■京都の夏・祇園祭

長州尊皇攘夷派が集結し謀議をしていた旅籠・池田屋に新撰組が襲撃をかけた。
近藤勇、沖田総司、永倉新八、藤堂平助の4名が先ず斬りこんだ。
元治元年6月5日(旧暦)は、1864年7月8日にあたる。

京都三条木屋町界隈にも、当夜、祇園囃子が聞こえていたのだろうか。

7月、とある会議に出席のため、久しぶりに京都へ。
京都には深い思い入れがある。

私は昭和45年の夏から秋にかけて、高校同期の仲間の下宿に居候をしていた。
糾の森の北、閑静な住宅街。
そこから出町柳まで出て、鴨川畔を四条まで歩き、南座近くにあった製氷店でバイトをした。

大きな氷塊をお茶屋、料亭に持って行く。
これはきつい仕事だった。
真夏の京都、汗だくの日々。

7月の祇園祭、8月の大文字送り火。
丸太町の電器屋に下宿していた彼女。
鴨川畔荒神口辺りの光景は今も心の奥底に生きている。

青春の蹉跌・・・

既に市電はなくなり、地下鉄が走る。
京都のまちはあの頃と大きく変わったが、コンコンチキチンの祇園囃子は今も健在だ。




[PR]
by officemei | 2007-07-19 07:18 | ■日本