■ 中国軍を阻止せよ!

中国軍を阻止せよ! (二見文庫、ラリー・ボンド (著), 伏見 威蕃 (翻訳) という本があります。
e0094583_14211713.jpg
e0094583_1420414.jpg

原作は以下のような本です。
e0094583_1422810.jpg


あらすじ;
日本を中心とした「沿岸同盟」の動きを察知した中国は反撃に転じ、ついに同盟国各都市へのミサイル発射を決断する。同盟本部のある東京では中国が放ったミサイルが次つぎと都心部で爆発していた。ソウル、台北、マニラにも着弾、一方で南シナ海、東シナ海、黄海が戦場になっていく。不干渉の立場を取っていたアメリカだが、戦いをやめさせるために潜水艦4隻にある指令を出す、それは…。最終局面を迎えた戦闘の行方は?戦争小説の傑作、いよいよ怒涛の結末へ!

最近のニュースでは、ベトナムでの中国の侵略行為、これに抗議する反中暴動。
このような状況下で上述の小説を読むと、益々不快感を覚えます。
小説とは言え、実にリアル・・・
[PR]