■高雄・旗津

高雄は台湾最大のコンテナ港・高雄港を有する。
そもそも高雄は、“旗津”という名の砂州に保護された潟を持ち、古くから良港として知られていた。

昔、この地に原住民の集落タアカウ社があった。ターカウとは竹林を意味する。
やがて福建アモイ周辺から移民してきた漢族が、このターカウと呼ばれる集落に彼らの言葉・閩南語(現在の台湾語)の発音、“打狗”(台湾語ではターカウ)という字を当てる。

1895年、下関条約によって台湾が日本領となると、“打狗”は海軍基地として整備されていき、地名も“打狗”に発音が近い“高雄”に改称された。
そして戦後も“高雄”の地名はそのまま残り現在に至っている。

さて、その高雄の“旗津”について。
ここは高雄港を取り巻く砂州で、そもそも高雄港発祥の地。


南東部はコンテナ港になっており、トンネルで高雄市街につながっている。
北東部に港があって、高雄市街からはフェリーに乗って10分程度で着く。

明末清初より中国船が入港し発展、1860年の北京条約により対外的に開港、1862年には清の税関が設置された。
日本への割譲後、高雄で最初の学校“打狗公学校”(現・旗津国小)が設立されるなど、市内でも最も早くから開発が進んだ地域だ。
現在人口約30,000人、世帯数約10,000戸。
台湾の行政範囲では遠く“東沙諸島”“南沙諸島”もこの高雄市旗津区に含まれている。

のんびりしたまちの簡易食堂で朝食をとった。
「猪柳漢堡」(ポークハンバーガー)と豆乳。
この味は最高。
モスバやマクド(関東風にはモスやマック)は脱帽すべき!
e0094583_1054450.jpg

島内にはびっくりするほど天后宮など民間信仰の小さな祈祷所が目に付く。
どうしてこんなに多いのか、それは漁民のまちだからだろう。
航海の安全を祈るマソ信仰によるものだろう。

更に、屋上に「伝書鳩」の家を設置している戸建て民家の多いこと。
この地に愛好家が集まっているらしく、伝書鳩レースの国際大会がここ旗津でおこなわれているらしい。

最後にひとつ。
野良犬が目立った。
ひょっとすると高雄の旧名“打狗”は・・・いやいや時が離れすぎている・・・


[PR]
by officemei | 2008-10-01 09:25 | ■台灣