カテゴリ:■江蘇( 33 )

中国では犬に塗料やヘアカラーを使ってパンダ柄に染めたのを見かけたことがありましたが、本当に中国で「パンダ犬」が誕生したというニュースです。
2月20日、江蘇省の塩城市に住む飼い主宅で先月6匹の子犬が誕生し、そのうちの3匹が、すくすくと育っていくうちに、パンダ柄に成長したそうです。
このパンダ犬の母親は現地で「中華田園犬」と呼ばれる犬だそうで、父親は白のペキニーズとのこと。3匹のパンダ犬は生まれたときは、白に灰色の模様だったのが、成長するにつれて灰色部分の色が濃くなり、どんどんパンダに似てきたのだそうです。
大いにあり得る話ではありますが、何しろ偽物大国の中国ですからねえ・・・

2月20日,江苏盐城一户居民家中,三只“体貌”酷似熊猫的小狗在快乐玩耍。据主人介绍,它们的妈妈是条深褐色的被称为“中华田园犬”的本土狗,爸爸是条白色的“京巴”犬。上个月6只狗宝宝出生时,有3只小狗的皮毛是深褐色,另外3只白色毛中夹着灰色的花纹,随着时间的推移,后面这3只狗的灰色花纹越来越深,到现在全身黑白相间,长成一副“大熊猫”样。

e0094583_19264572.jpg



ちなみに、以下は以前見かけた偽パンダです。
パンダ88,000元(約130万余り)で販売中。
どう見ても犬だけど・・・それにしては高すぎる。
e0094583_19324156.jpg

[PR]
by officemei | 2014-02-22 05:06 | ■江蘇
吴树依依吴水流 吴中舟辑好夷游
呉は現在の蘇州周辺地域です。古代より物資豊かなところでした。
魚米之郷とも呼ばれ、河川沼沢運河を船が行き交い、物資を運んでいきます。
その要所要所に村やまちができ、水郷として栄えていきました。
北方中国の乾燥した大地と違い、そこここがみずみずしい風景に包まれています。
人の生活には湿り気が必要です。
私の中国での生活も北方より南方が長くなりました・・・
e0094583_1131468.jpg
e0094583_11312145.jpg
e0094583_1131341.jpg
e0094583_11314734.jpg
e0094583_1132129.jpg

[PR]
by officemei | 2013-05-23 09:24 | ■江蘇
「沙渓」は江蘇省太倉にある古鎮(古い時代の町並み=老街)です。
既に宋、元の時代にまちとして栄えていました。
5月12日の午後、小一時間ほど散策してみました。好天気の日曜日とあって、付近は行楽客で溢れ、駐車する場所もみつからないほどの賑わいでした。
元朝の馬致遠によってあらわされた江南の水郷をあらわす名句「小橋流水人家」をじっくりと味わえるいいところでした。

e0094583_14274667.jpg


沙溪,唐代已形成村落,佛教寺庙兴起;元代自涂菘西迁,形成市集;明代商运通达,成为商贸重镇;清代近工业起步,新式教育推行,沙溪展现一片开风气之先的新所象。明朝时期,市镇日趋繁荣。监察御史苏赞的“御史府”,山西道御史曹逵,刑部朗中叶遇春等达官贵人,相继在这里建府造第,街景日好,“沙溪八景”远近闻名。到明清时,随着工商业的发展,大批商人应运而生。于是,沿戚浦河而建的临水建筑脱颖而出,古朴的石拱桥横跨戚浦河,“印溪书舍”、“南野斋居”、“连蕊楼”等一批古宅名居拔地而起,形成了枕河人家,水桥流水,小巷深处,“古巷同户宽,古街三里长,古桥为单孔,古宅均挑梁,户户有雕花,家家有长窗,桥在前门进,船在门前荡”,构成了一幅幅精美典雅的水乡风俗画。
沙溪镇是引进西方文化较早的江南名镇之一,明清时就有一批文人出洋留学。沙溪镇民俗风趣,民风纯朴,民间灯会,妙趣横生。沙溪的香火很旺,尤以普济寺、长寿寺、延真观最甚。沙溪的猪油米花糖、桃珍糕、盘香饼、涂松山芋等风味小吃、特产也远近出名。
沙溪镇历史悠久,早在宋、元时已集市成镇,至明、清时代,更是商市繁华、人文荟萃,成为太仓一大镇。据志书记载:“镇地延袤可数里,多富家巨室,其缙绅学士几当一州之半,为士好文章,习仪观,济济相望,而民之耕于野者,亦勤稼樯谨财用,有蟋蟀代檀之风,人称乐土。”至民国年间,仍为巨镇,俗称“东南十八乡、沙溪第一乡。”因此,沙溪镇有着悠久的历史和深厚的文化底蕴。至今,历史文化遗存十分丰厚:有大片的临水建筑和漫长的古街,有幽深古老的小巷和古朴雄浑的古桥。今天的沙溪镇小桥流水,枕河人家,街巷深处,古韵犹存,是典型的江南水乡古镇。2005年9月入选第二批中国历史文化名镇名单。


[PR]
by officemei | 2013-05-15 14:30 | ■江蘇
どうやら最近、中国東北(旧」満州)料理が流行っているようです。繊細な味をもって知られる江浙料理の本場で、以前ハルビンで食した名物料理「酱大骨」にお目にかかれるとは思いませんでした。「酱大骨」とは豚の背骨の醤油煮込みのことです。大きい骨付き肉なので手で大皿から取りわけます。噛り付くにもしっかり手で支えないと落としてしまうので大変です。指が油でべとべとになるので、今では手袋を手に付けて食するようになっていますが昔は豪快でした。

东北风,刚开业的东北菜馆,口味很不错,创新东北菜专门为上海调整过,符合上海人的口味,酸菜白肉、白菜猪肉水饺、牛肉馅饼、韭菜盒子等菜肴都很正宗。
e0094583_1248134.jpg


e0094583_12494875.jpg
e0094583_1250156.jpg
e0094583_12501042.jpg


[PR]
by officemei | 2013-05-15 12:51 | ■江蘇
e0094583_16292663.jpg


太倉。
江蘇省蘇州市管下の県級市。
上海中心部より北西に50km、蘇州市中心部より50kmに位置するこのまちは、長江河口にあって遥か彼方に長江の三角州・崇明島を臨むことができる。
2012年10月19日から三日間、私はこのまちに滞在した。
周辺の蘇州・昆山や対岸の南通には以前に何度も訪れたことがあったが、太倉滞在は今回が始めて。

現在太倉市内には大規模工業団地(経済開発区、太倉港港口開発区)があり、特筆すべきはここの太倉港は内陸河川港としては世界最大級の規模を誇る。
日米英独韓などの海外企業が進出しており、なかでもドイツ系企業の進出が目覚しい。
近い将来、上海の地下鉄が太倉まで延伸する計画もあるそうだ。

さて、太倉市郊外の長江寄りに瀏河鎮というところがある。
明の時代の鄭和がこの瀏河鎮から大船団を率いて遥か東アフリカまで出航していった。
いわば海のシルク・ロードの起点となったところで、古くから長江河口第一のまち「江尾海頭第一鎮」と呼ばれている。
e0094583_22532781.jpg

e0094583_10202787.jpg鄭和については伴野朗の「大航海」がお薦め。

瀏河鎮の長江寄りには瀏家港というところがあって、中国のいなかのまちのどこにもあるような商店街と露店が並んでいる。そのはずれには「赤線」ぽいカラオケバーが数多く営業していて、ケバイ女が客引きをしていた。

話を瀏河鎮に戻す。
ここに天妃宮という文化財がある。
天妃宮とは、航海安全の守護神である天妃を祀る社やしろ。天妃とは中国沿岸部や 東南アジアで船乗りや航海者に信仰されている媽祖(まそ)の称号。

未完・・・・


[PR]
by officemei | 2012-10-23 00:23 | ■江蘇




周庄夏の風景;
水郷周庄;
[PR]
by officemei | 2011-02-08 00:08 | ■江蘇
e0094583_9501736.jpg
e0094583_950630.jpg
e0094583_9502944.jpg

太湖;
無錫旅情;
[PR]
by officemei | 2010-11-10 00:48 | ■江蘇
e0094583_1230332.jpg

[PR]
by officemei | 2010-09-29 00:29 | ■江蘇
君到姑苏见 人家尽枕河 故宫闲地少 小桥水巷多
e0094583_11493256.jpg
e0094583_11494476.jpg
e0094583_11495128.jpg
e0094583_11495912.jpg
e0094583_115084.jpg
e0094583_11501613.jpg
e0094583_11502556.jpg
e0094583_11503353.jpg
e0094583_11504091.jpg

[PR]
by officemei | 2010-09-26 00:47 | ■江蘇
上海の呉江路はフードストリートとして夙に有名なところだ。
中国の通りには各地の地名を冠したものが多いが、その呉江とはどんなまちなのか?

呉江は江蘇省東南部に位置する水郷で、西に太湖を望み、東は上海、北は蘇州に隣接する古くからあるまちだが、近年は上海近郊の工業地帯として栄えている。
基幹産業として、IT関連・紡績関連・ケーブル・光ケーブル・精密機械などがある。
e0094583_1640549.jpg

呉江市経済特区には数多くの欧米・日本企業が進出している。
昆山や蘇州にある「開発区」と比較しても遜色はないように思った。

各地の開発区・経済特区はどこもだだっ広いだけで無味乾燥だが、ここで目にするクリーンな風景にはホッとする。
e0094583_16382232.jpg
e0094583_16382968.jpg

呉江市日本事務所;
[PR]
by officemei | 2010-09-09 00:37 | ■江蘇