■アジアの代表

e0094583_2344413.gif“アテネの金メダリスト、中国人の誇りである劉翔が棄権”
テレビの実況中継を見ていた何億人もの中国人がその一瞬凍りついた。
e0094583_21121346.jpg

北島康介を日本の“劉翔”と呼び、朴泰桓を韓国の“劉翔”と呼ぶほど、アジア人で活躍した選手には“どこそこの劉翔”と冠するほどの存在だ。

ネットは“劉翔”に激しい罵詈雑言を浴びせる。
・「金儲け優先で、練習する時間が無かったから勝つ自信がなかったんだ。メダルがとれないと格好つかないから、敵前逃亡したんだ」
・「体調管理は基本中の基本」
・「負けるのが怖いから仮病を使った」
・「さっさと引退しろ」
・「姚明は怪我をおしてでも試合にでた。劉翔は逃げるのか」
・「国家が金をかけてお前を育て、金メダル獲得によって国民は名誉をお前に与えた。それを利用して、お前は広告で稼ぎまくった。そしてこの大切なときに、国民を裏切った。CM出演料のためにあちこと飛び回っていただけじゃないか」

野口みずきや土佐礼子をこれほど一斉に罵倒するような感性を日本人は持合せていない。一番悔しい、つらいのは選手自身だとみんな判っているからだ。

可愛さ余って憎さ百倍?(ちょっと違うなあ)
劉翔がこれほど非難されるのにはわけがある。
CM出演料は1億6000万元(約24億円)になるそうだ。
日中の所得差から考えれば、価値という面では恐らく数千億円に匹敵するだろうか。

高級外車に乗り、豪邸に住む彼の超セレブな生活も話題となった。
成り金。

稼ぎまくって、練習不足、体調管理の不徹底、挙句の果てに無様な棄権。

さらには、あの傲慢なキャラ。
実績があれば傲慢さも頼もしく映るが、不甲斐無いと手痛いバッシングを受ける。
アテネで金メダルを獲ったときに、「私はアジアの代表だが、その中に日本人は含まれない」と吼えた劉翔。

“アジアの代表・劉翔”は今後復活するのだろうか・・・
e0094583_211247100.jpg

[PR]