■学妹

e0094583_2333255.gif学生時代、中国語研究部という部活に所属していた。
中国語学科の学生で、授業以外の時間も中国語に浸っていた。
良き師・良き友にめぐりあった。
このクラブに所属したことが私の人生を決定づけたと思う。

私はそのクラブの4期生だったが、あと数年で40期生が巣立つほどになった。
ずっと下の後輩で、卒業後北京大学に留学し、その後上海で大学院に入った者がいる。
彼女がまだ学生時代に知りあったから、そろそろ10年近くのつきあいになるだろうか。
私の娘と左程かわらないので、正直言って可愛くてしょうがない。

息子よりはいくらか上だが、姉さん女房もいいもんだと、本人不在でひとりそんなことも想像してみたことがある。
残念ながら彼女は突然結婚してしまった。
北京でご主人に会ってみた。
いい雰囲気で安心した。
父親の心境。

その彼女とは今もメールや電話でよく連絡を取り合っている。
昨日、彼女からメールがあった。
読んでいて、無性に台北を想った。
あ~台北に帰りたい・・・

彼女のメール転載;
台湾めちゃくちゃ良かったです!

想像してたより寒くて、ホテル(台北商旅)暖房ないし、ちょっと吃驚しましたが、食べたいもの全部食べて、行きたいところ全部行けたので大満足です!また行きた~い!

三二行館は、先輩のおっしゃる通りにすごく洗練されてて、設備もサービスも言うことなし!でした。

土曜の午前中に到着したんですが、その時は浴場に台湾人のおばあさん2-3人くらいしかいなくて、皆お湯に浸かっていました。

で、ここは水着の着用必要なしとのことだったので、館内着もバスタオルも全部入り口の棚に置いて、私すっぴょんぴょんであっちのお湯に入ったりこっちのお湯に入ったりしてたんですよ。

しばらくして午後になった辺りから続々と若い人やらおばさんやら、おじさんやら(うそ)、人が増えてきたので、何気なくみんなの入り方見てたら、浴槽に入る直前までタオル巻いたり館内着着たりしてて、ちょっとアンタそのまま入る気かい!って瞬間にバッと脱いで浴槽の横に設置してある棚や椅子の上に置いてお湯に入るんですよ。

隣の浴槽や向こうの浴槽に行くときもいちいちタオル巻きつけて行くんですよ。一人の人も、友達と連れ立っておしゃべりしながら入る人もみーんな。
ちょっと不思議な感じがしました。
普段水着温泉に慣れてるとスッパは恥ずかしいんですかね?

男性もそうですか?
ちなみに私がスッパでうろちょろしてたら目で追われました。
いや、これはもしかしたら裸だからじゃなくてすごいペチャパイだなーって憐憫の眼差しだったやも知れません。
何はともあれ、すごーく気持ち良かったです。
90分お湯に浸かり続けたらさすがにのぼせました。

それから、お寿司の「松」も美味しかったです!
ただ店員のおねーちゃんでやたら強引な人がいて、ろくにメニューも見せてくれないで、「あわび食べて!」「握り盛り合わせね!」とかってわめいて、いくらなのか値段聞いただけなのに勝手に奥にオーダー通しに行っちゃったりして少し手を焼きました。

そう!
途中で他の店員さんからどうしてこの店知ってるのかと聞かれ、先輩のお名前出したら、ママ(結構大柄で日本語殆どしゃべれない人)が「私その人よく知ってる」と言って、深海魚(サメ?)の皮の和え物をサービスしてくれました。ふにふにしてまあまあ美味しかったです。
先輩ありがとうございます。

「鴨肉扁」というガチョウ肉の店にランチ入ったんですが、美味しいですねー!
あんまり野鳥的な味がしなくて、鴨やアヒルより癖がなくて。麺もあっさりしてて気に入りました。

故宮博物院は、十数年前に行ったとき時間が足りなくてじっくり見られなかったし、07年にリニューアルオープンと書いてあったから、今回は相当期待していったのに、なんだか展示物が以前に比べてだいぶ少ないような?気がしました。
じっくり見たら1週間はかかるなんてよく言いますけど、あれじゃ半日で見れてしまいますよ。
若干肩透かしです・・。

士林の夜市では小吃三昧しました。うまうま!
そう!夜市の奥のほうにスポーツ用品店がいっぱいあって、セールしててだいぶお買い得でした。
ナイキとかアディダスとか上海にもいっぱい専門店あるけど、セールしない上に表示価格もやたら高いですもん。
中国は輸入品に関税が5%かかるから仕方ないんだって聞いたことあるんですが、台湾は関税かからないんですか?(って先輩に喰いつくことじゃないですね)。なんにせよ、ほくほくです。

先輩がいっつも「台湾ええで~」って仰ってるのがホントによく分かりました。
なんていっても人が善いですね。
温厚で親切で文明的で・・・・・・
大陸とはぜーんぜんちゃう!

台湾のことでもっと報告しようと思ったことがあったのですが、今思い出せないので今日はここまでにします。
ではでは!
[PR]
by officemei | 2009-01-30 13:40 | ■台灣