■内蒙古から福建へ

06/10/21 福清にて
午後、雹がふってきた。
内蒙古フフホト。
「明日はもっと寒くなります」白教授は灰色の空をみつめて断定した。
白教授は素晴らしく流暢な日本語を話す。
知りあってから3年になるが、なんの違和感もなく、自然に日本語で会話できる稀有な存在だ。
モンゴルの風習、文化人類学の一端をいつも面白おかしく説いてくれる。
「モンゴルでは、親しくなるとなんでもお互い共有します。俺のものはお前のもの。お前のものは俺のもの。一番大切なもの、奥さんでも・・・ははは」

私の学生で、日本留学中のモンゴルの娘、ボリルの父親が遥か黒龍江省境のまちから会いに来てくれた。フフホト在住の彼女の伯父夫婦と白教授、私の5人でモンゴル料理を食す。
e0094583_2064195.jpg
(羊のスペアリブ)
e0094583_2071071.jpg
(粟とラード・ヨーグルト・砂糖をかき混ぜる)

今回のフフホトは僅か15時間ほどの滞在。
フフホト=北京経由=福州のフライト、半日かけて北から南への大移動。
気温3度のフフホト、パッチを穿いて長袖シャツにセーター・コート姿。
北京でコートを脱ぎ、福州ではセーターどころか長袖シャツも脱ぎたくなった。
気温28度の福州、Tシャツ・ノースリーブの人が行き交う。私は夜の空港で汗だく状態。

空港から福清に向けて約1時間。
おんぼろタクシーにでこぼこ道路を時速100キロのスピード。
暗い道を揺られ揺られてホテルチェックインが0:00を過ぎた。
ぐったりだ。
[PR]
by officemei | 2006-10-24 09:37 | ■内蒙古