■石和温泉郷

e0094583_1313130.jpg数年前の年末、甲府・富士をめぐるツアーに参加したことがある。
宿泊先は石和(いさわ)温泉郷・ホテル石庭。

この石和温泉郷、歴史は意外と新しく、1961年の開湯で、果樹園から偶然に温泉が湧き出たものらしい。
一番の売りは「裏富士」がど~んと見えることだ。
これは、実に見事な風景だった。

その石和温泉、活性化を図るために研修生制度を導入した。
まず山西省太原市とタイアップ。
太原から派遣される中国人研修生を受け入れ、「旅館の接客」を実習させる。
続いて、増加する中国人ツアー客を石和温泉に招致する作戦を展開。
セールスポイントは「富士山観光」、「温泉体験」、「中国語の通じる宿」。
これがあたった。

今では、年々増加する中国人団体観光客の日本ツアーに、黄金ルートというものがあるそうだ。
それは、関空=大阪=京都=石和温泉郷(富士山観光と温泉体験)=東京=成田。

石和温泉の成功に拍手をおくりたい。


中国人研修生を受け入れる石和温泉(2008/09/05);

山梨に中国人観光客1/2;

山梨に中国人観光客2/2;
[PR]
by officemei | 2008-11-16 03:37 | ■日本