■HSBC

e0094583_18124863.gif1842年、アヘン戦争後の南京条約により上海が開港され、英国租界が置かれた。
1865年、香港で創設された香港上海銀行(香港上海滙豐銀行有限公司・略称HSBC)は、その一ヵ月後、早くも上海において営業を開始。
これを機に、各国金融機関が上海に進出、上海は極東最大の都市として発展する。
e0094583_17291285.jpg

Bund(外灘)に今も残る旧香港上海銀行上海支店。現在は上海浦東発展銀行本社がその建物を使っている。

嘗ては大英帝国の植民地銀行としてつとに有名であったが、現在は香港最大の金融機関として香港ドルの発券銀行でもある。
更には、現在の香港上海銀行(HSBC)はというと、シティバンク、バンク・オブ・アメリカ、スタンダード・チャータードなどを凌ぎ、ほぼ全世界をマーケットとする世界唯一の銀行に発展している。

さて、このHSBCについて。
オフショア投資で今や日本人も多く口座を開設している。
e0094583_23144692.jpg

パワーバンテージという総合口座がある。
香港ドル以外にも米ドル・英ポンド・円・ユーロ他の外貨預金が可能。
更には投資信託、上場株式、債券への投資もでき、10万香港ドル相当の口座残高があれば毎月の手数料が免除になる。
日本からネットバンキングで口座にアクセスすれば、振替・投資・送金の指示も出せるし、セブンイレブンや郵便局のATMから出金も可能。(但し入金はできない)

口座開設には、取引実績の有る紹介者の紹介状が必要だったが、現在は不要。
香港以外の地域・国の在住者が口座を開設する場合、本人が直接香港の銀行窓口に出向き、担当者と英語又は中国語で面談する必要がある。
口座開設サポートを行う会社もあるが、あくまでサポートであって代行ではない。
それに開設する本人が必ず出向かなければならないし、それなりのサポート料も発生するのであまり意味はない。簡単な英語か中国語の会話力さえあればOK。
口座開設に必要な書類は、パスポートと免許証、それ以外には必要ない。
(開設に伴い10,000香港ドル以上の預金が必要)

さて、
先ず、香港サイドの中環(セントラル)にあるHSBC本店へ出向く。
1Fは広いオープンスペース。
e0094583_17314862.jpg

長いエスカレーターを上っていくと「個人理財中心」というカウンターがあり、係のスタッフが目ざとくみつけて傍によってくる。
来意を告げれば専用ブースに案内される。

そこで担当者との面接が始まる。
質問に答えていけば、担当者がコンピューターにその項目内容を打ち込んでいく。
内容は、住所・氏名・電話番号・職業・勤務先住所・学歴・投資の経験・所得等々。
最終確認後パスポートのコピーをとって、サイン。
ほどなくATM用カード及びPIN(6桁の暗証番号)・暗証番号が表示されるSecurity device・小切手・テレフォンバンキングのPIN(6桁の暗証番号)・口座に関するパンフレット類を渡され、更に別のブースに場所を換え、いくつかの金融商品についての説明を受ける。
買いなら買い、要検討なら保留、その気が無いなら又の機会に。

その後、ATMカードをアクティブにするため、ATMでPINの変更をおこなう。
ここまでの作業を香港滞在でおこなわなければならないが、時間にして約2時間くらいのことだ。

とにもかくにも、HSBCは世界で最も格付けの高いオフショアバンク。
その格付け・安全性は、日本国内の全ての銀行よりも高い。
更に、香港はアジア金融のハブであり、国内では考えられない利回りの世界中の金融商品、海外ファンドに投資できる。
それが最大のメリット。
[PR]
by officemei | 2008-09-06 06:01 | ■港澳