■中国語になってしまった日本のことば

e0094583_1782388.gif
古代、日本は中国から「漢字(当時の中国語・語彙)」を導入した。
近代、日本は西洋の良いものを積極的に取り入れることにより発展する。

近代の中国人も、日本の良いものを積極的に取り入れるという客観的視点をもち、「漢字(和製漢語)」を導入する。
これらはすべて日本が明治維新以降、西洋の関連語彙を翻訳したもので、中国がその訳語をそのまま取入れ、今では中国語のなかにしっかりと根を下ろし定着した。

当時の日本語から導入した“外来語(和製漢語)”の現代中国語に占める割合は驚くほど多く、統計によれば、社会科学・人文科学関連用語の70%は日本から伝わったものだそうだ。
その和製漢語が現代中国語のなかで如何に浸透しているか、今では当の中国人すら知らない。

例えば、解放、幹部、共産主義、軍国主義、国際、指導、資本、社会主義、宗教、集団、人権、政策、政党、選挙、総理、代表、定義、哲学、独裁、特権、覇権、無産階級、唯物論、理念、領土・・・

更には、暗示、演出、温度、会話、義務、客観、教養、銀行、経験、経済、系統、原則、効果、雑誌、時間、刺激、主観、承認、進化、心理、成分、性能、積極、絶対、接吻、繊維、宣伝、総合、速度、体育、体操、退化、対象、単位、単元、蛋白質、窒素、抽象、直径、直接、電子、電車、電池、電波、電報、電流、電話、伝染、展覧、動員、投資、図書館、内容、任命、熱帯、年度、能率、背景、派遣、反響、反射、反応、悲劇、美術、否定、否認、必要、批評、評価、標語、舞台、物質、物理、平面、方案、方式、放射、法人、母校、、漫画、蜜月、密度、目的、目標、要素、理想、流行、了解・・・

おまけに、入口、簡単、記号、金額、堅持、公認、小型、克服、財閥、作者、参観、失効、重点、就任、主動、成員、組成、大局、立場、単純、出口、手続、取消、日程、場合、場所、広場、服務、不景気、方針、明確、流感・・・

最後に、意義、階級、綱領、労働、意識、遺伝、教授、共和、交通、主義、侵略、生産、輸入、印象、衛生、演習、投機、演説、鉛筆、会計、具体、交際、革命、科目、経済、課程、環境、機関、記録、抗議、自由、神経、節約、分析、分配、理性、気質、身分、気分、規則、規範、偶然、計画、同情、理事、現象、憲法、交換、時事、信用、封建、保障、思想、資本、社会、主食、消極、条件、世紀、精神、想像、相対、組織、素質、知識、登記、道具、能力、発明、反対、美化、悲観、標本、服用、物理、文化、文学、文明、分子、法則、法律、保険、民主、予算、理論・・・

これ、すべて日本語から中国語に導入された、中国から見た外来語(和製漢語)。
まだまだいっぱいあるが、もし、これらの言葉を使わないとすれば、中国人の会話は成り立たなくなる。
ましてや、反日を叫ぶ中国の若者が、「日貨排斥」とセットで「日語排斥」を唱えれば、シュプレヒコールすら出来ない。


王彬彬氏の論文“現代漢語の中の日本語「外来語」問題”にこう記されている。

「我々が使っている西洋の概念は、基本的に日本人が我々に代わって翻訳してくれたものであり、中国と西洋の間には永遠に日本が介在している」。
由于我们使用的西方概念,基本上是日本人替我们翻译的,在中国与西方之间,也就永远地隔着一个日本・・・



日本明治時期、大量將西方知識翻譯成了漢字、這無形中幫助當時的中國開始瞭解世界。

如果當時日本沒有做這項工作、中國今天會是什麽一番景象。

這些被中國借鑒過去的漢字稱爲“和制漢語”。
詞語首位的“和”來自于日本的古代國名“大和”。
通常被用于表示日本元素的詞語中、如“和風”・“和文”・“和食”等。

列舉幾個漢語中常用的詞彙:“中華人民共和國”、“社會主義市場經濟”。
除了“中華”一詞以外、其他的所有詞彙都是來源于日本。
他的文章中引用了中文外來詞研究專家的數據、稱從古至今、漢語外來詞主要來自梵文和波斯文還有日文、有十分之一的外來語都源自日本、其中社會學科和自然學科的詞語占了70%。

學界認爲、大多數日本漢字是在1937年抗日戰爭開始前的40餘年間陸續傳入中國、那段時間約有6萬中國學生遠渡東洋求學。

那麽、從日本傳過去的漢字是怎樣發展出新含義的、又是被誰開發的?
這點專家都沒有給出明確答案。
不過一些詞語、例如日本發明的“哲學”・“宗教”等、都能很容易爲受過教育的中國人所理解。
隨著更深入的研究、專家發現“經濟”一詞實則在三國時期魏國曹丕的言論中就有出現。
“經世濟民”、意思是維持天下的秩序、百姓就能安居樂業。
所以“經濟”這個外來詞實際上是來自古代統治者富有智慧觀察的濃縮。穩定造福百姓。

中國人對19世紀西方列强的入侵都感到屈辱和憤怒、但同時也感受到了日本的快速現代化、走出了一條有參考價值的抵抗“西方帝國主義”的道路。
從根本上說、日本人不僅是將西方知識翻譯成漢字、傳遞給了中國、更是扮演了填補中西方鴻溝的角色。

漢語對日本漢字詞語的借鑒仍在繼續。
儘管類似“欺詐”這些有負面意義的詞彙被引入、但日本仍在對中國發揮著它的影響。
“從現在到更遠的將來、對漢語的影響最主要還是來自日本語。

漢字雖起源于中國、但中國也要感謝‘和制漢語’、讓中國認識到世界的面貌、幷敞開學習的大門。

我希望更多的中國人能瞭解到、在語言上、日本曾經、現在都有對中國産生積極影響的一面。
[PR]
by officemei | 2008-11-16 03:31 | ■中国語