カテゴリ:■黑龍江( 11 )

寒いところは苦手です。
若い頃、北京の冬を三度暮らしただけで腰をやられました。それが私の人生に大きく係わってしまいました。
冬の東北三省・内モンゴルなど北方の地を訪れるのはこりごりなのに、もう何十回も訪れています。
私は南方に棲息したい! 人生最後の棲家は台湾でと切に切に望んでいます。
e0094583_1823635.jpg
e0094583_18231436.jpg
e0094583_18232329.jpg

[PR]
by officemei | 2014-02-10 18:33 | ■黑龍江
於黒龍江・黒河(2012我的影集);
e0094583_20304923.jpg

e0094583_20314357.jpg

e0094583_2032597.jpg

[PR]
by officemei | 2012-12-31 20:32 | ■黑龍江
e0094583_13262334.jpg
2010年1月31日ハルピン発新華社電;
黒龍江省大興安嶺地区で零下50.1度の超低温を記録!


このニュースを読んで、私は2008年2月のハルピンを思い出した。
以下、当時のメモ。

私は寒さにめっきり弱く、冬はコタツで丸くなるほうで、ウインタースポーツもやりたくない。
若い頃、北京で数年暮らしたが、不摂生と冬の寒さのせいで?腰を痛めた。
そのことで私の人生も大きく変わってしまった。
寒さは私にとって疫病神だ。冬に北方へでかけるのはぞっとする。





e0094583_19512543.jpg
e0094583_19514360.jpg
e0094583_19515994.jpg
e0094583_19553057.jpg
e0094583_19554723.jpg

[PR]
by officemei | 2010-02-01 22:04 | ■黑龍江
所かわって、黒竜江省大興安嶺地区漠河県にある中国最北端の村、北極村。
私は寒がりで腰も悪いしトイレも近い。
冬に北方へ行くのは極力避けたいが・・・
明日はまだしもましな大連へ飛ぶ。
台湾の温泉が恋しくなる・・・
e0094583_16591062.jpg
e0094583_16591985.jpg
e0094583_1659289.jpg
e0094583_16593429.jpg
e0094583_16594042.jpg

[PR]
by officemei | 2009-12-04 23:57 | ■黑龍江
さあ、今年も寒い季節がやってきた。
e0094583_17571492.jpg

[PR]
by officemei | 2009-10-30 17:58 | ■黑龍江
大連とハルピンでは、モーテル168(莫泰168連鎖旅店)に宿泊した。
1泊素泊まり170元ほど。
Motel168大連友好広場店;
e0094583_10395259.gif

莫泰168ハルピン東大直街店;
e0094583_10405228.gif

室内はまあまあの清潔さで、TVもインターネットのLANも完備。
シャワールームもトイレも洗面も合格点。
狭さは日本のビジネスホテル並みだから別に問題はない。
ただ、壁とドアが薄いせいか廊下と隣の部屋の声が多少気になった。
それと冷蔵庫が無い。
まあ値段からすればこれで充分ではあるが。
上海の美林閣グループの経営で、中国企業の3つ星ホテル(外資の経営ではない)よりはよほど快適だった。
[PR]
by officemei | 2009-04-29 09:31 | ■黑龍江
4月17日、08:20PM大連発・CZ6262便に乗って、09:50PM、ハルピン空港着。
市内のホテルにチェックインしたのは午前0時前。
翌18日、関連会社3社訪問。
昼には餃子店で蒸し餃子を食す(ハルピンの餃子は中国で一番旨いといわれている)。
食後、ハルピンから瀋陽へ移動。

e0094583_21432337.jpg
e0094583_21433694.jpg
e0094583_21435216.jpg

[PR]
by officemei | 2009-04-29 08:53 | ■黑龍江
e0094583_16535138.jpg
e0094583_16541237.jpg
e0094583_16542786.jpg
e0094583_16545354.jpg

[PR]
by officemei | 2007-12-09 05:52 | ■黑龍江
今日9月18日は、9・18満州事変勃発76周年にあたる。
76年前の今日、露骨なやりかたで日本軍の満州侵略が始まった・・・


日中国交回復後、大陸における戦後未帰還者(邦人)の調査拠点が在北京大使館領事部に設置された。

私は約二年間その部署に配属され、東北三省を主として、中国各地に居住する所謂「日僑」「日本孤児」の所在調査に携わった。

辺境の田舎町(戦時中の開拓団ゆかりの村々)にどれだけ多くの日本人が残留したか、当時私はその数の多さに驚き、胸を痛めた。

1945年夏、ソ連軍の満州侵攻、関東軍の無力化、多くの在満日本人は棄民と化して彷徨うことになる。

集団自決。
親が子を殺したり捨てたりせざるを得ない極限の状況。
老いた者は足手まといになることを嫌い自ら命を絶つ。
女は凌辱されることを恐れ自殺。
極度の緊張、疲労、飢餓、絶望の中で、ハルピン・新京(長春)・奉天(瀋陽)・大連を目指した。

その逃避行から、集団に遅れる者、捨てられた者、道に迷った者たちは、或いは路傍に屍を晒し、或いは現地の人に引き取られていく。
敗戦後の満州にはこのような光景が至る所で見られた。

黒龍江省はソ連と国境を接し、戦争終結時のどさくさに突如侵攻してきたソ連軍に蹂躙されることになる。

遥か黒龍江の各地から命からがらハルピンに到着するまでにどれだけの苦難を経たか、筆舌に尽し難い。
1945年8月の暑い日を、日本人たちはハルピンへ、ハルピンへと目指した。

私は嘗て、その当時の開拓団生き残りの人たちと、牡丹江から東京城に至る地域を訪れたことがある。

現地農民と旧開拓団員との交換会、宴会と続き、私は人生初の大失態を犯した。

泥酔の挙句、意識を失くし、馬車で宿泊先まで送られたらしい。翌日、激しい頭痛と吐気で目覚めたときに、昨夜の宴会途中からまったく記憶が無い事に気付く。

初秋の夜、黒龍江省の奥地、暗い田舎道を馬車が行く。
ちょっと想像しづらい情景・・・

私は、これまでも、これからも、ハルピンに訪れる機会は少ない。
私にとってのハルピンは、嘗て接した黒龍江開拓団員や日本孤児の悲惨な逃避行の目的地としての定義が強く残り、重く暗いイメージから抜け出せない・・・



More
[PR]
by officemei | 2007-09-18 17:21 | ■黑龍江
キタイスカヤ・・・
ロシア語で「中国人のまち」を意味する。
ハルピンの目抜き通り。
現在は中央大街と呼ぶ。

19世紀末、帝政ロシアはシベリア鉄道を敷設し南下政策を開始。
日清戦争後の遼東半島における日本の権益を三国干渉により放棄させ、東清鉄道敷設権を清朝からもぎ取った。
これによって帝政ロシアによる極東支配の拠点として、ハルピンの都市建設が始まった。

ハルピンの都市建設には多数の中国人労働者が使われた。
彼らが建築資材を積み下ろしする場所を、ロシア語で「中国人の街」を意味するキタイ・スカヤと呼ぶようになる。
現在、この通りはロシア風の街並みが色濃く残っていることにより、通りの名称とは逆に「ロシア人街」の感がある。

松花江へと延びるキタイスカヤ通り(現中央大街)、ロシア風建造物に石畳、惜しいかな、人が多すぎて情緒感に欠ける。



[PR]
by officemei | 2007-09-16 12:50 | ■黑龍江