■時速430km

e0094583_17212955.gif

e0094583_1233528.jpg

上海磁浮列車(リニアモーターカー)は浦東国際空港から龍陽路駅までの約30キロを10分弱で走る。



最高時速は430キロだが、距離が短いので出発初動から加速・減速、到着停止までの時間を引くと、430キロの時速を維持するのはほんの2,3分だ。
停車位置が多少ずれること、駅員が搭乗口付近にいるにもかかわらず何も指示しないこと、列は乱れ平気で割り込む乗車マナーの悪いことを我慢すれば、乗り心地は上々だ。(けっこう揺れるが) 片道50元。
こいつに乗って、龍陽路駅で降りて今度は地下鉄に乗り換え中心街に向かうと、1時間以内に必ず到着できる。
一方、空港からタクシーに乗れば150元前後かかる。普通なら1時間くらいで着くが、渋滞だと時間は読めない。同じく時間はタクシーとさほど変わらないが、バスなら19元で静安寺ターミナルまで行ってくれるので、そこから又別の交通手段に乗り換える。

そう考えると時間が読める点では「磁浮」が一番いいのかもしれない。但し荷物が多くなければ。

で、結局空港から直接棲家まで帰るなら、煩わしさを避ける為にタクシー。
どこかで街なかでおりるなら「磁浮」と地下鉄。そんなふうに利用している。
e0094583_17584342.jpg
e0094583_17585479.jpg
e0094583_175989.jpg
e0094583_17592244.jpg
e0094583_17593077.jpg

列車火災の記事;
[PR]
by officemei | 2007-12-15 06:04 | ■上海