■漢字学習ブーム

いつの頃からだろうか、メールや携帯で相手と交信できるようになってから、手紙や文章を自筆で書くことが無くなっってしまった。

ほとんどワープロで処理してしまう昨今、いざ難解な漢字を書く段になると、ふと筆が停まってしまう。
あれ、どうだったっけ?

先日、韓国・朝鮮日報の記事に目が留まったのでメモしておく。

e0094583_9224577.gif今月8日、テレビ朝日のクイズ番組『Qさま!!』で、「惚(ほ)れる」を漢字で書かせる問題が出た。出演した芸能人3人に、「惚」という漢字の三つの部首を書かせ、字を完成させるというものだった。3人の解答者は見事に正解した。

恍惚的“惚”字用汉字怎么写?答案是“惚”。在日本,“惚(ほ)れる”的意思是“相反”。8日,在日本朝日电视台的猜谜娱乐节目《阿Q猜谜王》中,让三名艺人分别记下组成“ほれる”汉字的三个要素,让他们完成这个字。艺人们都猜中了正确答案。

日本では今、漢字の勉強とは縁がないと思われがちな芸能人を中心に、漢字学習ブームが起きている。漢字についてのクイズを中心とする『Qさま!!』は、「ゴールデンタイム」の月曜夜8時に放送されており、視聴率は16%ほどで、「週間ランキングトップ10」の仲間入りを果たしている。一方、フジテレビで水曜夜7時に放送している『クイズ! ヘキサゴンⅡ』も、漢字に関するクイズを中心にしている番組だ。また、日曜夜7時に放送されている教育バラエティー番組『熱血! 平成教育学院』も最近、人気の高い芸能人に漢字のパズルを出題するコーナーで、高い視聴率をマークしている。

日本社会现在以“似乎和汉字学习相距甚远”的艺人为中心,掀起了汉字学习热潮。以汉字猜谜活动为主要内容的节目《阿Q猜谜王》的播出时间是黄金时间段的晚8时。该节目凭借16%左右的收视率,经常进入“每周前十”。竞争对手、民营电视台富士电视台也在编排以猜汉字为主的猜谜节目《六角猜谜Ⅱ》(音),计划在黄金时间段——周一晚7时播出。周日人气杂耍节目《平成教育委员会》最近也因人气艺人的汉字猜谜游戏提高了收视率。

これらの番組の内容は、芸能人たちにメチャクチャな珍答・誤答をさせ視聴者の笑いを誘うものではなく、漢字の実力を検証するものとなっている。東京大法学部出身のタレントや、京都大法学部出身のお笑いタレントなど、高学歴の芸能人はもとより、女性アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバーなども出演し、難易度が高い漢字の問題にすらすらと答えている。

这些节目并不是故意让艺人给出荒唐的错误答案引观众发笑,而是真正考验汉字实力。无论是毕业于东京大学法学院的演员和笑星等“高学历艺人”,还是相当于韩国十大歌手组合“少女时代”远祖的“早安少女组合”前成员,都能顺利猜中高难度汉字。

産経新聞によると、競争意識を持ったタレントの中には、テレビ局でも漢字のドリルを持ち歩き、暗記する人もいるという。これまでに30人の芸能人が、『Qさま!!』の中で実際に漢字検定試験に挑戦している。

《产经新闻》报道说,出于竞争心理,电视台内甚至可以看到手持汉字练习册边走边记的演员。目前有30名艺人参加猜谜节目《阿Q猜谜王》后正在准备汉字检验考试。

麻生太郎首相が簡単な漢字を読み間違えたことが、支持率急落の原因の一つとなっているのは、「芸能人も読める漢字を首相が読めない」という庶民の考えを反映したものだ。麻生首相は最近、公式の場で、比較的易しい漢字である「頻繁(ひんぱん)」や「踏襲(とうしゅう)」を読み間違え恥をさらした。

日本首相麻生太郎因读错简单的汉字而导致支持率暴跌,这反映出“艺人都能读的字首相怎么不能?”的底层舆论。麻生太郎最近在公开场合将相对比较简单的汉字“频繁”和“踏袭”读错,频出洋相。

芸能人たちが目の色を変えて漢字の勉強に取り組む姿勢が、一般市民にも広がりつつある。昨年1年間に漢字検定試験を受けた国民は、3歳の幼児から93歳の高齢者まで270万人もいる。これについて産経新聞は「若い世代はテレビの影響を受けて漢字の勉強を始める一方、高齢者は認知症(痴ほう)を予防する効果がある、という俗説を信じて漢字の勉強に取り組んでいる」と説明している。

艺人掀起的汉字学习热潮正不断地向普通国民扩散。去年一年里参加汉字检验考试的人有270万人。应试者年龄从3岁到93岁不等。《产经新闻》介绍说,青少年是受到电视影响后努力学习,而老人是因为听说这样可以有效防止痴呆,所以发起“挑战”。 
[PR]
by officemei | 2008-12-11 05:15 | ■日本