■苦言

e0094583_1159637.gif中国の新聞を毎日読んでいてうんざりするのは、
“わが国は○○面で世界一位になった”
“わが国の○○界は世界のトップとして・・・”
“わが国は○○を抜いてトップに・・・”

成長期の子供は、体が大きくなってくると大人のように振舞う。
しかし周りは大人として扱うことはしない。
中国の経済規模が大きくなってきたからといって、経済大国としての扱いをするにはまだまだ早い。

中国のGDPは2007年末、米国・日本・ドイツに次いで世界4位となった。
購買力は既に世界2位の経済大国に浮上し、2025年には世界1位になると言われている。
大国には大国の責任感が必要だ。
その責任感が感じられないようではだれも相手にしないし、その資格はない。

先ずは中国産品が世界で物議を醸していることにどう対処するのか。
すんませんではすまないが、すんませんとも言わない無責任さ。

從中國“出口”到世界的、以勞工和環境爲代價的“中國製造”商品,正在受到世界各地這樣或者那樣的檢驗、質疑和抵制。

中國轉型了30年,結果成爲“世界工廠”。
今天,無論在世界哪個市場上,都可以輕易發現大量的中國貨。
當然,這些“中國製造”的中國特性幷不多,因爲它們的品牌大都是美、歐、日、韓以及港臺跨國公司商標。

這些年來,“中國製造”的問題日益暴露,其質量和安全性受到的批評最多。

最近的食品危機,只不過是這個危機的最新故事而已。
[PR]