■台中縣大甲鎮と豊原

大甲鎮瀾宮(媽祖廟)は、台湾における民間信仰の拠点で、地元大甲地区はもとより、信者は台湾全島に及ぶ。
旧暦3月23日、媽祖の生誕日におこなわれる“媽祖遶境進香”は、百年以上の歴史を有し、台湾で最も歴史が長く、最も盛大な宗教活動の一つでもある。
大甲鎮瀾宮(大甲媽祖);
大甲鎮瀾宮(大甲媽祖);

台中縣大甲鎮は米とサツマイモの産地。
サツマイモの加工食品についてお聞きするため大甲鎮農會を訪問した。
e0094583_963448.jpg

e0094583_964821.jpg

さて、タイヤル族と漢族とのハーフとして生まれた徐若瑄。
豊原市はビビアン・スーの出身地だそうだ。

この豊原市は台中県最大のまちで、都市生活に必要なアイテムはほぼ揃っている地方都市と言えようか。

“廟東小吃”という屋台の集中した通りで軽く食事をした。
ここは「慈済宮」の東隣にできた屋台街で、夜ともなれば周辺地域から人が押し寄せる。
e0094583_9798.jpg

e0094583_972173.jpg


[PR]
by officemei | 2013-10-23 21:21 | ■台灣