■国籍表記について

e0094583_3534931.gif東京都の快挙!
2008年6月6日。
東京都が住民票の記載に「台湾」表記を認めた。
これは久々の快挙だ

国の公文書では、「一つの中国」という政府見解に基づき、「台湾」表記が認められていない。
2000年以降、住民基本台帳業務は自治体所管となったが、国名表記については国の方針に従い「中国」と表記されている。
今回、東京都の判断が、全国の区市町村に影響を与えるのは必至。

外国人登録証
我が国の入国管理局は外国人登録時に台湾人の国籍を「中国」と表記させている。
これに対する入国管理局の見解。
~台湾人の国籍「中国」は中華人民共和国を意味せず、台湾と大陸を含む広い意味の「中国」を指し、中国人の国籍「中国」は中華人民共和国を意味する~

この日本語はまったく理解できない。
何が言いたいのだろうか?
詭弁。

(例;台湾も江蘇も同じ中国籍)
e0094583_16114727.jpg
e0094583_1612092.jpg

台湾は中華人民共和国の支配下にないし、行政・立法・司法の三権も中華人民共和国のもとにはない。
いつの日か、中国に統一されるようなことになる?やもしれないが、現状では主権が及んでいない、まったく独立した台湾の形態だ。

世界的に台湾人の国籍は「台湾」或いは「中華民国」で、日本と中国だけが台湾人を中国国民と表記している。

我が国は中華人民共和国日本省なのか。
[PR]
by officemei | 2008-06-07 03:32 | ■日本