■やらせ報道

北京市内の露店で使用済み段ボール紙と豚肉を混ぜた具を包んだ肉まんが販売されていたとされる問題で、これを「スクープ報道」した北京テレビは18日夜のニュース番組の中で、「やらせ報道」だったことを認め、「悪質であり、社会的影響を与えた」として視聴者に謝罪した。

中国食品の安全性が世界的に問題視される中、「段ボール肉まん」が販売されていたとの報道は、日本のメディアや米CNNなどで大きく伝えられ、懸念をさらに高めた。だが、中国の首都のテレビ局によるねつ造と分かったことで、中国マスコミのモラルも問われることになりそうだ。

同夜のニュースによると、調査の結果、テレビ局のアルバイトがひき肉と小麦粉、段ボール紙を自ら持ち込んだうえ、出稼ぎ労働者4人に「段ボール肉まん」を作るよう指示。自らビデオカメラで様子を撮影していたことがわかった。

北京テレビの“特ダネ報道”では、露店主は段ボール紙を劇物のカセイソーダ(水酸化ナトリウム)の溶液に浸し、さらに煮込んで柔らかくした上で豚肉と混ぜ、段ボール紙6、豚肉4の比率で肉まんの中身にしていたという。

警察当局やテレビ局が調査を進めた結果、「やらせ」が判明した。警察はこのアルバイトの身柄を拘束し、関係者を厳重に処分すると約束した。(毎日新聞より)

北京電視台日前報導一則,用紙箱子作包子的新聞,當時引起了一陣軒然大波,不但當地媒體爭相報導,也引起國際媒體重視,結果在查證後,發現這竟然只是新聞競爭之下的一則假新聞。

日前北京電視台記者所作的紙包子新聞,當時可是引起國際轟動。
北京電視台記者:您這包子裡面,包那個吃了特硬的是什麼東西?演員:那是那個廢紙箱子,在大鍋裡熬的,熬了包在包子裡記者:這個東西蒸熟能吃得出來嗎?演員:一般不容易吃出來。

這還得了,連包子都是廢紙做出來的黑心貨,那可真是讓人開了眼界,所以這則新聞,不只震撼中國也讓國際媒體爭相報導,甚至引來了公安部門介入,還組成專案組全力追查,在經過一個禮拜的明查暗訪後才發現,原來這所謂的紙包子,竟然是北京電視台記者虛構的,從包子攤販到製作流程,全都是記者自己想出來的鬼點子,這些賣包子的人全都是記者安排的演員,他們逼真演出加上以偷拍手法,讓觀眾誤以為真,而這一切,全都是為了衝高新聞的收視率。

其實一直以來,中國的黑心食品充斥街頭,也讓相關的新聞成了收視率的保證,從便宜的黑心鴨蛋、黑心燒烤到黑心燕窩,全都引起中國民眾一連串的討論,也因此讓中國電視台的記者,都在挖掘黑心食品新聞,在強大競爭壓力之下,才會產生紙包子新聞,北京電視台為此還公開道歉,至於造假的記者則是被警方拘捕。
[PR]
by officemei | 2007-07-19 06:14 | ■北京