カテゴリ:■北京( 99 )

北京市密雲縣にある金山嶺長城。
朽ちかけたその容姿に一層歴史を感じる。
e0094583_15262242.jpg
e0094583_15263040.jpg
e0094583_15263798.jpg
e0094583_1527125.jpg
e0094583_1527877.jpg
e0094583_15271478.jpg

[PR]
by officemei | 2009-11-05 03:27 | ■北京
e0094583_1654407.jpg
e0094583_1654506.jpg
e0094583_1655378.jpg
e0094583_16551624.jpg
e0094583_16552572.jpg
e0094583_16553359.jpg
e0094583_16554573.jpg
e0094583_16555274.jpg

万里の長城でしょんべんすれば;
[PR]
by officemei | 2009-11-03 17:03 | ■北京
e0094583_1623697.jpg
e0094583_1624563.jpg

[PR]
by officemei | 2009-11-02 22:01 | ■北京
e0094583_2124930.jpg

中国では中秋節には家族団欒で月餅を食べる。
最近は包装が華美に過ぎ、贈答用の月餅などは豪華なケースに派手な包装で、政府はメディアを通じ事前に自粛を呼びかけたくらいだ。
一つには資源の無駄使いを自制する意味もあるが、本音は贈収賄にも波及するからだ。

今年は10月3日が中秋節。
伝統的贈答品として定着している月餅は、賄賂の温床ともなっている。
上海では、高級酒とセットにした1箱1万8868元もする超豪華版月餅が販売されたが、当局の規制を受けている。

「お殿様、これはほんの手土産で」菓子箱を開けると小判が・・・
「播磨屋、お主も悪じゃのう」「へっ、へっ」てな具合だろう。
さて、街角での一シーン。
中年のサラリーマンが携帯で家に電話。
「一時間後には帰宅する。もう月餅は用意したのか?」
「他に買って帰るものがあれば途中で買ってくるけど」
「わかった。じゃあ」
まったく日本のクリスマスイブと同じような風景。
この日の夜遅くになると売れ残りの月餅が半額以下になって寂しくショーケースに残っている。
これを狙って買う人たちもまた結構多い。
味はと言うと、取りだてて旨いものでもない。
私にはまだ台北の「パイナップルケーキ」のほうが口に合う。
台湾でも同じように中秋節には月餅を食べるが、中秋の「挙頭望名月」といった風情は、やはり大陸の、それも江南の地がぴったりくると思う。
[PR]
by officemei | 2009-10-04 01:01 | ■北京
中華人民共和国60華誕晩宴(於北京天安門);
e0094583_602663.jpg
e0094583_604215.jpg
e0094583_605085.jpg
e0094583_605738.jpg

[PR]
by officemei | 2009-10-02 01:59 | ■北京
e0094583_1981530.jpg

e0094583_6365797.jpg
e0094583_6371160.jpg
e0094583_6372153.jpg

北京・・・
今日(10月1日)、建国60周年を迎えた北京では大規模な軍事パレードが行われた。
昨日(9月30日)、人民大会堂で開かれたレセプションでは温家宝首相が新中国の輝かしい成果を紹介し、中国の国威発揚をアピール。

今回の軍事パレードを見て、シビリアン・コントロールに逆行するようなイメージを感じた人は多いはずだ。

アメリカ、日本に次ぐ世界3位のGDPを有し、国際社会に占める地位・責任が明らかに高まっている中国が、世界に向かって軍事力を見せつけ威嚇するような感をもった。
特に周辺国に「中国の脅威」を強く印象づけたことは否めない。

「富国強兵」を鼓吹し、「党への忠誠を尽くそう」「社会主義は素晴らしい」といった人文字や、閲兵の際に兵士に「為人民服務」(毛語録)のスローガンを何度も唱えさせる、まるで過去の中国や現在の北朝鮮と変わらぬ軍事パレードに、いったいどんな意味合いがあるのだろうか?

一般の北京市民は沿道でのパレード見学も禁止され、当局は一帯を封鎖して警察・治安要員を配した。
更に、パレードが見えるビルの窓をすべて閉じさせ、ホテルでは宿泊客を外出させずカーテンを開けることも禁止、飲食店やコンビニも営業停止を強要。

テレビではパレード参加者や観覧席の選ばれた観衆の満面の笑みが映し出された。だが大多数の北京市民は近づくことも、直接見ることも許されなかったようだ。

一般大衆の自由を制限してまでも軍事パレードをおこなう、そんなひけらかしの費用と軍備費のいくらかでも貧困対策などに使うべし、といった正論は抹殺される。

ラジオやテレビ報道の甲高いナレーションと勇壮なBGM、一糸乱れず統制された人の群れ・・・
私が文革末期に北京で暮らしていた頃の、見るもの聞くもののすべてが思い出された・・・

確かに中国は経済・軍事大国として国際社会での存在感を増している。
しかしその一方では問題が山積み状態。
貧富の格差、官僚の腐敗など、政府に不満を持つ民衆による暴動や少数民族の独立運動・テロ活動などが頻繁に起こってもいる。
民衆の権利意識が高まり、体制への批判が噴出している社会状況を、さてどのように解決していくのだろうか・・・
e0094583_19121367.jpg

e0094583_19124099.jpg

テレビで閲兵の模様を見ていた大半の人々が特に注目したこと。
それは、三軍女性兵士と女性民兵の美貌。
晴れの舞台に選抜された美女が颯爽と行進した。
確かにカッコ良かった。
e0094583_8361591.jpg
e0094583_8364735.jpg
e0094583_837078.jpg
e0094583_8371077.jpg
e0094583_8372249.jpg


女性民兵の行進;

陸海空三軍・武装警察及び民兵の行進;

e0094583_1912518.jpg
e0094583_19133367.jpg


この日、上海・南京路では人々が大型TVで北京の式典に見入っていた。
e0094583_2031364.jpg
e0094583_2032156.jpg

共和国60华诞;
国慶節の模様;
新華網VIDEO;


昔の写真が散逸して、ろくなものしか残っていない。
わずかに当時の国慶節の模様がわかる数枚を載せておく。
1975年の国慶節。
この年の3月に私は北京に赴任した。
まちは人民服姿の民衆と自転車の大群に溢れ、なにもかもが地味すぎる色彩の中、この日だけは鮮やかな色に染まり、人々はその豊かな色彩を愛でていた。
e0094583_1992141.jpg
e0094583_1993174.jpg
e0094583_1994064.jpg
e0094583_199496.jpg
e0094583_191099.jpg
e0094583_19101886.jpg
e0094583_19103197.jpg
e0094583_19104498.jpg
e0094583_19105338.jpg
e0094583_191144.jpg
e0094583_19111397.jpg

[PR]
by officemei | 2009-10-01 19:16 | ■北京
2009年9月下旬、北京第一の高層ビル“国貿ビル第3期
(中国語;国貿三期・英語;China World Trade Center Tower3)がようやくその全容をあらわした。
高さ330メートル、地上74階、地下4階。
朝陽区建国門外大街と東三環中路の交差点にあってあたりを圧している。
e0094583_16542362.jpg
e0094583_16543058.jpg
e0094583_16543741.jpg


1975年から1978年にかけて、私もこの建国門外大街に面した“斉家園外交人員公寓”に住んでいた。
ちょうどこの“国貿三期”から西に少し行ったところ。
当時、まぎれもなく北京第一の高層(15階建て)マンションで、唐山地震の折には激しい揺れと今にも崩壊しそうな音により圧死を覚悟したくらいだ。
現在でも我が「斉家園」は健在、周囲は一変し高層ビル群の中で精彩はなくなってしまったが・・・

(当時の斉家園バルコニーから建国門外大街を望む)
e0094583_16572887.jpg
e0094583_16573723.jpg

[PR]
by officemei | 2009-09-29 01:51 | ■北京
北京秋天という言葉がある。
梅原龍三郎画伯の作品としてあまりにも有名だが、確かに北京の秋はいいものだ。
私は1970年代後半の数年間を北京で過ごしたので実感としてわかる。
特に今では考えられないほど空が澄んでいた。
道路には車より自転車が溢れ、夜には空の星もくっきりと見えた。
空気が澄んでいると見るものすべてがくっきりと見え、まさに清冽。
e0094583_4491387.jpg
e0094583_4492885.jpg
e0094583_4494352.jpg


さて、中国はまもなく(10月1日)建国60周年の国慶節を迎える。
辉煌六十年 浴火重生 1/6 
辉煌六十年 浴火重生 2/6 
辉煌六十年 浴火重生 3/6 
辉煌六十年 浴火重生 4/6 
辉煌六十年 浴火重生 5/6 
辉煌六十年 浴火重生 6/6 
e0094583_15404748.jpg

当日、北京天安門広場では、陸海空三軍の軍事パレード、10万人に及ぶ市民パレード、8万人のマスゲーム、6万人の少数民族による民族舞踊などが披露されるとのこと。
それを通常の警察力以外に数十万人の武装警察と140万人の治安ボランティアが警備に当たり、これは北京五輪をはるかに上回る警戒。

先日おこなわれた軍事パレードのリハーサル;
e0094583_16561848.jpg
e0094583_16563468.jpg
e0094583_1657199.jpg
e0094583_16571964.jpg
e0094583_16572988.jpg
e0094583_16574095.jpg
e0094583_16575917.jpg
e0094583_1658947.jpg
e0094583_16581883.jpg
e0094583_16582655.jpg
e0094583_16583540.jpg
e0094583_16584717.jpg
e0094583_16585716.jpg


軍事パレードが行われる長安街沿いのホテルでは道路に面した部屋のすべてが使用禁止、同じく道路沿いの民間ビルもテナントを一時退去させるらしい。
更に、北京国際空港では10月1日の09:30~12:30までの間、空港の一時閉鎖をし不測の事件に備えるとのこと。
中国当局がテロや破壊活動を最も警戒していることが見て取れる。

まちは厳戒態勢。
e0094583_138569.jpg
e0094583_139772.jpg

e0094583_13104949.jpg

e0094583_1392513.jpg


とにかく北京は政治の中心だから大変だ。
当日はオリンピック開会時の2倍の量の花火が打ち上げられるという新聞記事。
e0094583_13112339.jpg

一方、
上海ではお祭り騒ぎはあるものの、さほどの厳戒体制はひかれていない。
e0094583_15403066.jpg

60周年或いは60歳というのは、中国流に言うと還暦だからこれは非常に目出度い節目だ。
還暦のことを中国では“花甲”と言うが、北京の祝賀行事には還暦を迎えた人たちが行進し、同い年として祝うそうだ。
[PR]
by officemei | 2009-09-25 03:37 | ■北京
中華人民共和国建国60周年記念映画「建国大業」が、10月1日の国慶節を前にして、9月17日に中国全土、香港、それにあろうことか台湾でも封切りされる。
e0094583_17265198.jpg
e0094583_172791.jpg

1945年の中日戦争終結から1949年の共和国成立にいたる中国を背景にした歴史巨編。
現代中国を代表するオールスター総出演、その数172名。しかもすべてノーギャラらしい。

一方、出演者の多くが外国籍を取得している事実がネットで流れ、「祖国を捨てた奴らに国の愛し方を教えてもらいたくない」と反発を招き、映画のボイコットを呼びかける向きもある。

とにかくも、キラ星のごとく集まったスターたちの多さは圧巻だ。
因みにジャッキーチェン(成龍)は歴史上の人物ではなく一記者役;
e0094583_1916625.jpg

周恩来;
e0094583_19174361.jpg


张国立(蒋介石)
e0094583_17275916.jpg

唐国强(毛泽东)
e0094583_17281186.gif

陈凯歌(冯玉祥)
e0094583_1728209.jpg

黎明(蔡廷锴)
e0094583_17282982.jpg

李连杰(陈绍宽)
e0094583_17284038.jpg

姜文(毛人凤)
e0094583_17284924.jpg

邬君梅(宋美龄)
e0094583_172922.jpg

冯小刚(杜月笙)
e0094583_17291365.jpg

刘德华(俞济时)
e0094583_17292692.jpg

冯远征(傅泾波)
e0094583_17293553.jpg


《建國大業》明星陣容可謂是最強的,但這部戲也是“電影史上最便宜的大片”,原因是很多明星都是零片酬加盟,韓三平曾動情地說:“為媽媽過生日怎麼能收錢呢?”有人曾粗略統計過,如果參演加客串的明星都收費,這部電影僅片酬一項,成本就會增加將近1億元人民幣,而現在的片酬成本幾乎可以忽略。
《建國大業》定在9月17日全國上映,超強的明星效應已顯現,很多影迷表示,《建國大業》是今年最值得期待的電影之一,原因簡單,明星多呀。《建國大業》的超一線明星足有20個,所有明星加起來近百個,光是看明星也值了。馮小剛預言“它一定會有人看,一定還能創造更高的票房收入。”而導演韓三平不願意預測票房,“反正成本不高,票房拿到8000萬到1個億,就能收回全部投資了。


[PR]
by officemei | 2009-09-08 17:31 | ■北京
e0094583_1352404.gif福建省の省都・福州に“天狗”という日本料理店がある。
この店の味はなかなかのものだった。

福州で大きな喫茶店を経営する中国の友人がいて、いつも連れて行ってくれた。彼のお気に入りの店だ。

何度か訪れるうちに、この店の老板(主人)と親しく話す機会があった。
彼は鬼怒川温泉だったか、その地の“天狗”という料理屋で長年板前を務めた。
帰国の折、親父さんから、将来福州で日本料理店を開店するときに、屋号の“天狗”を使うことを許される。

時々、その親父さんが日本から遊びに来るそうだ。
きっと自分が見込んだ弟子だったんだろう。

本格的な日本料理も出すが、中国人の口に合う創作料理も多い。
ここの店、特にネタが新鮮で、シャリの味もいける。
はっきり言って、福州のような地方都市でまともな日本料理に出会うのは驚き。

私はこれまで中国各地で日本料理なるものを食したが、本格的なものに出会ったことは稀だった。
日本人としては、当然、本場・日本の味を求める。
その味に出会えたのは、わずかに上海・北京・大連・青島そして福州の数えるほど少ない料理店だけだった。

それはそうだろう。
日本にある中華料理も、日本人の口に合うように加工されているのだから、中国にある日本料理も、当然中国人の口に合うよう加工されて然るべきだ。

更に言えば、日本も中国もファーストフードのチェーン店が隆盛で、そこで食す味と、じっくり調理した味はまったく違うものだ。

全国チェーンの“味千ラーメン”や“元禄寿司”、上海に数十軒はあるだろう食べ放題の日本料理屋、これらの味は中国人向けのものであって、それはそれでまあまあの味なのだが、生粋の日本の味とは程遠い。

とは言え、生粋の味にこだわり続け、需要(ニーズ)にこたえなければ客足も絶える。
中華料理であっても日本料理であっても、旨いものは旨い。
本場の味か否かはどうでもいいことかもしれない。
要はどこの国の人間であれ、味覚として旨いと感じるものが、本物だと思う。

さて、今や中国にも「日本食」が定着した。
中国風の味付けであれ、創作料理であれ、日本料理が隆盛になるのは嬉しいかぎりだ。
「いやっしゃいせ~」の声も気にならなくなってしまった。

しかし、中国人が益々好んで寿司を食べるようになっていくと、漁獲高が減り、魚の価格が上がることになる・・・

味千拉面;
中国上海的繁华市区随处可见“味千拉面”的招牌。
味千在上海的店铺已超过80家。
日本熊本市重光产业公司的味千拉面是中国最有名的拉面连锁店。
在中国约有350家店铺,远远超过在日本的100家。
在中国,拉面每碗大约300日元(约合21.6元人民币)。
位于写字楼里的店铺每到午饭时间挤满了中国的公司员工,晚上带孩子一起来的家长较多。店里提供100多种食物,烤鸡肉串等拉面以外的菜单也很丰富。

荣屋;
“铁板的温度再降低一些”,来自日本福冈县的“荣屋”点心公司社长正在该公司位于山东省青岛市的日式点心工厂内指导中国员工如何做豆馅烤饼“铜锣烧”。
这家工厂主要生产豆馅烤饼、团子等日式点心,其中50%的产品在中国国内销售,余下部分则是出口到韩国、欧美和俄罗斯等国。
青岛工厂设立于1997年。员工的月薪大约为1500人民币左右。
虽说中国的人工费也在不断高涨,但比起日本仍可以减少三成的成本。
另外,为在中国市场销售,该公司还以用老家福冈的远贺川命名的“远贺屋”这一牌子在上海和东北等地开设了约20家店铺。日式点心和西式点心的销售价格大约在10人民币左右。与业绩良好的出口相反,中国国内的销售情况令人头疼。据说原因是中国人嫌日式点心味道太甜。

日田天领水;
中国的自来水不能直接饮用,所以家庭和单位里喝的饮用水一般都是桶装矿泉水。
可是很多消费者对桶装矿泉水是否安全表示担忧。
“日田天领水”是日田产矿泉水的罐装商品。
虽然在日本国内的价格比同类商品要贵,可还是受到很多日本人的追捧。
在中国市场销售的商品除了标签是中文以外,其他与日本完全一样。2升包装的商品价格约30元,比中国产矿泉水的价格高出好几倍。除在上海的高收入者和日本人聚居的地方的超市销售以外,三菱商事下属的公司还可以送货上门。
该矿泉水2008年在中国的销量约1万2千瓶,中国市场的顾客中有8成是日本人。虽然中国顾客只占2成,但是该矿泉水在消费者中的影响力正日渐扩大。

日本九州和冲绳地区的食品商正紧盯着富裕阶层日益增多的13亿中国人的胃,加快当地特产的对华出口和在华生产。这些日本食品商认为,2010年上海世博会等无疑将使中国经济获得中长期的发展。这些食品商中有的成功了,也有的正在激烈的竞争中苦苦挣扎。

长崎鱼市;
上海一家日本料理店内坐满了中国富裕阶层和日本公司驻华职员,一名中国女子说:“没想到生鱼片这么好吃”。当天早上在日本长崎市“长崎鱼市”竞拍的竹荚鱼和牡蛎等海产品晚上就到了上海的餐厅,供客人食用。
以前中国人并不吃生鱼片,但随着海外饮食文化的进入,现在不仅富裕阶层,中国的年轻人也开始吃生鱼片了。长崎鱼市2008年共向中国出口鲜鱼34吨,金额达到约8500万日元(约合人民币620万元)。
虽然长崎产的鲜鱼因运输成本等原因,价格是日本的约3倍,但即便如此也很受以中国富裕阶层为主的食客们的欢迎。虽说是“长崎产”,但在东海捕捞的鱼其实和中国捕捞的是一样的。中国还没有很好保存和运输生鲜食品,无法保证生鱼片在美味可口的状态下销售。这就是从长崎出口的商机之所在。
近来想洽谈买长崎生鱼片的一些上海新开张的日本料理店也越来越多,但问题是中国员工的人才缺乏。很难明白沾芥末和酱油食用的生鱼片的微妙口感。
[PR]
by officemei | 2009-08-21 16:24 | ■北京