カテゴリ:■雑記・所感( 298 )

李敖现年64岁,哈尔滨人,14岁随父母到台湾.著名作家、评论家和历史学家.爱打官司,口诛笔伐,告人无数.对收藏古字画也有兴趣.一共有九十六本书被禁,创下了历史记录.

More
[PR]
e0094583_17573894.gif中国社会距离现代化有多远?中国现代化战略研究课题组在对大量数据、图表进行研究分析后发现,中国等61个国家仍然属于社会欠发达国家。根据城市化、平均预期寿命、成人识字率等指标计算的社会水平综合年代差,2001年中国与英国、美国、德国、瑞典和法国5国的差距超过80年。

More
[PR]
e0094583_16361254.gife0094583_16363550.gif展望二00六年,兩岸關係的前景仍然是喜憂參半、陰晴交加。
即將出版的2月號《中國評論》發表該刊編輯部社論,題爲《兩岸關係穩定與不穩定因素》,全文如下:

More
[PR]
在競爭越來越激烈的今天,中國的白領們在廢寢忘食地工作著。
他們“吃得比豬少,干得比牛多,睡得比狗晚,起得比雞早”。同時還要時刻費心地揣摩老板的一個舉動,一個眼神,警惕著同行的競爭。這些都對他們產生了巨大的心理壓力。
隨著城市生活節奏的加快和工作競爭壓力的加大,白領要比別人付出更多精力和時間。事實上,在中國青年群體中,不少人正步入一種有害的認識誤區,即他們認為青壯年正是精力充沛、拼命賺錢的好時光。他們中流傳著一種說法︰“40歲以前用命換錢,40歲以後用錢換命。”
一項調查表明,在中國,白領階層“過勞死”現象已開始蔓延,白領人群在心髒病等老年性疾病發病方面呈年輕化趨勢,由于電腦輻射、超時工作、室外運動減少等方面原因,肥胖、記憶功能衰退、心腦血管系統等病的發病率正在增加。不少白領面臨心理崩潰的危險。
調查揭示了這些衣著光鮮,享有高收入、高地位的白領在人們羨慕的目光之後令人擔憂的隱患︰像陀螺一樣瘋狂工作,渴望在50歲前退休,再去做自己真正想做的事情。
33歲的某外企主管小黃說︰“我也知道健康很重要,可每天忙著工作、賺錢,哪有時間考慮健康?”她羅列了自己一天的大致時間表︰起床後一般不吃早飯,對著電腦干一上午,中午吃盒飯或者方便面,下午繼續忙,晚上則有應酬,與客戶喝酒、泡吧、談生意,往往十一二點才能回家,她的手機還必須保持24小時開機。 “說真的,我現在每分鐘都在拼命,確實在對自己的健康進行透支。老板隨時都在盯著,想偷懶一會兒都不行。不僅行內競爭的壓力很大,就是同事之間都有競爭”。
[PR]
e0094583_16593861.gif“四人幫”之一姚文元因糖尿病去世
1月6日╱據新華社報道,林彪、江青反革命集團案主犯姚文元因患糖尿病,於2005年12月23日病亡。

More
[PR]
e0094583_16495929.gif
流亡美國18年 「中國的良心」劉賓雁病逝美國
中國流亡美國18年且被譽為「中國的良心」的大陸作家、著名記者劉賓雁,昨天中午病逝美國新澤西州,享壽81歲。
e0094583_13362133.jpg
劉賓雁的一生獲得大陸各界敬重,美國時代周刊曾在2003年將其評為亞洲英雄,稱贊他「無畏而廉潔」,是「中國的良心」。
劉賓雁在20歲時加入中國共產黨,1956年代發表《本報參考消息》等一系列報導文學,揭露、抨擊官僚主義,被打成右派。
文化大革命結束後於1980年代平反,可是仍一本初衷,揭露小人物的疾苦和不公,在1987年被鄧小平點名批評,又被打成資產階級自由化分子,被開除党籍。
1988年初,劉賓雁應哈佛大學邀請成為尼曼基金會的訪問學者,次年因公開反對中共六四武力鎮壓,從此被拒絕在國門外。
他在2002年9月被診斷出患有直腸癌後,先後接受兩次手術,他也曾一再向前國家主席江澤民、國家主席胡錦濤和總理溫家寶等提出返國治病的要求,以便能與子女生活在一起但被拒絕,他過世後,留下遺孀朱洪。
劉賓雁於1925年2月23日生於長春,是鐵路工人的兒子,雖然只上了九年學,但他曾是中國最受歡迎的作家。
[PR]
つい最近中国の国家公務員試験が行われた。

学生の就職先人気No.1の理由は、手厚い福利厚生にある。
医療・傷害・養老・失業保険に加え、交通費・住居費・その他福利厚生費の支給もあって、何よりも親方日の丸、いや親方五星紅旗で安定しているからだ。加えて、中国の公務員は原則は原則として、民間とつるんで副業もできる。いや、できるというと誤解が生じる。している、と言ったほうが適切だ。

日本の国家公務員上級試験も難関だが、中国は国家規模から言えば日本の20数倍、人口比率で言えば10数倍、大学生の全人口比率から言えばこれはもう天文学的数値の差異があるので、その難関さたるやまったく昔の科挙の応試と変わらない。

さすがに科挙の国、現在の公務員試験も難問だらけで唸ってしまう。
行政職適応能力を試すために、又推察力や事に当たっての即応処理能力を試すための試問が腰が抜けるほど「素晴らしい」内容だ。

例えば、「何故南極には熊がいないか?」「ワニは獲物をみつけると涙ぐむのは何故か?」「第二次世界大戦下のイギリスは何故天気予報を中止したのか?」「海水は何故飲めないのか?」など。
おう~!実に素晴らしい問題だ!

しかもこの「行政職適応能力試験」は、全130問を120分内に解答しなければならない。
私なんぞは堪えられない。だから出世もできない。
このようなすご~い試験を勝ち残り、見事国家公務員になる人はいったいどんな人なのか大いに興味を覚えるが、はっきり言って友人には欲しくないなあ・・・・・

中國今年招收公務員的考試日前舉行,據人民日報網站報導,考題千奇百怪,其中包括「為什麼南極沒有熊?」考生考完之後,普遍反映考題太多,題目太難.
報導說,今年共同科目行政職業能力的考題,考的是「腦筋急轉彎」. 除了「為什麼南極沒有熊?」之外,還有「鱷魚遇到食物掉眼淚是怎麼回事?」「英國在第二次世界大戰時為何停止天氣預報?」「海水為什麼不能喝?」等.
對於這種考題,專家的說法是,考題既有常識性內容,又考查邏輯推理能力和反應敏捷度,「這說明對公務員的素質要求提高了.」 
報導指出,行政職業能力測驗總共有一百三十題,必須在一百二十分鐘內答完,平均每題不到一分鐘, 百分之九十的考生抱怨題目太多做不完,也的乾脆放棄.
報名參加今年國家公務員考試的考生近百萬人,經過資格審查後,剩下五十萬人,只錄取約一萬零二百多個職位,錄取率才百分之二,競爭激烈不言可喻.
且報考人數逐年增加,今年的報考人數比去年多百分之四十七,公務員考試已成為競爭最激烈的考試. 共同科目筆試合格分數線十二月二十六日公佈,然後再進行專業科目筆試和面試,
教育專家說,公務員職位已是年輕人嚮往的行業,主要原因是有醫療,養老,失業,傷殘保險,還有交通,住房,福利補貼等一堆待遇,又是鐵飯碗,是最穩定的職業.
[PR]
e0094583_13361953.gif一人っ子政策が始まって30年近くになった。その第一世代は今や中国社会で中堅を担うポジションになりつつある。
彼らがそう遠くない時期に社会の主流となってくれば、さてどのような変化が現れるのか。解答の一例がちょうど昨日(2005/11/27)のサーチナ・中国情報局に掲載されていたので引用させていただく。

サーチナ・中国情報局 http://searchina.ne.jp/

生活の質を重視:一人っ子政策世代が消費の主役に

BNPパリバの中国研究部が発表した報告によれば、中国の消費構造は大きな変革を迎えようとしており、今後、第三の消費ピークに突入するという。こうした状況の変化は、一人っ子政策で1970年代末に生まれた子どもたちが、消費の主力になり、この世代が、蓄財よりも消費に向かいやすい傾向があるためとしている。中国新聞社が伝えた。
BNPパリバでは、中国の消費者は従来、貯蓄率が高く、消費を低く抑えようとする傾向が濃厚だったが、一人っ子政策世代の消費能力向上に伴い、こうした状況が変化するという。今後3年間、中国の小売成長は年間13-14%の成長を維持することになるとしている。
中国の社会消費財小売総額は、01年には前年比10.1%増、02年には8.8%増、03年には9.1%増、04年には13.3%増となっていた。05年も13%前後の成長が見込まれている。
中国の一人っ子政策は1977年から始まっており、そこから生まれた子どもたちは、05年までに30歳前後に達している。この世代は、改革開放で最も恩恵を受けた時代に成長しており、特に大都市などを中心として、貧困状況は経験していない。彼らの親の世代と違い、総じて貯蓄に熱心ではなく、消費に積極的だという性格があるという。いわゆるその月の収入をその月に使い切ってしまう「月光族」(使い切ってしまうことを中国語で「光」という)がそれを象徴しているという。
生活に困るという状況を知らない彼らは、生活における質、特に個性的であることやブランドを重視、これらの特徴を備えた消費層が今後15年、中国の消費における中心となる。
このレポートでは、1981年以前に生まれた一人っ子政策世代はすでに9000万人を超え、現在25-30歳、これが第一世代を形成。82-98年に生まれた子どもは約3.2億人、この一人っ子政策第二世代の子どもたちは、第一世代よりもさらに成長環境がよかったと指摘。この第二世代も08年ぐらいになれば、徐々に主力消費層の仲間入りを果たすことになる。それ以降、中国の個人消費のポテンシャルはますます顕在化されることになると結論付ける。これが消費の第三のピークというわけだ。
このレポートでは、中国における消費の第一ピークは生活必需品を満足させた84-89年まで、第二のピークはファッションや自転車、一部の家電などのニーズをクリアした92-97年までとしている。第三のピークは、「質」が一つのキーワードとなって、ブランド、流行、食品の安全や衛生などのニーズが高まると見ている。また、不動産や自動車が最も注目される消費財となると予想している。
[PR]