■「あけおめ」メール

サーチナ 2007/02/19
通信会社14億元の「発財」
日本でも若者を中心に「あけおめ(明けましておめでとう)」メールなどと呼ばれて定着した携帯を利用した年賀メールが、中国でも大流行だ。中国の大手通信キャリアの中国移動、中国聯通などは18日までに、2007年の春節(旧正月)時期は携帯電話のSMS(ショート・メッセージ・サービス)を利用した年賀メールが前年比11.1%増の140億通になるとの見通しを明らかにした。

1通当たり最低0.1元の料金で、14億元の売り上げが転がり込む計算になる。中国では日本語の「おめでとう」に相当する決まり文句として「恭喜発財(ゴンシー・ファーツァイ)」をよく使う。原義は「うんと儲けてください!」の意だが、真っ先に「発財」の恩恵にあずかったのは関連業界ということになりそうだ。

中国では06年、携帯電話の契約件数が前年より564万件増え4.6億件、普及率は35.3%に達した。SMSを利用したメールは通年で4296億通だった。SMSは速くて便利な通信手段として完全に定着しており、07年も利用が更に増えることが確実視されている。
e0094583_14314436.jpg


青年报 2007/02/19

上海市民除夕平均收发短信32条 共达5.746亿条
春节期间发送祝福短信再次成为市民首选的拜年问候方式,昨天,记者从移动和联通获悉,今年除夕当天本市短信发送量再次创出新高,共达5.746亿条,相当于市民每人收发了32条短信。

记者从上海联通获悉,除夕全天上海联通手机用户共收发短信1.146亿条,而去年除夕的短信收发量为1.04亿条。上海移动反馈的数据显示,除夕当天,上海移动用户短信流量达到了4.6亿条,较去年增加58%,峰值出现在当晚春节联欢晚会前的一个小时,单个小时的短信量为4663万条,较去年同期增长70%。另外,记者还了解到,今年彩信量也有所突破,当天彩信量为219万条,国际短信当天共有51万条。

记者还从上海移动了解到,除夕当天话务量较去年同期增长85%,长途话务最高时较去年增长74%。据透露,包括务工人员留在上海过年,以及市民出游人数的增加等因素,上海至四川、重庆、陕西、云南等方向的长途话务量较平时增长超过了100%。

春节全国手机短信发送量有望达140亿条
据中国移动、中国联通两大移动运营商相关统计人员估算,春节假期全国手机短信发送量预计达140亿条,上年的这一数字为126亿条。

信息产业部统计显示,2006年,全国手机短信发送量超过4296亿条,日均发送短信接近12亿条。以每条短信最低0.1元计算,两大移动运营商每天的短信收入过1亿元。而节日又是短信的频繁发送时期,每年春节假期,平均每天的短信发送量都有翻番趋势。

手机普及率的提高,使越来越多的人习惯于使用短信这一便利的交流方式。2006年,全国手机用户月均增长近564万户,手机用户总量超过4.6亿户,手机普及率达到35.3%。无论在节日还是平时,短信已经成为手机用户沟通信息、传递情感的最快捷的途径之一。
[PR]