■ 228

一年間の服喪も終わり、今日から再開します。
この一年、色々なことがありました。
先ず一番は上海から台北に視点を変えました。
長いつきあいの中国におさらばしました。
余生を第二の故郷・台湾に傾注します。
やっと、やっとこの日が来たという思いです。

さて、再開の最初の記事は228です。
1947年2月28日に台北で発生し、その後台湾全土に広がった二・二八事件。国民党政権による台湾人弾圧事件です。
過日、南京西路を延平北路に向けて歩いていて、偶然「二二八事件引爆地」碑を見つけました。ここから起こったのかという感慨深い思いでした。228事件は台湾人にとって悲しく苦しい弾圧恐怖政治の始まりを意味しました。
42年前、台北の葉さん宅に居候していました。
私と同い年でした。
嘉義出身の本省人で、お母さんは今も健在です。日本語が話せます。
当時ははっきりとした区別、つまり本省人と外省人の「族群問題」がありました。
今でも多少は残っているようです。
台湾に魅せられて40余年、私も葉さんも孫をもつ身になってしまいました・・・
e0094583_17255842.jpg
e0094583_17261814.jpg
e0094583_17264317.jpg
e0094583_17265939.jpg

[PR]