■ 中国生保破綻への序章

週刊文春・日文中訳;
中国の巨大生保破綻への序章;
「影の銀行」の負債規模がGDPの2倍にも膨らむ中国で、金融危機に追い打ちをかける懸念が浮上している。中国の三大生命保険会社の健全性、支払い余力を示すソルベンシー・マージン比率が急速に悪化しているのだ。
中國巨額生命保險破產的序幕
在中國,【影子銀行】的負債規模已經膨脹到GDP的2倍。社會上擔心這會讓金融危機雪上加霜。能夠顯示中國三大生命保險公司的穩健性、支付水平的償付能力充足率正在急速惡化。

日本ではソルベンシー・マージン比率が200%を切ると危険水域として、早期是正措置の対象となる。日本をはじめ世界の大手生保は軒並み1000%以上の数字を保っている。だが中国では、最大手の「中国人寿」が238%、2位の「平安保険」は163%、「中国太平洋保険」は282%という惨憺たる状況だ。
在日本,償付能力充足率低於200%就可以說進入了危險地帶,就會成為實行早期修正措施。日本是第一個世界大型生命保險公司的比率全都保持在1000%以上的國家。但是在中國,龍頭老大【中國人壽】是238%、位居第二的【平安保險】是163%,【中國太平洋保險】是282%,這一狀況比較淒慘。

「中国の基準は世界に比べて甘く、保険監督当局の設定基準は150%以上。しかし、日本では過去に200%以上あった生保でも破綻していることから、非常に危険な状態です」(大手商社中国アナリスト)
【中國的基準綫相比世界很寬鬆,中國保險監督管理委員會(保監會)設定的基準綫是150%以上。但是,在日本,過去償付能力充足率高於200%的公司都會破產,這是非常危險的狀態】(大型商社中國分析家)

そもそも共産主義の中国においては近年まで保険の概念そのものが存在しなかった。死ぬまで国が生活を支えるのが建前であったためだ。だが、金融の自由化から保険会社が乱立し、株式会社として上場。国民は保険に加入するだけでなく、こぞって生保の株式を購入した。
說起來,在共產主義的中國,至今還沒有保險這一概念。因為在中國,到你活到死是國家在養著你,有這種原則或者說觀念的存在。但是,正因為金融自由化,保險公司隨便就能成立,并作為股份公司上市。國民不只是參保,還全部買了生命保險的股票。

「巨額の資金を手にした保険会社は、その資金を不動産や株式に投資する一方、積極的な買収を展開し、総資産を拡大させていった。だが、経済成長が鈍化する中、過剰な投資の多くが含み損を抱え不良資産化しつつある」(同前)
【擁有巨額資金的保險公司,一方面用該資金投資房地產,同時積極開展收購業務,總資產得以擴大。但是,經濟增長停滯時,大部份的過剩投資有了壞賬而成為不良資產】

その結果がソルベンシー・マージン比率の悪化にほかならない。中国の生保は金利自由化による競争激化と保有資産の劣化という二重苦を抱え、財務内容が急速に悪化してしまったのだ。
這一結果只能導致償付能力充足率的惡化。中國的生命保險是由於利率自由化而出現競爭激化和保有資產的惡化這雙重痛苦,財務內容也在急速惡化。

なかでも2位の平安保険は共産党中枢との癒着が問題視されている。温家宝前首相は昨年、27億ドルを超す巨額の蓄財がニューヨーク・タイムズに暴露された。同紙は「07年、温首相の親族名義の会社が平安保険の株式を上場前に不正取得し、上場後は22億ドルにもなった」と報じている。さらに「平安保険の本社ビルのワンフロアには、温夫人の部屋がある」(前出・アナリスト)という。
這其中又以第二位的平安保險和黨中央的粘結被視為一大問題。前總理溫家寶去年被紐約時報爆料有超過27億的巨額存款。該報紙還說【07年,以溫總理的親戚名義開辦的公司在平安上市前通過不正當手段購買平安保險股票,上市後賺取22億美金】。甚至還說【平安保險總部大樓的底層有溫夫人的房間】。

巨大生保の不正のからくりが習近平体制下で炙(あぶ)り出される可能性もある。その時、中国発の金融危機がどう世界に波及するのか。要注目だ。
巨額生命保險的種種不正當黑幕在習近平體制下可能會被清掃出去。到那時,中國發生的金融危機會怎樣波及世界呢?真是值得關注。
[PR]