■ 国連のお粗末さ

さて、中国ではネットでの個人書き込み規制単語829語をリストアップしています。
リストの80%以上が政治関連単語で、「人権」や「デモ」もアウトです。
これをサイバーポリスと呼ばれる数万人のネット監視者がチェックし、削除又はメッセージの一斉送信を禁止しているそうです。
中国当局は「わいせつ情報から青少年を守るため」と説明していますが、このリストの中で、わいせつ関連とみられる単語は全体の11%強でしかありません。

そんな中、国連人権理事会の改選選挙で中国が当選してしまいました。
中国外務省の秦剛報道官は11月13日の記者会見で、「中国の人権への取り組みが進み、国際社会に十分に評価された」と述べています。
迫害や弾圧、報道規制、人権無視が日常的に行なわれている国が、なんで当選してしまうのか、国連もお粗末なものです。

以下は、前述規制単語829語以前からあるネット規制に関する通告ですが、どのようにも適用できる、当局にとって都合のいい言い掛かりの極致ですね。

哪些属于违法和不良信息;
(2006年09月27日 来源:举报工作部)
违法信息是指违背《中华人民共和国宪法》和《全国人大常委会关于维护互联网安全的决定》、《互联网信息服务管理办法》所明文严禁的信息以及其它法律法规明文禁止传播的各类信息。

《互联网信息服务管理办法》所严禁的九类信息是:
(一)反对宪法所确定的基本原则的;
(二)危害国家安全,泄露国家秘密,颠覆国家政权,破坏国家统一的;
(三)损害国家荣誉和利益的;
(四)煽动民族仇恨、民族歧视,破坏民族团结的;
(五)破坏国家宗教政策,宣扬邪教和封建迷信的;
(六)散布谣言,扰乱社会秩序,破坏社会稳定的;
(七)散布淫秽、色情、赌博、暴力、凶杀、恐怖或者教唆犯罪的;
(八)侮辱或者诽谤他人,侵害他人合法权益的;
(九)含有法律、行政法规禁止的其它内容的。
不良信息是指违背社会主义精神文明建设要求、违背中华民族优良文化传统与习惯以及其它违背社会公德的各类信息,包括文字、图片、音视频等等。
[PR]