■探訪最後的中正紀念堂

e0094583_2156872.jpg

台湾の故蒋介石元総統を偲んで建てられた「中正紀念堂」の名称が、21日に「台湾民主紀念館」と変更された。「中正」は、蒋介石の本名。

国民党(現・最大野党)の政権奪回を阻むために、陳水扁総統は蒋元総統の威光を排除する動きを強めており、今回の名称変更もその一環だが、国民党や蒋元総統の遺族は激しく反発している。

「中正紀念堂」は元総統の死去後、1980年に完成し一般公開されている。
内部には元総統の大きな銅像が鎮座。
観光名所としてツアーには必ず組み入れられている。

陳政権は昨年、元総統の名前を冠した「中正国際空港」を「台湾桃園国際空港」と改名。
肖像が描かれている200台湾ドル(約700円)のデザインの変更を提案するなど、「脱蒋介石」の動きを進めてきた。

さらに今年は、元総統時代の国民党政権が台湾住民を武力弾圧した「2.28事件」(1947年)から60周年に当たることから、陳総統は「蒋元総統が事件の元凶」と名指しで批判した。

これに対し元総統の孫で、国民党の有力者でもある蒋孝厳・立法委員(国会議員)は激しく怒り、「元凶」発言に対し、謝罪と1台湾ドル(約3.5円)の損害賠償を求め、提訴する事態に発展している。

陳総統は、今回の紀念堂の名称変更について「独裁者に神の座から降りてもらった。個人崇拝は民主化された今の時代にそぐわない」と説明。一方、国民党の次期総統選候補、馬英九・前主席は「名称変更の動機をみんなが疑っている」と批判している。








e0094583_1742534.gif台灣行政院9日已經廢除了《中正紀念堂組織條例》,“中正紀念堂”隨即將走入歷史,正式更名為“台灣民主紀念館”。

e0094583_1935100.jpg本已淡忘的人與物,被當局這一鬧,反而橫亙在前。

坐東朝西遙望大陸
中正紀念堂坐落在台北市中心黃金路段,是1975年為紀念蔣中正(蔣中正,字介石)而興建的。

早期,大多數到中正紀念堂的人,一般都是到紀念堂主體內去看蔣中正銅像,並參觀蔣中正遺留下來的文物。

高6米的蔣中正銅像,重21噸,銅像背後的大理石墻上,刻著“倫理、民主、科學”六字。銅像兩側陸軍儀仗隊每小時一次的交接儀式,已經成為觀光客必看的節目。

而文物陳列櫃裏,放置著蔣中正不同年代的“中國國民黨黨員證”,編號 “00001”。

不知從何時開始,台灣普通民眾去中正紀念堂的目的,不再是去找尋故往的政治痕跡。

興建時所賦予的政治使命,也逐漸為後人所淡忘。甚至連政治色彩很強的“中正紀念堂”,也被熱衷於在此約會的年輕人改稱為“中正廟”。

在中山南路的正牌樓上,書有“大中至正”四字,這也是“蔣中正”一名的含義。我是從信義路的側牌樓“大忠門”進去的。沿著樹蔭底下走著,一道圍墻區隔著墻內墻外不同的世界。墻外車水馬龍,墻內則如同公園,沸沸颺颺的拆除圍墻、改名的政治戲碼,似乎沒影響到普通人的日常休閒。

近二十年來,這個地方已逐漸轉變為假日休閒、活動聚會及婚紗攝影的公園綠地。中正紀念堂也是台北元宵燈會長期的主場地,更是民眾遊行示威抗議的好地點。

繞過紀念堂的主建築物,接著又往兩廳院前的池塘走去,和之前樹蔭下的場景不同的是,之前大多為老年人,池塘兩邊則多為來此小憩的帶著幼兒的父母們。

e0094583_1951983.jpg我想大多數的民眾早已不記得這座建築物的精神及特色,但拜近日的紛擾所賜,媒體強力報道下,又喚回大夥對它的過往回憶。

原來,正面階梯的89級階梯數,隱含蔣中正去世時享年89歲;
原來,外墻的白與鬥拱屋頂的藍,源自國民黨的黨徽“青天白日”;
原來,雙重屋檐乃屬“復檐”,暗示著蔣中正“復興中華”及“光復大陸”兩個目標;
當局“去蔣化”的本意是要抹去所有蔣中正的痕跡,但當局這一鬧,原本被眾人淡忘的人與物,卻又橫亙在前,逼得民眾再去憶起這已不具任何政治意義的公園綠地,原來隱含這麼多政治語言。
[PR]
by officemei | 2007-05-23 06:38 | ■台灣