153438.jpg


又、杭州の西湖にある蘇堤(防波堤)は彼が役人として赴任してきたときに造営したとされています。
e0094583_2216639.jpg

この動画は、その蘇堤をサイクリングした時のものです。


で、テレサの「但願人長久」はこの蘇東坡の作品「水調歌頭」の詞に新たに曲をつけたものなのです。
詩ではなく詞です。唐詩宋詞というように、宋の時代には詞が盛んに作られました。
特に蘇東坡の「水調歌頭」という詞は、長きにわたり人々に愛され今日に至っています。

明月幾時有?把酒問青天。
不知天上宮闕,今夕是何年。
我欲乗風帰去,又恐瓊楼玉宇,高処不勝寒。
起舞弄清影,何似在人間。
轉朱閣,低綺戸,照无眠。
不応有恨,何事長向別時圓?
人有悲歓離合,月有陰晴圓缺,此事古難全。
但願人長久,千里共嬋娟。

明るいお月様はいつからそこにいるのですか?
酒盃を手にとり、月が煌々と照らす青い空に問いかけてみたよ。
月にあるという天上の宮殿は、もう何千何万年栄えているのかもわからない。
私は風に乗り、あの月へ帰りたいとも思う。けれどその冷え冷えとした玉石の宮殿や、あまりに高いところの寒さに、私はずっとは耐えられない。
だからこうして地上で庶民に混じり、あの月の光が映し出す自分の影と踊っているほうがはるかに楽しいよ。
まるい月が、朱(あか)く塗られた官舎の楼閣の上を転がるように昇る。やがて夜も更け、月が低く降りてくると、飾り窗(まど)の隙間からまた月明かりがさし込んで、この仲秋の宵を、夜通し楽しむ人達を照らしている。
もちろん仲秋の満月を恨むわけではないけれど、でも君とこうして長く別れているときに限って、皮肉にも月が圓(まる)いのだからね。
人には別れと再会の悲しみ、喜びがあり、月には満ち欠けの光と影があるものだ。
古来、こればかりはどうすることも出来ない道理だから。
まあ、再び会えるその日まで、あの永遠に浮かぶお月様には及ばなくとも、お互い長生きしたいものだね。
今は遠く千里を隔てているけれど、同じあの美しい月を見て楽しもうよ。

中秋節(仲秋の節句)は中国、華人社会でも大切な節句です。月餅を食べ、友人家族で月を愛でる風習が今も残っています。月餅は仕事関係や取引先への贈答品としても使われていますが、月餅そのものを贈るか、或いは商品券か、ゲンナマか?
e0094583_23210100.jpg

つい最近、中国政府から全国の官庁に向けて華美な贈答をしたり受けたりすることを厳に慎むようお達しが出ています。上に政策あれば下に対策あり、のお国柄ですのでさてどうでしょうかね・・・
e0094583_2364029.jpg


“中秋節”在中國人的心裏可以說占據了很重要的位置,這個傳統節日的地位恐怕僅次于春節。因爲在中國人的概念中,闔家團圓共享天倫才是節日之所以存在的真正意義。中秋節的時令食品“月餅”,早在宋代就有文獻記載,蘇軾的“小餅如嚼月,中有酥與飴”的詩句所指的就是月餅。月餅以其形狀寓意生活團圓和美,而各色甘美餡料也正是人們對生活甜蜜幸福的一種寄托。然而近些年,我們發現月餅的“味道”却在不經意間悄然發生著變化。
我們可以看到一款售價1800多元的月餅,禮盒裏裝有一副高爾夫球杆。
更有甚者一款標價31萬的月餅禮盒除配有奧林巴斯數碼相機一台、攝像機一部、五糧液一瓶、帕克金筆一支、名牌打火機一個外,還配有高級保健品、茶葉等。
月餅生病了,得了豪華病,而且病得不輕。
改革開放以來,承載了太多禮品文化因素的月餅,因爲可能成爲腐敗通行的介質猜想而走進了人們的視綫。各種各樣“不求最好,只求最貴”的月餅便紛紛出籠。
月餅的病變過程,是摻合了過多的功利主義、拜金主義、消費主義的侵蝕,才注定了表像爲“豪華”的病症。可以說承載了太多意義的月餅,讓人們已經無法下咽。
然而從幾年前的豪華包裝到“黃金月餅”,再到今天的“餅大撑死猪”,月餅這種普通的時令食品,從暗渡陳倉式的腐敗道具到公開透明的鋪張浪費,早已在商家與顧客雙重“欺壓”下只有餅樣却毫無餅魂了。
在人們越來越多的蓄意安排中月餅變成了讓人不敢吃、不會吃、不能吃和吃不下的“怪物”。月餅文化難道已病入膏肓?中秋節淪爲商業營銷的道具,那麽原本屬于中秋的團圓,和諧的文化內涵究竟還能剩下幾何?
在中秋節寧靜祥和的氛圍中,我們却要面對月餅不是餅的事實,這恐怕是最大的諷刺和幽默。
[PR]