■台湾人にとっての「小愛」

この数日、台湾では主要紙が相次いで飯島愛の死亡を報道、一面で大きく取り上げている。
TVニュースでも、生前に訪台した際(2001年)の様子などを放映した。
更に、台北市内のCD店では彼女の追悼コーナーもできているそうだ。
e0094583_429794.jpg

彼女の死が、日本以上にトップニュースとなっているには理由がある。

かつて、1990年代の台湾に、“飯島愛現象”というべきものがあった。
ちょうど、戒厳令が解除され、民主化に向かう頃、彼女がある意味で台湾の「自由のシンボル」になっていたことがある。

「性」に対するタブーはかつての日本にもあったが、台湾においてはちょうどこの頃徐々に開放されていく。

当時、台湾の高校でも「健康教育」という教科書に性について記述された章があったが、「自分で読んでおきなさい、質問はしないように」と言った教師もいたらしい。

どこの国の男子も同じ経験を有するものだ。
それは、高校生くらいの年齢になると女体に狂おしいほどの興味を抱くことだ。

当時の台湾には「エロ本」や「洋物のポルノ映画」も密かに流通していたが、高校生からするとその種のものには道徳的な罪悪感・嫌悪感があったらしい。

そのような時代に、日本のアダルトビデオが密かに出回った。

当時の台湾の高校生や青年たちが“新鮮、驚き、快感”を感じたであろうことは充分想像できる。
古い話ではあるが、「日活ロマンポルノ」を初めて観たときの感覚と同じようなものだろうか。
といっても頷ける年齢の人は少ないだろうが・・・

で、台湾の若者たちの間では、特に飯島愛に人気が集中した。
恐らくは彼女の少女っぽい容姿が彼らに受けたのだろう。

その後、彼女の自伝「プラトニック・セックス」が台湾でも出版され、女性ファンも増えていく。
2001年、彼女の訪台時には爆発的な“飯島愛旋風”が巻き起こった。
現国民党名誉主席・連戦でさえもこの社会現象について語ったことがあるくらいだ。

AV女優から鮮やかに転身し芸能界で活躍、赤裸々に半生を綴った自伝の出版・ドラマ化・映画化。
そのような彼女を、台湾では親しみをこめて「小愛」と呼んだ・・・
合掌。


「她是台灣男人共同的情婦」
政治名嘴唐湘龍對日本AV女優市場頗有研究,昨天聽到飯島愛死亡的消息,驚訝又嘆息;他說,「台灣有數百萬男人的童貞都毀在她手裡,她也是台灣情慾被壓抑年代的見證」。

唐湘龍說,飯島愛是台灣五年級男生共同的記憶、共同的愛人、情婦。在那個禁忌的年代,健康教育課本裡那兩章性教育,是老師要我們「自己看、又不必問」的神祕課程。

於是看小本、PLAY BOY、日本AV錄影帶,就是青少年成長發育的必經之路。而飯島愛的身體,也是許多男生認識女體的活生生教材,是男女性愛的啟蒙。

飯島愛不止是台灣男五年級男生的性愛女神,也是橫跨四、六年級生的AV天后。

四年級生為了看那一段三、五分鐘不到的「插片」,可以不辭辛苦踩著一、二小時腳踏車,往郊區的小電影院裡跑;五年級選擇多了些,有一樓是冰果室,二樓就是播放閉路電視全本A片的男人天堂;六年級生就是半夜趁著家人睡著之後,偷偷看那些「關閉音量」的日本AV錄影帶、VCD。

唐湘龍表示,以前翻黃色小本、看A片都有罪惡感、都得偷偷摸摸,所以同學間只要誰手裡有飯島愛、誰就屌、誰就有權利,看完之後還要討論,分享樂趣。

至於日本AV女優新人輩出,唐湘龍認為,飯島愛在台灣人心目中的地位,已經無人可以取代,除了過去那段特殊的時代背景使然,飯島愛的情色演技逼真也是一絕,該爽、該痛、該叫的,都做到位,不像後來的小澤圓、草莓牛奶,都是在「打假炮」。

唐湘龍說,台灣不同世代心目中的AV女神可能不盡相同,但是會重疊的只有飯島愛一人。

情色天后;

東森;

民視;

三立;

[PR]
by officemei | 2008-12-27 04:45 | ■台灣