カテゴリ:■台灣( 379 )

花売りおばさんとビンロウ娘は台湾俗文化のひとつでもあります。
特に、ビンロウ娘(檳榔西施)は、大陸からやってくる団体観光客の参観スポットにもなっています。ビンロウについては後日詳細記載しますね。
大陸遊客到台灣旅遊,現在又多了一個新景點,就是檳榔攤,而且不只看還要吃。像今天這個旅行團,大陸遊客就特地去體驗台灣的“檳榔文化”,在台灣導遊的指導下,不論是男女,全都手拿檳榔嚐一嚐。大陸有檳榔,卻沒有所謂的檳榔西施,火辣身材配上養眼打扮,背後還有紋身,看在這群遊客眼裡,既新奇更好奇,特地要求遊覽車司機,下來讓他們瞧一瞧。檳榔西施也貼心地到車上賣檳榔,介紹檳榔吃法,這可是連台灣人都沒有的禮遇。

e0094583_11294746.jpg

e0094583_113028.jpg
e0094583_15452798.jpg


[PR]
by officemei | 2013-12-02 11:08 | ■台灣
「台湾温泉報告書“泡好湯”」という本を持っている(2006年10月台湾で出版された)。
この本に載っている台湾全島の温泉地をゆっくりと時間をかけて巡ってみるのが目下の夢だ。
e0094583_15462727.jpg
e0094583_15465211.jpg

e0094583_15474810.jpg
e0094583_1548732.jpg
e0094583_15482332.jpg
e0094583_15483970.jpg
e0094583_15503117.jpg

台湾には数多くの温泉があって癒しのスポットが多い。
素っ裸で楽しめる温泉、水着着用の温泉。いずれにしろ天然温泉の醍醐味が味わえる。
参考サイト;台湾温泉査詢・一湯誌;

既に巡った温泉でホームページのあったところをファイリング。
北投温泉;
三二行舘水美温泉會館太平洋温泉會館亞太温泉生活館川湯岩湯
金山温泉;
陽明山天籟温泉會館喜凱亞温泉酒店
烏來温泉;
箱根苑
礁渓温泉;
麗翔温泉客棧
蘇澳温泉;
蘇澳冷泉公園
瑞穂温泉;
瑞穗温泉山莊
紅葉温泉;
紅葉温泉旅社
泰安温泉;
泰安觀止温泉會館
谷關温泉;
伊豆温泉坊谷關温泉飯店
廬山温泉;
廬山園游泳池大飯店
關仔嶺温泉;
儷景温泉泉會館
寶來温泉;
轉角26温泉VILLA
四重渓温泉;
清泉温泉名所
茴香戀戀溫泉會館南台灣溫泉觀光大飯店

緑島・朝日温泉;
台湾東海岸の沖合いに位置する孤島。かつては思想犯や政治犯を収監した地。
1949年、国共内戦に敗れた国府軍(国民党軍)は大挙して台湾に逃れ、“台独即台毒”、“滅共復国”の政治スローガンを掲げて恐怖政治を敷く。その結果、多くの台湾知識人が冤罪で緑島送りになった。
その後、長期間続いた戒厳令が解除され、徐々にこの地は明るく変貌する。
今では台湾有数の海洋レジャー地となった。
その緑島に朝日温泉がある。日本統治時代には旭温泉と呼ばれたが、戦後に朝日温泉と改称された。
海水を含んだ温泉で、珊瑚礁の傍らにあり、目の前には太平洋。海上から朝日が昇るさまを、湯に浸かりながら味わえる。荘厳そのもの。 
e0094583_9191128.jpg
e0094583_9192164.jpg
e0094583_9192885.jpg
e0094583_9194012.jpg


秘湯・文山温泉;
ここの温泉は最高だった。何しろ大自然の中で湯に浸かる醍醐味。
台湾花蓮県秀林郷。太魯閣渓谷にある文山温泉。大理石の岩盤から温泉が湧く秘湯中の秘湯。
1914年、台湾総督府派遣の深水少佐が発見したことから、深水温泉と呼ばれていたが、終戦後は大北投温泉と呼ばれ、その後文山温泉に改称された。2005年、土砂崩れにより死傷者が出てから今日まで閉鎖中。
e0094583_9251128.jpg


e0094583_941754.jpg
陽明山・紗帽山温泉;
台北市の北側に広がる国立公園・陽明山。周囲には北投・新北投を筆頭に数多くの温泉が点在する。
その一画に紗帽山温泉がある。

ここは市北部の高級住宅地・天母の北に位置し、台北の中心部からだとタクシーで250元の距離(約40分)。時間的にも費用的にもお手頃の温泉地として人気がある。
台湾版「温泉割烹旅館」がいくつも点在しており、料理を注文すれば温泉が無料で利用できる。


e0094583_9434778.jpg
私が訪れたのはその中の「櫻崗」(行義路300巷)。

紗帽山温泉の老舗で今の主人は二代目。入り口はいたってこじんまりしているが、中には寿司カウンター・畳部屋・カラオケルームまである。大人数でも十分に利用できるだけのスペースがあって、食事や風呂を楽しみながら、森や遠くの市街地までも見渡せる。

泉質は白硫磺泉、42度。やや白濁した湯に浸かり、山の稜線越しにひときわ聳える台北101を望む。夜景なら更に情緒が増すだろう。

大浴場の入湯料は平日150元、休日200元、タオル50元。レストランで400元以上利用すれば入湯料無料。これはこれで納得できる値段だ。
利用客の殆どは現地の人たちで、湯に浸かりながら近頃の政治談義に花が咲いた。わいわい騒ぎ、のぼせてしまったが。


北投温泉;
e0094583_1031750.jpg
e0094583_1032678.jpg
e0094583_103358.jpg


北投温泉・三二行館;
またまたまた来てしまった。ここは私が最も安らぎを覚える場所。あ~ええ湯や~!
e0094583_9592325.jpg
中国にも風呂屋・クアハウス・サウナ・SPAは数々あるが、天然温泉は非常に少ない。まして露天は皆無だ。その点、台湾には温泉地がそこここにあって楽しめる。
特にここ数年はブームになっており、段々と高級化に向かっている。
北投で成熟の温泉リゾート体験を味わえる「三二行館」。
台湾にもニューリッチ層が定着したのか、このところ「一歩上を行く」宿泊施設やレジャースポットが増えている。



まず入り口がちょっと隠れた場所に。気にしていなければ行過ぎてしまいそうなところに、個人宅の表札のように「32」の小さな番地が。ホテルとは感じさせない自己主張のなさ。この控えめなところがかえって奥ゆかしい。が、門をくぐったとたん、あっけにとられるようなステキなガーデンが広がっている。

雑然とした北投温泉街の喧騒が嘘のようだ。回廊の脇を抜けると、彫刻がほどこされた高い木製の扉が開き、スタッフの優しい笑顔に迎えられる。

e0094583_1081653.jpg
5つしかないという客室は畳の間があって、テラスにヒノキの浴槽がついていたり、贅沢なかぎりなのだが、大浴場に行ってみてまた驚いた。
中央に大木がそそりたつ中庭的な空間に、いくつもの露天浴槽が用意されているのだ。

中央の円形の湯壷を中心にひろがる空間美。窓の外には北投の象徴というべき地熱谷の湯煙が風に流れていく様が映し出され、景観を重厚なものにしている。
中央の浴槽からこんこんと流れる湯に身を浸せば、そこにいるだけで自分がこの空間の主人になったような満たされた気分に。

さらに、この大浴場の優れているのは、北投にわく3種類の種類の違う温泉を同時に引いてきていること。白濁のイオウ泉、 ラジウムを含む青湯、そして世界でも珍しく、この土地の名前を冠した鉱石「ホクトライト」を含んだ温泉もあるところが珍しい。


e0094583_10103465.jpg並みいる温泉リゾートと対極にあるのは、その静けさとともに漂う品位。
音楽もことさら流すことはせずに、レストランにだけスロージャズが優しく響くのみ。
雑然とした温泉施設とは一線を画しており、もてなす側の心意気さえ感じてしまう。

そのもてなしの心は、付設のイタリアンレストランでも十二分に発揮されている。ファイブスターのホテルのイタリアン部門で活躍してきた若手シェフを招き、四季折々の食材を使い、温泉リゾートに合ったヘルシーなメニュー構成に余念がなかった。

三二行館 台北市北投区中山路32号 TEL(02)6611-8888
大浴場 平日1500元/1人、休日2000元/1人(4時間利用可能)
実はお得なのがあって、プラス500元でイタリア料理がいただける。
それに、マッサージやエステのオプションを頼めば入泉料の割引もある。
そもそも一般的なサウナの価格とは比べようもないほど高額だが、圧倒的な質の良さに納得。
http://www.villa32.com/

追記;
旧北投温泉公共浴場について;
[PR]
by officemei | 2013-11-29 21:10 | ■台灣
紆余曲折を経て愈々Vanilla Airが東京=台北に就航します。
但し、現段階では関空=台北はありませんので非常に残念。
e0094583_97344.png


日本最新的廉價航空(LCC)、全日空(ANA)旗下全資子公司「香草航空(Vanilla Air)」,正式宣布12月20日起開飛「台北-東京」!為慶祝即將進入台灣天空,香草航空也順勢發表令人心動的首航特價,台北飛東京台幣388元起(來回含稅最低新台幣1888元),12月4日下午2點發售!
12月20日開飛的「台北-東京」航線,每天一班,日本時間下午2點從東京成田機場起飛,台灣時間下午5點5分抵達桃園機場;回程下午5點50分從桃園機場起飛,日本時間晚上10點抵達東京。2014年1月29日後,增為每天兩班,除原有航班外,多了深夜10點20分從成田出發,台灣時間凌晨1點25分抵達桃園的紅眼航班,回程凌晨3點從桃機出發,日本時間早上7點10分抵達成田機場。
e0094583_98155.jpg


日前已搶先販售「東京-台北」機票的香草航空,即將於12月4日下午2點,開賣12月20日至2014年3月29日出發的「台北-東京」機票,並以「388」的首賣特價(售至5日下午1點59分,共1000張,搶完為止),搶攻小資族、背包客荷包。

目前經營「台北-東京」航線的廉價航空,除了準備起飛的香草之外,還有新加坡航空的子公司、廉航品牌「酷航(Scoot)」,挾飛機大、座位多(現用777-200執飛)的優勢,前陣子以單程未稅888元的流血清倉價,震撼市場!放眼未來,兩家外籍廉航在東京航線將如何競爭互動?國籍廉航成立後是否加入戰局?機票價格如何變化?都是值得觀察的重點。
[PR]
by officemei | 2013-11-29 03:41 | ■台灣
蝶の羽にマーク(標識)をつけて放し、捕獲された場所から移動距離を確認、蝶の生態系を知ることができる、こういったことをやっている人たちが多くいることを初めて知りました。
いわゆる「渡り」の実態調査ですね、興味深く感じました。
アサギマダラは浅葱(薄い藍色)の羽をした蝶のことで、日本から東南アジア、インドに生息しているそうです。
11月17日の長崎新聞記事:
Wikipedia参照:
e0094583_6232756.jpg


台湾は蝶の生息地として非常に有名なところです。土産品として蝶の標本も売っていますね。
以下の動画は、その台湾の澎湖諸島に日本でマーキングした蝶がやってきたというニュースです。

這次第一次在台灣澎湖,發現青斑蝶的蹤跡,而且翅膀上還有日文,這群青斑蝶,遠從日本飛來台灣,飛最遠的一隻 還花了五十七天的時間,打破了青斑蝶的長途遷移的歷史紀錄。
深褐色的翅膀,點點斑蚊,這是不常在台灣發現的青斑蝶,被發現時翅膀上面還也有日文,原來這是日本長崎大學生物系教授,去年標放的青斑蝶,從日本飛來台灣過冬,教授還特別來台灣找標有他名字的青斑蝶。
分別從日本長崎、山口縣遠渡來台的青斑蝶,飛行了三十一天,飛最遠的一隻,從日本長野飛到澎湖,花了五十七天的時間,打破了青斑蝶的長途遷移的歷史紀錄。
這讓台灣的研究人員都很興奮。
研究人員就說,第一次在澎湖發現青斑蝶蹤跡,而且十一月就發現七隻日本青斑蝶,十分罕見。
不過,目前還不確定牠們會留多久,想親眼目睹青斑蝶風采的民眾,可要把握時間,到澎湖看看這群從日本飛來的稀客。

[PR]
by officemei | 2013-11-27 21:28 | ■台灣
ラリーニッポン2013 in Taiwanというイベントが台湾各地で開かれます(11月28日~12月1日)。
往年の名車数十台が「謝謝台湾(ありがとう台湾)」と書いたゼッケンを張り、台北の総統府前をスタートし、4日間かけて台湾本島を一周するそうです。
東日本大震災に際し、世界一の援助額を拠出してくれた台湾の人々に感謝を伝えたいという趣旨だそうです。
詳しくは、
http://rallynippon.org/jp/activity/2013_t.html


息子の嫁は岩手の出ですが、父親はあの震災で亡くなりました。
娘の晴れ姿も孫の顔も見ずに逝ってしまいました。

台湾の人々は情に依って日本を励ましてくれました。
そこには政治の思惑や打算や、かけひきは一切ありませんでした。
どこかの国とは根本的に違う、人道主義に基づいた援助でした。
中国や韓国とは一線を画する、このような隣国があることを嬉しく思います。



[PR]
by officemei | 2013-11-25 01:16 | ■台灣
e0094583_18214895.jpg
以前、台北で大規模なデモがあった折、あることで台北市政府警察局の帽子をいただいた。
中国で一度かぶってみたが、なにかやばい雰囲気が漂い始めたのですぐにバッグに入れてしまった。で、日本にいるときにはもっぱら愛用している。
以前、台南で会った日本の警察官、彼は国内の外国人犯罪に関する部署から派遣され、台南で中国語を学んでいた。日本の警察は、中国語研修を台湾でやる。中国ではやらない。
私は警察・検察・裁判通訳をやるが、100%中国人の取り調べで、台湾人の取り調べには未だ立ち会ったことはない。
e0094583_13482966.jpg

さて、台湾警察のちょっとショッキングな影像;を見てしまった。

日本ではいい意味でも悪い意味でもこうはいかないだろうが、それにしてもパトカー同士の連携不足とか射撃精度の低さ等に疑問が残る。こんなに撃ってもHit しないものなんだ。

おまけ;
中国・大連の警察の帽子とジャケットを借りたこともあった。
持ち主は実は警察官ではなく、何らかの経路で入手したらしい。車の後部座席にさりげなく置いておくと車上荒らしに遭わないらしい。
なんともはや二の句が告げられなかった・・・
e0094583_2222280.jpg
e0094583_22222878.jpg

[PR]
by officemei | 2013-11-23 22:23 | ■台灣
e0094583_11493568.jpg

[PR]
by officemei | 2013-11-18 11:50 | ■台灣
11月8日からの3日間、台湾では日台両国代表の強化試合が行なわれました。日本代表はグラウンドで台湾の東日本大震災の支援に謝意を表わす横断幕を掲げ、台湾の人々から暖かく迎えられました。

中央通訊社報道;
你可以為同一件事情感謝對方多少次?
2011年,台灣援助日本東北大地震,2年多來,日本人處處展現感謝之心,在機場、球場、海上、陸上,不斷地向台灣人道謝,在一次又一次的感謝聲當中,台灣也想向日本好好說聲謝謝,謝謝你們!讓台灣看見友誼的美好!

e0094583_12104032.jpg


オープニングでは台湾のチアガールが花を添えましたが、台湾では野球の試合でこういったパフォーマンスがあります。野球よりもこちらに興味のある方必見です。




[PR]
by officemei | 2013-11-16 12:13 | ■台灣
唐突ですが、つい最近発生した北京天安門での事件報道(ウイグル族が車で突入・大破炎上)に接し、私はある映画を思い出しました。
その映画の一シーンにこのような言葉が出てきます。
文明が我々に屈服を強いるなら、俺たちは野蛮の誇りを見せてやる

中国には新疆ウイグル自治区、寧夏回族自治区、内蒙古自治区、広西壮族自治区、西蔵自治区と五つの自治区がありますが、この自治区というのは漢族の視点から見た異民族の自治領域です。にもかかわらず、漢族の流入により彼らは人口的にも社会的にもマイノリティに甘んじています。要するに漢族に統治された植民地ととらえた方が分かりやすいでしょうか。中国の地図を見て、これらの自治区と青海省(ここもチベット族の地)を塗りつぶすとわかりますが、ほぼ中国の領土は半減します。
自治区の名称を植民区と呼んだ方が妥当かもしれません。特にウイグルとチベットは漢族の支配に抵抗していますので、今回の事件もその一環です。
文明が我々に屈服を強いるなら、俺たちは野蛮の誇りを見せてやる
漢族が我々に屈服を強いるなら、俺たちは民族の誇りを見せてやる
この言葉が耳について離れません。

e0094583_19132254.jpg冒頭の映画とは、2011年に台湾で公開された「賽德克·巴萊(セデック・バレ)」のことです。
この映画は実に見ごたえがありました。
台湾の映画ですが、全篇台湾原住民のセデック語と日本語だけで、中国語はほとんどでてきません(大多数の台湾人もそれではまったくわからないので中国語の字幕がついています)。
1930年(昭和5年)10月27日に、当時の台中州能高郡霧社(現在の南投県仁愛郷)で起こった台湾原住民による抗日暴動を描いたもので、日本史では「霧社事件」と呼ばれています。
大陸で盛んに上映されている安っぽい反日映画とはまったく異なる出来栄えで、決して反日映画ではありません。善玉と悪者という位置づけではなく、当時の台湾統治に関わった日本人、言葉を換えれば文明的なものと、気高く自然とともに生きてきた台湾原住民が、必ず負けるとわかっていても立ち向かう彼らの誇り、その双方の戦いのさまを一つの物語に仕立てた映画です。
台湾原住民については後日詳細に説明したいと思います。
さて、かつての台湾原住民には、敵対部族の首を狩る風習がありました。これを「出草」と言います。一人前の成人男子と認められるには、必ず首狩り(出草)を行なわなければなりませんでした。

この映画に登場するセデック族はタイヤル族系統の支族だと思いますが、ビビアン・スーも出演しています。彼女の母親も確かタイヤル族だったと記憶していますが。
それと、日本人の警官役で関西の芸人・木村祐一が出演しています。辺見えみりの元夫の彼です。
映画の中では可哀そうにセデック族に出草され、首が飛ぶシーンがありました。
台北南郊の温泉地として有名な烏來にある「烏來泰雅民族博物館」に行けば、タイヤル族の歴史、伝統文化、生活風習、宗教信仰、祭典行事などの展示を見ることができます。

e0094583_2323039.jpg
e0094583_2325096.jpg
e0094583_233742.jpg
e0094583_233251.jpg
e0094583_2334169.jpg
e0094583_234170.jpg
e0094583_234162.jpg




賽德克·巴萊(賽德克語:Seediq Bale   {發音}(帮助·信息))是一部2011年上映的分為上下兩集的臺灣電影。片名《賽德克·巴萊》意為「真正的人」,在賽德克語,賽德克(Seediq)是人的意思,而巴萊(Bale)是真正的意思。 本片分为上下两集:上集以象徵日本的太陽旗為名,由1895年日軍占领臺灣開始,到1930年莫那·魯道带领族人反抗日本的统治而引发霧社衝突; 下集《彩虹橋》則進一步描述日軍大举進犯霧社,莫那·魯道帶領賽德克族浴血抵抗日軍的過程,並深入刻畫族人從容犧牲後,越過彩虹橋回歸祖靈的故事。
[PR]
by officemei | 2013-11-16 03:06 | ■台灣
早朝からパイナップルケーキ、これがブラックコーヒーにけっこうあいますよ!
e0094583_6125341.jpg


定番の台湾みやげ、それは台湾を代表する銘菓「鳳梨酥」。
日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれ、台湾語だと「オンライソー」、中国語で「fenglisu」と発音します。
この「鳳梨酥」は数多くの菓子メーカーから出ていますので、どれにしようか迷ってしまいますね。
例えばこれもうまいですね。

e0094583_6134046.jpg

e0094583_6454896.jpg「李製餅家」は基隆の老舗菓子店ですが、台北のリトル東京とも呼ばれる林森北路に支店があります。見過ごしてしまうほどの小さなパッとしない店構えですが、連日大盛況です。この店の位置はちょうど林森北路と南京東路の交差点にマクドナルドがありますが、その斜め前。ごくごく庶民的な店構えと値段の安さと味の良さで、国内外の常連客に人気のお店です。ばら売りもしていますよ。
e0094583_6552868.png


高級志向で一番のお薦めは創立1890年(清代光諸16年)の老舗「舊振南餅店」の鳳梨酥。
本店は高雄にありますが、台北ではSOGOや三越に出店し、確か台北新天地A11館、桃園空港・松山空港にもあるはずです。
数ある中で、ここの鳳梨酥を味わえば他の鳳梨酥が色褪せてしまいますよ。
e0094583_65284.jpg
e0094583_655412.jpg
e0094583_661745.jpg
e0094583_66282.jpg

[PR]
by officemei | 2013-11-15 06:17 | ■台灣