■虫を食す

e0094583_1559350.jpg
アジア開発銀行は、中国における食中毒発生患者数が、少なくとも年間3億人に達するという調査を発表。

蔓延する食中毒が、社会的・経済的に多大な被害もたらす可能性があると警告した。

私は以前バリ島で一度、半生のロブスターを食し七転八倒したことがある。日本で生牡蠣に中って数日苦しんだこともあった。



e0094583_15593020.jpg
長い期間(30余年)中国に係わってきたが、幸いにして一度たりとも食中毒に罹ったことはない。
汚染された野菜や食用油の不純、肉や魚の鮮度といった面で、確かに怖ろしいものがあるにはあるが、幸いにも一流料理店から屋台、露天、果てはゲテモノまで食したが今のところ生きている。


自分なりには、明らかに不衛生(と言っても感性に個人差ある)なところは敬遠している筈だが、知人から言わせると、私はけっこうエグイ所も厭わないらしい。
e0094583_1525042.jpg

e0094583_15251433.jpg


北京王府井の屋台で蠍のカバブを売っていた。
滋養強壮? 味はイマイチ。


[PR]
by officemei | 2008-01-22 15:56 | ■北京