■ 中国の威嚇(ヤカラ)

2013/1128;
自衛隊機も海上保安庁の航空機も、通常巡回ルートとして問題空域を飛行しています。事前に中国へ通告なんぞしていません。

2013/11/27;
米国防総省は、中国が東シナ海上空に設定した防空識別圏を認めず、中国の要求には応じないと言ってますよ。
米国は識別圏を飛行する際、中国に飛行計画を提出せず、無線周波数などを認識させることもしない。米軍機は中国が求める措置を一切取ることなく飛行すると強調しています。
さらには、米軍は日本などの同盟国との軍事行動も含め、行動を変更するつもりはない。われわれは常に自衛能力を保持していると警告しました。

更に、中国が防空識別圏に設定した東シナ海の空域を、26日に米軍戦略爆撃機が中国への事前通告なしに飛行したことも発表しています。
米国防総省は同域を国際空域とみなしており、米軍機はこれまで同様、中国に飛行計画を事前提出せずに飛行すると明言しています。

日本も26日、「日本の意思を示すために官民が協力することが重要だ」とし、航空各社に対して中国に対する飛行計画書の提出を撤回するよう要請し。乗客の安全確保を理由に中国に対して飛行計画書を提出していた航空各社も政府の要請を受けて提出しないことに決定しました。

そんななか、中国大手検索サイト(百度)で「もしもわが国が日本に核兵器を使用したら?」というアンケートが出現。
ネットユーザーの意見で比較的多かったのは、「世界中の国から非難される」「第三次世界大戦が起きる」「核戦争になって人類が滅びる」などの常識的な回答が多数を占めましたが、一方では、「世界各国からの敬慕を受ける」「中国は日本を取り戻すべきだ。日本は中国固有の領土なのだから!」という主張もありました。

環球時報のアンケート調査によれば、中国が防空識別圏を設置した原因について84.1%が「国際慣例に従い、本国の空域の安全を守るため」と回答したほか、「日米などの航空機による中国沿海への接近、偵察を防ぐため」との回答が70.2%、「日本の釣魚島空域における軍事的優位を打破するため」が67.2%に達したそうです。
今回の防空識別圏設置によって53.6%が「軍事的均衡が破れ、中国にとってより有利となる」と、39.5%が「日中間の空中、海上の軍事バランスが均整化され、情勢がより安定する」とそれぞれ回答したことを挙げ、両者を合わせて9割が釣魚島の情勢にとって有利と回答したそうです。
記事はさらに、中国国内の軍事専門家が「中国の市民が今回の措置に対して潜在的な賛同の意を示したことが明らかになった。その背景には大国としての自信、政府や軍に対する信頼がある」と今回のアンケート結果を分析したことを紹介しているそうです。
かつての日本が太平洋戦争に至った折の戦時高揚を彷彿とさせますね。
国際的に非難され、孤立して(北朝鮮とパキスタンと中国の三国同盟)、日米その他の連合軍に屈服し、中国の分割統治を経て新生中国が始まるならば、まるで日本の敗戦時と同じになるやもしれませんね。


2013/11/25
ステルス性能を備えた中国製無人航空機。名称は「利剣(Lijian)です。
e0094583_2111322.jpg


領空侵犯した無人機が警告に従わない場合、撃墜を含めた強制措置を取る方針を日本政府が固めたことについて、同措置が中国機に取られた場合、「一種の戦争行為であり、われわれは果断な措置で反撃する」と中国国防部が言ってます。反撃に伴う一切の結果は「始めた方が負う」と全面的に日本側の責任となることを指摘し、「中国軍が領土主権を守る固い意志と決心を軽く見るべきでない」と日本側を威嚇。
本日(11月26日)の中国軍機関紙、解放軍報によると、日米両国が中国の防空識別圏設定を強く批判したことについて「国家主権を守ろうとする中国軍の決意を見くびってはいけない」と警告する社説を掲載しました。
それによると、防空識別圏の設定にはどの国の許可もいらず「大国の顔色をうかがう必要はない」とのことです。

中国が東シナ海で防空識別圏を設置し、圏内を飛行する場合には、事前に飛行計画を中国外務省または航空当局に提出する義務を負い、中国国防部の指示に従わなければならないと言っています。この空域で監視を行う航空自衛隊や在日米軍にも、中国側からすればその要求を突き付けることになりますが、日米両国は今後も中国の一方的なこの防空識別圏を無視し、当然これまで通りの活動を続けるでしょう。
その場合、中国空軍が何らかのアクションを起こせば武力衝突に至るでしょうが、断固として対抗することを切に望みます。

中国国防部のスポークスマンは、まるで嘗ての日本軍の大本営発表を彷彿とさせますね。これぞ軍国主義ですね。天に向かって唾するとはこのことでしょうか。
四の五の言うなとか見くびるなとかの言葉は、まるでヤカラですね。国を代表する者が発すべき言葉ではありませんね。中国とはそんな国です。

今年8月公開の「光栄使命」というシューティングゲームがあります。
尖閣諸島で自衛隊員を狙撃していくという過激なものです。
このゲームはそもそも人民解放軍と民間企業が2011年に共同開発したもので、当初は兵士の教材用でしたが、ネットワークゲームとして公開されました
「釣魚島(尖閣諸島)を防衛せよ」というミッションで、プレイヤーが尖閣諸島に侵入し、次々と自衛隊員を狙撃するという内容です。狙撃された自衛隊員はうめき声を上げて倒れていきます。その都度、画面に旭日旗と隊員名が表示されます。
今年7月に上海で開かれたゲームショー「China Joy」でも試作版が披露されました。
軍が関わって製作されたということでも、中国が好戦的であることを証明しています。
日本の右傾、軍国主義復活断固阻止!と吠えている中国は、まさに言行不一致ですね。
e0094583_1830043.jpg


e0094583_1832438.jpg森詠の小説「日中世界大戦」は、なかなかに読みごたえがありました。
中国が最新空母艦隊を尖閣諸島、与那国、西表島、石垣島に派遣し、琉球諸島を軍事占領します。
これに対し日本は陸海空三軍を投入、中国と戦闘状態に入ります。
初戦の琉球諸島戦争で自衛隊に敗北した中国軍は第一空母打撃群を出撃させ、第二次琉球海戦が勃発します。対する自衛隊は第一列島線を封鎖し中国機動艦隊を迎撃、攻撃型空母二隻を建造し、空母連合艦隊を誕生させます
二隻の攻撃型空母を擁する日本連合艦隊は、ジブラルタル海峡を抜けアフリカ大陸沖を南下、喜望峰を廻って日本に回航。それを待ち受ける中国海軍は包囲網を作り迎撃。
この小説にはアセアン諸国と台湾が日本と共同して中国に対抗し、チベットやウイグルの人々とも連携して中国と戦う図式があります。
さて、日中の関係はどうなるのでしょうか?
中国語を専攻し、中国に長年にわたって居住・往来した私にとっては目が離せない状況ですが・・・


中华人民共和国东海防空识别区航空器识别规则公告;
一、位于中华人民共和国东海防空识别区(以下简称东海防空识别区)飞行的航空器,必须遵守本规则。
二、位于东海防空识别区飞行的航空器,必须提供以下识别方式:
(一)飞行计划识别。位于东海防空识别区飞行的航空器,应当向中华人民共和国外交部或民用航空局 通报飞行计划。
(二)无线电识别。位于东海防空识别区飞行的航空器,必须开启并保持双向无线电通信联系,及时准 确回答东海防空识别区管理机构或其授权单位的识别询问。
(三)应答机识别。位于东海防空识别区飞行的航空器,配有二次雷达应答机的应当全程开启。
(四)标志识别。位于东海防空识别区飞行的航空器,必须按照有关国际公约规定,明晰标示国籍和登 记识别标志。
三、位于东海防空识别区飞行的航空器,应当服从东海防空识别区管理机构或其授权单位的指令。对不配合识别或者拒不服从指令的航空器,中国武装力量将采取防御性紧急处置措施。
四、东海防空识别区管理机构是中华人民共和国国防部。
五、本规则由中华人民共和国国防部负责解释。
六、本规则自2013年11月23日10时起施行。

国防部新闻发言人杨宇军就日美关于我划设东海防空识别区有关表态
答记者问
新华社北京11月24日电 国防部新闻发言人杨宇军24日就日美关于我划设东海防空识别区有关表态答记者问。

有记者问,中国政府11月23日宣布划设东海防空识别区后,日方称不能接受该防空识别区覆盖钓鱼岛,已向中方提出交涉。请问对此有何评论?
杨宇军说,日方的言论是毫无道理的,中方对此完全不接受。中国国防部外事办公室23日晚已向日本驻华使馆武官处提出严正交涉。东海防空识别区公布后,我们已经通过多种方式阐明了中方在这一问题上的政策立场。我们重申,中方有关做法的目的是捍卫国家主权和领土领空安全,维护空中飞行秩序,是有效行使自卫权的必要措施,符合《联合国宪章》等国际法和国际惯例,是完全正当和无可非议的。日本早在上世纪60年代末就设立了防空识别区,日方无权对中国划设东海防空识别区说三道四。
杨宇军说,钓鱼岛是中国固有领土,中方维护钓鱼岛主权的决心和意志坚定不移。近年来,日方以进入本国防空识别区为由,频繁出动军机跟踪监视在东海上空正常训练、巡逻的中方飞机,严重妨碍飞越自由,极易引发安全事故和意外事件。日本官方还利用媒体恶意炒作中方的正常合法飞行,企图混淆视听,制造对抗情绪。事实证明,制造地区紧张局势的正是日本自己。
我们强烈要求日方停止一切损害中国领土主权的行为,停止发表误导国际舆论、制造地区紧张气氛的不负责任言论。

有记者问,东海防空识别区公布后,美国国防部等表示关切。请问中方对此有何评论?
杨宇军说,中国国防部外事办公室24日晚就美方有关错误言论向美驻华使馆武官处提出严正交涉。中国政府划设东海防空识别区,是完全正当和无可非议的。上世纪50年代以来,包括美国在内的20余个国家设立了防空识别区。美方现在对中方划设东海防空识别区提出指责甚至反对,这完全是没有道理的。
他说,钓鱼岛及其附属岛屿是中国固有领土。中方坚定捍卫钓鱼岛的领土主权。当前钓鱼岛局势完全是日方错误行径造成的。美方应在钓鱼岛主权问题上切实做到不选边站队,不再发表不当言论,不释放可能助长日本冒险性的错误信号。
杨宇军说,我们敦促美方切实尊重中国的国家安全,停止对中方划设东海防空识别区的正当行为说三道四,为亚太地区和平稳定做出实实在在的努力。

[PR]