カテゴリ:■日本( 166 )

名古屋では有名な味仙の台湾ラーメンが、カップ麺になって日本のコンビニで売っています。
この種のラーメンは台湾にはありませんし、大体辛い味付けは台湾伝統の味ではありません。
なので、この「台湾ラーメン」はこの店の主人が台湾人だったので命名されたものです。
実際、台湾人も食べたことのない「台湾ラーメン」、びっくりしちゃいますね。
カップ麺「台湾ラーメン」;
要來看台灣沒有的《台灣拉麵》!
應該台灣人都沒吃過吧?因為我自已也是第一次看過這種連台灣人都不知道的拉麵。
這款拉麵真正的發跡地點是在日本的名古屋,由一位台灣人”郭明優”於1970年推出的菜單。
而這間名叫味仙的台式料理店,主打的台灣拉麵聽說吃起來像是加辣擔仔麵,很久以前的日本還沒有這麼讓人辣得過癮的拉麵,所以此麵一出現就受到日本人的喜愛,而且一賣就是40年。

為了滿足全國的日本人,泡麵廠商推出台灣拉麵泡麵。
e0094583_1826521.jpg

e0094583_18265793.jpg

e0094583_18244193.jpg

[PR]
by officemei | 2013-10-16 18:41 | ■日本
お辞儀は日本人にとって相手に礼を尽くすことを意味します。
かつての中国にも当然ありましたが、今はまったく廃れています。
恥を知らない多くの中国人には奇異に感じるやもしれませんね。
でも、中には感じてくれる人もいますが。
以前に書いた台湾の中国語についての感想ですが、台湾には日本と同じような丁寧さ、思いやりを感じます。元来中国語には豊富な礼を重んじる言葉があるのに、人民中国?になってからは使われなくなったのは文化の貧困を感じざるを得ません・・・
言葉によるCS;

有去過日本的人一定很有感覺,在路邊應該會看到要道別的兩個人互相鞠躬,或是,買完衣服鞋子店員會送你到門口然在外加深深一鞠躬,搭乘電車如果車掌進車廂 的第一件事也是鞠躬,甚至可能看到一旁在講手機的人,明明電話那頭的人看不到,但是他們在回答「嗨!」的時候也不停的鞠躬!
e0094583_12503051.gif


電車清潔人員;

百貨公司開門後和打烊前送迎客人;

過馬路時;

小學生下課和朋友道別;

電梯小姐;

奈良古都的小鹿;


日系百貨門面、電梯小姐年砸「300萬」;

[PR]
by officemei | 2013-10-07 13:06 | ■日本
讚﹗讚﹗讚﹗非常興奮﹗
爭取2020年奧運主辦權的有日本東京、土耳其伊斯坦堡、西班牙馬德里這3座城市。台灣時間4時20分左右,IOC主席宣布由東京爭取到主辦權。

[PR]
by officemei | 2013-09-08 05:54 | ■日本
岩手三陸産の生うに;
台湾でも視聴できるNHK朝の連続TV番組「あまちゃん」の舞台、岩手県久慈市からわざわざ送ってきてくれました。息子の嫁の実家です。ちょうど今、ウニ採りのシーズンだそうです。生うにの牛乳瓶詰め、あったかご飯にてんこ盛りの生うに、最高ですネ!
e0094583_9345245.jpg

e0094583_930411.jpg
e0094583_9301089.jpg
e0094583_9301650.jpg

e0094583_9334563.jpg

[PR]
by officemei | 2013-07-19 09:35 | ■日本
祇園祭も、もうすぐやなあ。
JRのCM「そうだ、京都に行こう」、というわけには遠すぎていかへんし、今年の夏も帰れへんかもしれへんなあ・・・
なんや、祇園囃子と京ことばが聞こえてきたで。ええなあ・・・

若いもんの会話から;
ほんまに久しぶりやなあ。
真是好久没见了
京都に帰ってきたん10年ぶりやもん。
我十年没回京都了嘛
そうか、お母はん、亡くならはったんやもんなあ。
是吗。你母亲过世了吧。
そう。
嗯。
いつまでこっちおんの?
在这呆多久?
明日帰るよ。
明天就回去。
そうなん?
这么快?
ほな、今晩めし行こか?
那晚上一起吃饭吧。
ええよ、おごりね
好啊,你请客哦!


遅うなりましてすんまへん。
不好意思我来晚了。

よろしいなあ、京ことばのこの響き。

祇園界隈で舞妓はんと出おたとき;
いや~、〇〇はん。今日もええお天気どすな。
哎呀,某某先生,今天天气很好呢。
ほんま、ええ天気ですわ。
是阿,天气真好。
今日も綺麗やねえ。
今天也是这么漂亮啊!
おおきに。
谢谢。

祇園界隈の料亭門前で;
えらいすんまへん。うちはご紹介のお客さんだけでやらしてもろうてますさかい。
真对不起。我们店只招待介绍来的客人。

子供のころ、ようお母はんに言われたもんや・・・
靴は正面で脱いでから振り返って並べるもんどす。
鞋子要在正门脱了之后反过来摆好。

京ことばは響きがええけど、きつ~い言葉です。

ほな失礼します。
那么我就告辞了。




[PR]
by officemei | 2013-07-02 00:58 | ■日本
東日本大震災から二年が過ぎました。
あの日、息子は八戸港付近の仕事場で津波に遭い、その後の長い期間、仕事場の復旧作業に従事していました。
ある日、気分転換のために仲間とバスケットをやりに八戸から岩手県の久慈に出かけ、その地である女性と出会ったのです。
彼女はこの震災で父親を亡くしていました。ふさぎ込んでいた彼女は家族の勧めもあって、久しぶりに外出し友人がバスケットをやっているのを見に行きました。
出会いとは不思議なものですね。一年後、結婚、そして出産。今年、3月11日は嫁の父親の三回忌。
遠く離れて暮らしてはいますが、3月11日という日は我が家族にとって重要な日になっています。

台湾・華視新聞;
日本311地震兩週年,災民生活勉強安頓,作息漸漸恢復了,大海嘯所帶來的破壞和垃圾都清的差不多了,照理說四週的景物已漸漸不再讓人觸景生情,但是311世紀強震海嘯的惡夢永難磨滅,即使災後兩年了,災民的傷痛依舊。日本時間下午2:46分311大劫滿兩週年的時刻,日本官方和民間舉行追悼儀式,悼祭亡者、撫慰生者。

日本時間下午兩點46分,警報響起,正如兩年前大海嘯來襲時,警報大作的那一刻,生還者在災區肅立默哀,僧侶嗚鐘悼祭亡靈。東京國立劇場也舉行東日本大震兩週年的追悼式,久未露面的日皇明仁和皇后美智子也出席,悼念死者、鼓勵生者。

排山倒海瞬間帶走人間的歡樂,兩年後的今,重災區仍有31萬5千人離鄉背井,福島核災受災戶也有三萬三千多人住在組合屋,雖然生活作息正常,雖然所有有形的景物都已看不到災難的影像,但無形的傷痛仍在,而痛失親人的倖存者,面對生離死別的煎熬,更需要勇氣活下去。



昨年三月、台湾の新聞やTVに日本からの「感謝広告」が流れました。
そして来年2014年2月以降にはこの「感謝広告」が台湾の教科書に掲載されることになったそうです。
取り上げられたその広告には、石巻の中学生たちが「元気です。ありがとう台湾」と書かれています。
台湾の中学3年生「公民」の教科書に、国際社会への関心の重要性を紹介する項目資料として掲載されます。
e0094583_849456.jpg


2012年に台湾で放送された広告とNEWS;



■ 感謝台灣
■ 台湾からの義捐金
■ 大地震大津波

一方、中国は二周年追悼式を欠席しました。これは式典の献花に際して国名を読み上げる「指名献花」に、今年から台湾が加わったことを受けた事実上のボイコットで、「追悼式で台湾の関係者を外交使節や国際機構と同等に扱った」と、声高に抗議を表しました。
昨年の式典では、多額の義援金を寄付した台湾を、民主党政権は指名献花から外し礼を失しましたが、今回、自民党政権は当たり前の対応を躊躇なく行なったということです。

ちなみに当時の各国からの義捐金をチェックしてみますと(額の多寡と心遣いは別物ではありますが)、台湾からの義捐金が圧倒的に多いということに驚きます。
わずか九州と同じくらいの国土、人口2,300万の台湾が、国連から脱退して40年近くになる孤高の台湾が、人口13億5千万、GDP世界2位の中国の5倍以上もの義捐金を送ってきたことに我々は想いをいたすべきです。

台湾の代表を式典に公式に招くのは当然のことです。
前政権が中国に遠慮し、公式な献花の場に台湾代表を招かなかった行為は日本人として恥ずべきことではありませんか。
加えて、人道よりも政治を優先する中国(共産党政権)の式典ボイコットも我々は記憶に留めておきましょう。
かつて中華民国総統・蒋介石が日本敗戦時に言った言葉、「以徳報怨」を思い起こします・・・

e0094583_8475624.jpg



朝日新闻/天声人语20130311;
歳月は気まぐれなランナーに似ている。のんびり流しているかと思えば、一転、歩を速めて移ろいもする。ひと続きの時の大河に、私たちのささやかな命は浮き沈み、現れては消える。震災被災者にとって、恐らくは激流のような2年が過ぎた。
いや、時は止まることもある。宮城県名取市の会社員、桜井謙二さん(38)の悲嘆を本紙で読んだ。妻(当時36)と長女(同14)次女(同10)を、マイホームもろとも津波に奪われた。
「みんな復興へと動いている。でも、私は家族を失ったという思いにとどまっています。そんな気持ちを口にすることも難しくなっている」。自宅跡の更地にたたずみ、3人との日々をただ感じているという。
〈そのあとがある/大切なひとを失ったあと/もうあとはないと思ったあと/すべて終わったと知ったあとにも/終わらないそのあとがある〉。谷川俊太郎さんが先ごろ、本紙夕刊「今月の詩」の最終回に寄せた「そのあと」だ。絶望を生き抜く者への励ましが、静かに胸に迫る。
〈そのあとは一筋に/霧の中へ消えている/そのあとは限りなく/青くひろがっている/そのあとがある/世界に そして/ひとりひとりの心に〉。桜井さんの時間も、やがて、ゆっくりと動き始める。
先は見えない。だが見えずとも先はあって、被災者も、寄り添う国民も「そのあと」を生きてゆく。犠牲者は「私たちの分まで」と声をからしていよう。三回忌を区切りにできる人ばかりではないが、今は前を向きたい。

訳1)岁月就像随性的跑步者,你正以为他在慢悠悠的前行,倏忽一下,他就迅速加快了步伐。我们小小的生命在不断流淌的岁月大河中,时沉时浮,忽隐忽现。对于地震灾区的受难者来说,这两年的岁月恐怕是如激流般流淌而过。
不,有时岁月也会忽然停止流转。在本报读到宫城县名取市公司职员樱井谦二(38岁)发出的感叹。妻子(当时36岁),长女(当时14岁),次女(当时10岁),房子都被海啸吞噬了。
“大家都在致力于灾后重建,但我还陷在失去家人的忧思之中,并且越来越难用语言表述这种心情”。他经常徘徊在自家房子的遗址,怀念着与妻女共度的日子。
“那之后/失去亲人之后/以为没有以后之后/知道一切都结束了之后/还有永不终结的之后”。这是谷川俊太郎之前寄往本刊晚报“今月之诗”栏目最后一回的“那之后”。诗中透露出的对在绝望中苦苦挣扎之人的勉励之情,轻轻敲打着我的心门。
“那之后/全然消失在雾中/那之后蓝天/扩展无限/那之后还在世界里/那之后还在人们心田里”。属于樱井的时间不久之后终会开始启动。
看不到将来。但是看不见也有将来,受灾者、相依为伴的国民们都在“那之后”继续生活。牺牲的人们一定在声嘶力竭地呼喊着“替我们好好活着”。并不只是要把二周年当成一个段落,更要活在当下,面向未来。

訳2)岁月好似心血来潮的赛跑者。以为它会缓缓地流逝下去,谁想也会突然加快更迭脚步。在时间的长河里,我们微小的生命浮沉,出现又消失。但对于震灾受害者来说,这恐怕是有如激流的2年。但时间也有停止之时。我在本刊读了宫城县名取市的员工樱井谦二(38岁)的悲叹。他的妻子(当时36岁)、长女(当时14岁)以及二女儿(当时10岁)连同自己的房屋全部被海啸吞噬。“大家都在为复兴行动着。而我却一直停留在失去家人的悲痛中。连把这份心情说出口都在变得越来越难”。他站在原本是自家房屋的空地上,缅怀着曾经与妻女三人的日子。“有种东西叫‘之后’/失去了重要的人之后/以为不会再有有后续之后/就算知道一切都完了之后/也会有并没有结束的‘之后’”。谷川俊太郎先前为本刊晚刊的“本月诗”的最终回献上的《之后》。诗中静静透出一股鼓励绝处逢生之人的力量。“之后一心一意地/消失在雾中/之后无限地铺出一汪蓝/那之后永远存在/在世界中,在每个人的心里”。樱井的时针不久之后定会缓缓开始走动。前面的路看不见。但就算看不见,前面的路都在那里。无论是受灾者还是紧贴的国民,都在对“之后”的期待中向前走。我想牺牲者们应该在嘶声叫喊“请连我们的份一起活下去”吧。并不是所有的人都可以把三周年祭当成一个段落,但现在我只想向前看。
[PR]
by officemei | 2013-03-11 10:20 | ■日本
感謝台湾

3月16日読売新聞編集手帳より; 
台湾には「一口のご飯をいただいたら、米一斗をお返しする」ということわざがある。受けた恩は何倍にもして返す、の意味。東日本大震災に、台湾は世界最大規模の200億円の義援金を寄せた。

台湾の人にとって、直近の「一口のご飯」は1999年9月、2400人が死亡した台湾中部地震で日本が差し伸べた支援の手である。政府は大型の緊急援助隊を派遣し、阪神大震災で使用した仮設住宅も無償提供した。

感謝と恩返しの精神は日本の文化でもある。東日本大震災のひと月後、川崎市の女性が台湾紙に支援感謝の広告を出そうとネットで呼びかけた。広告費は240万円だったが、短期に2000万円が集まり、余った分は被災地に寄付された。

「大震災1年」の11日には、対台湾交流窓口機関の交流協会が台湾紙やテレビに感謝の広告とCMを出した。CMには、仙台で被災した母子が「元気です。ありがとう台湾」のメッセージとともに笑顔で登場している。

政府主催追悼式での台湾代表の扱いについて、野田首相は国会で陳謝した。外交関係は途絶えていても、紡いできた交流の糸は大切にしたい。

e0094583_5585299.gif政府が主催した東日本大震災の一周年追悼式典で、台湾の代表が指名献花から外されるという扱いを受けた。

震災で93の国・地域、国際機関から寄せられた義援金や救援物資は集計分で計175億円だが、これに含まれない台湾は単独で200億円超もの義援金を寄せた。日本政府の対応は、人から受けた恩を忘れない日本的精神からも恥ずべきものである。
台湾の代表は「民間機関代表」と位置づけられ、各国代表らに用意された会場1階の来賓席ではなく、2階の一般席に案内された。この問題が取り上げられた参院予算委員会で、野田佳彦首相は「(台湾の人々の)お気持ちを傷つけるようなことがあったら本当に申し訳ない」と陳謝した。
しかし翌日の記者会見で、藤村修官房長官は「外交団という仕切りの中で整理され、外務省と内閣府で調整済みだった」と述べた。首相の謝罪を否定するかのような礼を欠いた説明だ。

昭和47年の日中共同声明によって日本は中国と国交を樹立し、台湾との外交関係は消滅した。藤村長官は参院予算委での答弁で、日中共同声明が「わが国の基本的立場」と述べたが、問題は台湾に対する日本政府の態度が過度に中国に配慮していることである。
共同声明は「日本国政府は、この(台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であるとする)中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重する」などとある。
これは文字通り、中国の立場を尊重することを意味しているが、一方で日本の独自の判断まで否定しているものではない。しかし、実態は中国の主張をそのまま受け入れる形になっており、もっと柔軟性を示してよい。

台湾では日本統治時代(明治28年~昭和20年)に教育を受けたいわゆる「日本語世代」を含め、日本に親近感を抱く人が少なくない。馬英九総統は東日本大震災発生の翌日に緊急援助金を発表したが、集まった義援金の大半は心がこもった個人の寄金である。
人口2300万人の台湾から日本への観光客は一昨年は138万人、震災の昨年でさえ114万人にものぼった。日本に支援を差し伸べてくれた隣人への非礼に対する謝罪の意を、政府はきちんとした行動で示すべきだ。それが、復興に向けたけじめである。(産経新聞より)

e0094583_5552395.gif日本去年311大地震引發的複合式災難剛滿周年,日本交流協會日前拍攝感謝影片,預計在日本播映一周,感謝台灣在311對日本的援助,並告訴台灣人:「現在我很元氣,台灣,謝謝你。」

影片中有五個小故事,有地震當天在醫療設備停擺下出生的「小虎」、地震時用手寫方式發行報紙的石卷市「日日新聞」、用地震殘骸做椅子,發送給大家的木工師傅、海嘯來襲時,將自己綁在船上,要與船共生死的漁夫,以及一支太鼓校隊,用校車輪胎製作太鼓。他們紛紛訴說自己重振希望的故事,謝謝台灣的強力應援,讓他們沒有被打倒。

這顆感恩的心傳到台灣,讓台灣民眾很感動,有人看廣告哽咽,有人流淚。還有網友分享自己去年在日本京都的龜岡火車站看到「感謝中華民國(台灣)」的大看板,身為一個自助旅遊的背包客,讓他當場流淚。

然而就在台灣人感動的接受這分感恩時,卻傳出311一周年追悼會時,台灣代表被列為「民間機構代表」,並未受邀請上台獻花,事後日本內閣官房長官藤村修,表示這樣安排是合宜的外交應對。


日本政治並不代表日本人民,而愛心與政治也不該混為一談,「為善不求回報才是真功德」。況且從先前種種故事看來,日本人民是真心感謝台灣的援助。
[PR]
by officemei | 2012-03-16 17:47 | ■日本
還是老歌星的歌藝像酒一樣、越老越香醇・・・

高橋真梨子、她的特殊嗓音、極具辨識力、再加上詞曲才華、還有個人的魅力風格、在在固著了都會熟女的向心力・・・
輕快優美的節奏旋律裡、所引導而出的、赤裸地描繪著都會裡的男男女女、那讓人臉紅心跳的激情與愛怨。「はがゆい唇(焦慮的雙唇)」這首歌曲的作詞者「阿木耀子」也是當代的大家之一、這歌詞在她筆下將現實的情慾刻畫地如此深刻、再加上高橋真梨子富有韻味的唱腔詮釋下、讓人內心為之震撼、並一同隨著歌聲、感受只屬於高橋真梨子的女性成熟魅力。
「桃色吐息(桃色的嘆息)」、隨著她柔情似水、卻又充滿詩意的歌聲表情中、有如置身一場圓舞曲的夜宴裡、華麗卻充斥著複雜的思緒。




[PR]
by officemei | 2011-07-23 23:23 | ■日本

[PR]
by officemei | 2011-06-30 01:11 | ■日本
(6/15)
「京都外国語専門学校」。
昭和45年の夏、私はここの中国語夏期講座を受講した。
先生は金老師、生粋の老北京で満州旗人、私にとっての「中国語デビュー」だった。19の夏・・・
東京の大学生活を一時切上げ約5ヶ月、下鴨松ノ木町辺りのアパートに住んでいた郷里の友人宅に居候し、通った。
当時、京都には市電が走っていたが、私は金もないのでずっと歩きだった。
出町柳、荒神口、丸太町と鴨川河畔を歩き、東山二条西入るにある学校で授業を受けた。
そのあと四条南座近くにあった氷屋でアルバイトをしていた。祇園の料亭から注文を受けてすぐに氷を運ぶ仕事だった。その後かれこれ四半世紀が過ぎた頃、初めて祇園の宴席を体験した。
舞妓・芸妓の艶やかさに触れたのは後にも先にもこの一度だけだが・・・

京都生活の翌年、東京の大学に帰り中国語を専攻、良き師、良き先輩、良き同学に恵まれて充実した学生生活を送ることが出来た。
卒業後、在北京日本大使館に赴任、激動の中国を実体験することになる。
帰国後、大学院入学。
不運ながら病を得て帰郷、入院手術、再上京を断念。
目指した道から大きく逸れてしまったが、なんとか「中国」にしがみついて今日に至っている。

京都はそんな私の原点なのだろう、無性に恋しくなるまちだ。

もうすぐ祇園祭の季節がやってくる。
青春時代の思い出をたどり、祇園界隈をぶら歩き。
頭の中で祇園囃子が聞こえる。

明日から中国モードに回路を切りかえないと・・・


[PR]
by officemei | 2011-06-19 00:39 | ■日本