■北京オリンピック・カウントダウン

・・・・・・・・縁起のいい数字は中国文化において重要な意味を持っている。
たとえば、北京の紫禁城には9999の部屋がある。
数合わせは家、電話番号、または誕生日の選択にさえ影響を及ぼしている。

偶数は奇数よりもラッキーだ。
2は調和を、6は順調な進歩を示している。
「死」と同音異義語の4は不運で、一桁で最高の9は長寿を意味する。
しかし、他のどれよりも幸運とされているのは、8である。

「数字の8の発音は広東語で財産と繁栄を意味する“faat”に似ている」と、清華大学中国言語文化センターの教授が言っていた。

2008年の北京オリンピックが8月8日現地時間8時に開会するのは、もちろん偶然ではない。

現在の数字に関する迷信は中国南部を起源としているが、それが北部でも影響力を持っている証拠はたくさんある。

北京では、8を多く含む電話番号を獲得するのに特別料金が支払われている。
アパートでは8階の部屋が人気だ。4階は、少なくとも名前においては、めったに存在しない。
西洋人と中国人の両方を集めようと設計された団地では、しばしば4、13、14階が存在しない。

中国の妊婦たちは、子どもに幸運な生年月日を授けるため、帝王切開を行う日を慎重に選ぶことで知られている。

さらに南に移動して香港では、ビジネスマンたちが特別な車の登録ナンバーに莫大な金額を支払っている。90年代には数字の8のナンバープレートを500万香港ドルで買った者もいた・・・・・・・・


さて、
全世界が注目している北京オリンピック。
大いに期待する反面、ホントにうまくやれるのだろうかという不安感もある。

オリンピックは中国にとってまさに晴れ舞台。
メンツ(面子)に拘る中国人はこの晴れ舞台を成功させないと格好がつかない。

ハード面では国家威信をかけてやり遂げるだろうが、ソフト面、特にマナーは「世界標準」をクリアできるとは思えない。

整然とした交通機関の乗降車、譲り合い、順番に並んで出入りする、携帯のスイッチオフや大声でしゃべらない、立ったままで飲食しない、ゴミを捨てない、痰を吐かない、ものを売りつけない、地べたに座らない・・・

現実は、割り込み、所構わぬ喫煙や痰吐き、ゴミのポイ捨て、執拗な路上での売り込み、公共スペースや乗り物内での携帯電話と大声でのおしゃべり、乞食やダフ屋のたかり等々・・・外国人の多くが不快感を抱くのは当然ではある。

対戦国の国歌演奏に起立せずブーイング。選手に対する下品なヤジ、罵声・・・
とりわけ「君が代」に対してオリンピックではどう反応するのだろうか???
2004年アジアカップ決勝戦では暴徒化。
つい1週間前のサッカーU-22でも偏狭な愛国心を対日本戦で演じている。

もしもあと一年でこんな日常的な風景を一掃出来るなら、それこそ社会主義国家の真骨頂だ。
長い時間をかけて教育が遍く行きわたり、強制されなくても自然に振舞える、といった情景ではなく、強圧的な権力によって従わせる、少なくともオリンピックが終わるまで。


まちには「迎奥運、講文明、樹新風(五輪を迎え、文化を重視し、新しい気風を打ち立てよう)」のスローガンがあふれる。

2007/08/08 TBS NEWS;


北京奧運會倒計時一周年慶祝活動
8月8日,位於天安門廣場的倒計時牌顯示距北京奧運會開幕還有366天。
當晚,北京2008年奧運會倒計時一周年慶祝活動在天安門廣場舉行。
e0094583_1135222.jpg

姚明;
e0094583_1136016.jpg

成龍;
e0094583_11361287.jpg


e0094583_11363216.jpg



e0094583_194757.gif人們一方面期望北京能辦出一屆特色奧運,但同時也在擔心北京是否真的能把這樣一個盛會辦好。

不容否認,北京市在一些方面的表現與人們心目中的奧運主辦城市仍有一段距離。

當然,主辦奧運這樣一個世界性體壇盛會,從興建場館、賽事安排、票務銷售以至運動員的食宿交通,都非要由政府出面協助組織不行,而這顯然是一項極其龐大複雜的工程。

但是,可以相信,這些“硬件”上的挑戰,難不倒北京奧組委,中國要集中人力物力打一場“殲滅戰”的能力從來都是不必懷疑的。

那麼,08京奧目前最需要關注或擔心的是什麼呢?

我想我們更關心的是,如何使城市的文明程度和市民的文明質素能夠更加適合辦好奧運會。

一個城市特別是首善之區,要提高市民文明質素,建立良好的城市形象,不是一朝一夕可以一蹴即至,也不能僅靠宣傳“迎奧運、講文明、樹新風”等標語口號就可以奏效。

只有從公民教育和法治做起,切實提高市民的道德文化水平和守法觀念,才能取得較大改變。
[PR]
by officemei | 2007-08-09 07:53 | ■北京