■ 男性用小便器

手洗い器の付いた男性用小便器が昨年12月、エコプロダクツ大賞エコサービス部門の優秀賞を受賞しました。これは西日本高速道路会社とTOTOの共同開発によるもので、手洗い水を便器の洗浄に再利用する節水機能が評価されたようです。
普通、小便器は洗浄に水1~2リットルを使うところ、この手洗い付き小便器は15%ほど少なくすむそうです。2012年11月から大分自動車道の山田サービスエリア(SA)、13年4月から名神高速の大津SAで導入。見た目の面白さもあり、ネットで「アイデアに感動した」と話題に。
西日本高速は、各地で手洗い付き小便器を便器の更新時に増やす考えだそうです。「洗面台が減り、トイレをゆったりつくれるかも」。

去年12月,一款上端配有洗手池的男性小便器获得了环保制作大奖环保服务类的优胜奖。这款小便池由西日本高速公路公司和厨卫陶器制造商TOTO共同开发。洗手水被循环再利用到冲洗厕所的节水功能获得了广泛好评。
一般的小便池每次冲洗需要1~2升水,而这种新型小便池的用水量比传统的用水量少15%,从2012年11月开始,日本大分县高速公路山田段服务区开始投入使用,2013年4月名神高速的大津服务站也开始使用该便池。该便池在网上也引起了热议,“外表看上去就很有意思,被这个创意所打动”等等好评如潮。
西日本高速公路正考虑在各地增设此款便池。“减少盥洗台,让洗手间看起来更宽敞”。

e0094583_16551691.jpg

[PR]
by officemei | 2014-01-08 16:56 | ■日本