■旧北投温泉公共浴場



北投温泉博物館」の前身は、北投温泉公共浴場。
伊豆山温泉を参考に、ヴィクトリア調様式と和の様式を混在させ、1913年に建てられた。
e0094583_13482196.jpg

大浴場は当時の東アジアにおいて最大の規模で、ローマやトルコの浴場を模し、多人数を収容するために、立って湯に浸かるようになっている。
入浴後の納涼・食事・休憩に使われた和室大広間は、開放的で通風抜群。湯上りの身体に心地良さそうな風が入ってくる。
e0094583_1349405.jpg

門前にある和風東屋。
嘗ては浴場前の人力車待合い所として、或いは地獄谷見物客の休憩所として使われていた。
e0094583_13485963.jpg

ここには台湾統治時代の日本の雰囲気が色濃く残っている。


1913年當時的台北州廳為了要提升一般民眾享用高品質的溫泉,運用了公共衛生經費五萬六千餘元,仿照日本靜岡縣伊豆山溫泉的方式,興建了這一座公共溫泉浴場,文獻記載是當時東亞最大的溫泉浴場,可說是北投溫泉發展史上極重要的代表性建築。
e0094583_13512345.jpg
e0094583_13514123.jpg
e0094583_13515779.jpg

由於當時的日本受西風影響甚大,因此這一座溫泉浴場採東洋和西洋混合的建築形式,大門口的圓柱是希臘式的多里克柱式,一樓的大浴場,鑲嵌著天鵝圖案的彩繪玻璃,還有半圓形拱窗,具有濃厚的英國鄉村別墅風格,二樓外觀採雨淋板的木式結構,裡面是大型的榻榻米和室,並可作為宴客廳,建築規模最初即為兩層,入口處設在二樓,有涼亭、換鞋玄關,進入經樓梯下到一樓後有男女更衣室及個別的沐浴大池,重要的賓客則在南側設有獨立的浴室和休息間。
e0094583_13523427.jpg
e0094583_13525177.jpg
e0094583_1353652.jpg
e0094583_13532879.jpg
e0094583_13534929.jpg

浴場內最主要的是以服務男賓為主的大池,顯示當年泡湯的男女比例較為懸殊,圓拱列柱圍起的浴池與兩側牆上的鑲嵌彩色玻璃,提供了極為明亮華麗的沐浴氣氛。
e0094583_1354418.jpg
e0094583_1355120.jpg
e0094583_13552036.jpg
e0094583_13553868.jpg
e0094583_13555975.jpg
e0094583_1356246.jpg
e0094583_13565055.jpg


[PR]
by officemei | 2013-09-24 22:24 | ■台灣